2009年05月20日

数千がロンドンで街頭デモ:パレスチナの自由とガザ封鎖解除を求めて

2009年5月19日、ロンドン
 翻訳が面倒なので「excite.翻訳」による翻訳を添付、「占領」は「職業」と、「入植地」は「解決」と翻訳されるが、free, free Palestine の「自由で、自由なパレスチナ」は悪くない。ジョージ・ギャロウェーの「言葉ではない、行動のときなのだ」を肝に銘じたい。

土曜日に別のものをロンドンを行進した5,000人は、ガザの引き続いての占領と最近起きた戦争について抗議します。

Stop戦争Coalitionによって組織化された非暴力デモの関係者はバナー、プラカード、およびパレスチナ旗を運ぶ間、「自由で、自由なパレスチナ」を歌いました。

巨大な注目が通行人から集められる、Strandを通してロンドン中心部からトラファルガー広場まで導くルート。 抗議の目的が61年間のアルNakbaを記念することであり、ショーは、ガザとヨルダン川西岸地区に起こる残虐、職業の終わりを求める継続的なイギリスのサポートです。

今年のそこでの他の抗議と同様であるのは、政治家パレスチナSolidarity Campaign、パレスチナ人のための最高裁判所判事のためのユダヤ人、ジョージ・ギャロウェー、およびバロネスジェニーTongeを含む評判がよくて著名なスピーカーの長い一覧表でした、パレスチナ人とイスラエル人と共に。

Stop戦争Coalitionのオーガナイザー、リンジーはドイツ人です。述べられていて、「イギリスの政府は、イスラエルと共にリンクを壊して、我が国でイスラム教徒を攻撃するのを止めるべきです!」

労働党代議士のマーチンのリントンはイスラエルの外務大臣(今週の国会議事堂へのAvigdorリーバーマンの招待)を批評しました。 「リーバーマンは、不法なイスラエルの解決に住んで、1日の悲しみとしてアルNakbaを禁止したがっています。」と、彼は述べました。 「私たちが、31の町が1948年に大虐殺にかけられたのを知っているとき、これは不名誉です。」

「これは宗教戦争ではありません。」と、パレスチナ人のための最高裁判所判事のためのユダヤ人からのブルース・ケントは言いました。 歓声の中に、彼は、「私たちはパレスチナ人の自由と民主主義のためにここにいます。」と続けていました。 私たちは定圧を政府に与えるつもりです。 「私たちは、もう職業を許容するつもりではありません。」

「これは単語ではなく、動作の時代です。」と、ジョージ・ギャロウェーは言い足しました。 全体に、イギリスの人々は連帯感の実用的な行為に取り組んでいます。 私たちは毎年Nakbaを記念しなければなりません。 「バルフォア卿がパレスチナ人から彼らの陸を奪ったとき、何が起こったかは、不名誉です!」 パレスチナSolidarity Campaignからのヒュー・ランニングを含む他のスピーカーが、イスラエルの商品の大規模ボイコットを求めました。 彼は、「パレスチナを解放してください、そして、ガザを覚えてください。」と結論づけました。

イギリス人のラッパーLowkeyと米国のフォークシンガーデヴィッドRovicsを含むミュージシャンが、気前よく歓迎されました。 LowKeyは彼の覚えやすい歌、ロングLiveに群衆が歌って、踊ったパレスチナを歌いました。
群衆からのサポートは、明白であって、強かったです。 ロンドンからのルイス・オーエンは言いました。「私の連帯感を示したいと思うので、私は長年これらのデモンストレーションに来ています。」 パレスチナの占領とイギリスの政治家の偽善は乱暴です。 '集団行動があるのが必要です'。

「私たちは、イスラエルの米国とイギリスのサポートを終わらせる必要があります。」と、合衆国からのジェームズLeasは言い足しました。(National Lawyers Guildが戦争犯罪を調査していて、合衆国は、最近、ガザで働いていました)。 避難民には、戻る権利があります。 ガザでは、私たちが、IDFとイスラエル政府による非合法活動が起こっていたと結論を下しました。 「これは止まらなければなりません。」

 原文:Palestine News Network


posted by mizya at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨーロッパ活動家は徹底的な反封鎖キャンペーン組織の方向

2009年5月18日、ガザ
 ハムディー・シャアト、代表団受け入れ政府委員会代表は、月曜日、多くの外国人活動家がヨーロッパ諸国でガザに課されたイスラエルの封鎖に対して徹底的連帯キャンペーンを組織化する方向と述べた。
 委員会情報局によるプレスリリースで、シャアトは、連帯キャンペーンが、ガザに対するイスラエル攻撃の写真展開催、シンポジウム、講演、抗議、および新たな反封鎖コンヴォイの組織を含むと語った。
 全文:The Palestinian Information Center

posted by mizya at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オバマとネタニアフの違い

2009年5月18日、Al Jazeera English

200951820421431734_5.jpg

 イスラエル首相は、ホワイトハウスでの米大統領バラク・オバマとの会談の間、パレスチナ独立国家への言及を避けた。
 ベンヤミン・ネタニアフは、オバマに、パレスチナ人が自らを統治することを望むとは語ったが、いわゆる「ロードマップ」に則った二国家解決への明らかな是認はなかった。
 全文:Al Jazeera English

 関連記事:ヴィデオ:オバマ、二国家解決を要請 AlertNet
      オバマ:パレスチナ国家支持 HAARETZ.com
      オバマとネタニアフ、会談記録 HAARETZ.com
      イスラエル、二国家解決に聞く耳を持たず Al Jazeera.net

 追記:関連記事:「オバマへのネタニアフの土産」Mondoweiss
         「ネタニアフがオバマとあった時」guardian.co.uk
         「オバマのイスラエルへのメッセージ」THE INDEPENDENT
         「オバマとイスラエル人入植者の狭間で」The Christian Science Monitor
posted by mizya at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

ガザ封鎖は終わらない

2009年5月18日、Palestine Monitor
ガザでのキャスト・リード作戦から、人道的状況は悪化の一途をたどる。 イスラエルの一方的停戦にも関わらず、ガザへの暴力は止まらない。

 不思議な爆発(おそらく攻撃中起爆しなかった爆弾の)、イスラエルの海、陸、空から砲撃の継続から、瓦礫から遺体が見つかり、負傷の悪化での死亡もあり、死者数は増加し続けている-ガザの状況は今、かつてないほど悪い。
 2007年以来ガザに課されたイスラエルによる封鎖は、ガザの人びとの基本的食糧供給を厳しく制限してきた。 これに加えて封鎖は、基盤の作動条件を保つ十分な電気、燃料、交換部品が搬入されないことによって、水と衛生の危機をもたらしている。
 人権組織が、イスラエルに敵対行為を終わらせ、封鎖を解除するよう要請すると、イスラエルには、お決まりの返答-ハマースのせいにする。
 ヒューマン・ライト・ウオッチは、イスラエルのガザ封鎖は違法であると、国際法に反する集団懲罰に該当するとしている。
 続き:Palestine Monitor

posted by mizya at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BDS:ふたつの手段

2009年5月16日、STOP THE WALL
 ふたつの別々の説明書が、イスラエル企業に出資するノルウェー年金基金に向け発表された。ひとつは、IEC、ネシェル、エムブラゼについて、もうひとつは、イスラエルの兵器供給会社、エルビト・システムの詳細な報告である。どちらも基金倫理規定に違反しているとし資本引き上げを求めている。

1. ノルウェー年金基金とパレスチナの人権と国際人道法違反への関与
 ノルウェー年金基金が、イスラエルの3つの企業から資本を引き上げるよう求めている。イスラエル電力(IEC)、ネシェル・イスラエル・セメント、エンブラゼは、基金倫理規定に反する活動に従事している。

2. ノルウェー年金基金のエルビト・システムへの投資: パレスチナでの人権と国際人道法違反
 ふたつ目のものはエルビト・システム、イスラエルの安全と防衛関連会社としては最大のひとつに焦点を合わせる。パレスチナ・レバノンに対して使用されたさまざまな兵器製造、同様に、壁と入植地の固定に使用する技術提供が主たるもの。
 全文:STOP THE WALL

 アーカイヴ:ノルウェー国会議員: 占領への投資が可能なら倫理規定を改正すべき(5月16日)
       11組織がノルウェーに資本引き上げ要請の公開書簡(5月08日)
       ジャイユースからノルウェーへの公開書簡(5月06日)
       ノルウェー政府と銀行が入植地建設会社に出資(4月30日)

posted by mizya at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラッセル法廷:パレスチナ

2009年5月16日、The Palestine Chronicle

part 1

part 2

 記事:The Palestine Chronicle
posted by mizya at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

CBC オンブズマンはイスラエルロビーの圧力に屈したか?

2009年5月17日
サット・ジェリーが、偏ったプロパガンダとして彼のフィルムに加えられたCBC ラジオ-カナダ・オンブズマンの攻撃に返答



「和平・プロパガンダ・約束の地」は、2008年10月23日、フランスCBCで放送され、カナダ放送網に苦情の洪水を引き起こした。
 CBC経営者側は、放送網オンブズマンに、苦情の要旨とフィルムが過度に偏向しているという主たる非難の全面的調査を依頼した。
 2008年12月8日、オンブズマンは調査結果を発表。 彼女は「和平・プロパガンダ・約束の地」がフランスCBCで公開されるべきでなかったとする報告書を提出した。(疑問:調査はひとりの人間に任されたのだろうか?)
 オンブズマン報告への返答に、メディア教育財団理事で、フィルムを製作・配信したサット・ジェリーは、オンブズマン報告書の精度と専門家としての態度に異議を申し立て、CBC経営者側が直面する圧力をいかに扱ったか批判する手紙をCBC代表に送った。
 全文:the REAL news network

ラベル:CBC
posted by mizya at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。