2009年05月05日

GSS(シャバク)のエレツ検問所での慣例を逸脱した手法

2009年5月4日、人権のための医師団
 人権のための医師団-イスラエルにより集められた、治療のためガザを出る前提条件として、多くのパレスチナ患者が尋問され情報提供を強要された実態を示す証言が、5月4日、ジュネーヴの拷問反対委員会に提出された。
 この情報は、GSSによる新たな「実行ある措置」の採用を明らかにしている、例えば:
-GSSは未成年者を尋問してきた
-意志に反して患者を撮影する
-尋問の時間を明らかにせず拘束する
-前もって告知せず尋問を実行する
-尋問中、患者を悩ます、責める、罵る、脅迫する
-協力的でない患者は治療のため出る許可を与えずガザに送り返す
 個別の例については:ReliefWeb


posted by mizya at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。