2009年05月04日

ヨーロッパ・キャンペーンがガザ封鎖に対する世界の沈滞を批判

2009年5月2日、ブリュッセル
 ガザ封鎖解除のためのヨーロッパ・キャンペーンは、3年になろうとしている「弾圧的」イスラエルのガザ封鎖に対する国際社会の怠慢を批判した。
 国連と他の国際組織の関心と告発は、ガザの状況を変えるに至らず、その責任は免除され得ない。
 2009年4月30日の中東和平交渉国連特別調整官、ロバート・セリーのガザへの訪問は1歩ではあるが、封鎖を解除させる実行ある動きが伴わない限り、150万のパレスチナ人が被る何ものも緩和することなく提供することもない。
「長い間無視されてきたこの罰当たりな犯罪に対して、今こそ、立ち上がる時である」とキャンペーンは語った。
 全文:The Palestinian Information Center



posted by mizya at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。