2009年05月14日

2016年までにパレスチナ人とイスラエルユダヤ人の人口が拮抗

2009年5月13日、HAARETZ.com
 イスラエルとパレスチナ領土での、ユダヤ人とアラブ人の人口は2016年までに同数に達すると、水曜日、パレスチナ中央統計局が発表。
 データは、イスラエルの独立、あるいはナクバから61年を記す特別研究の一部をなす。
 1948年に、140万人だったパレスチナ人は、2008年までに、世界中で1060万を数える。
統計局によると、イスラエルとパレスチナ領土のパレスチナ人は510万人、 現在、イスラエルに住むユダヤ人は560万人。
 世界中のパレスチナ難民はパレスチナ人口の44.3パーセント、 西岸におよそ16.3パーセント、ガザ地区に23パーセント、ヨルダンに41.8パーセント、シリアに9.9パーセント、レバノンに9パーセント。 データによると、パレスチナ難民の1/3は飛び地のキャンプに住む。
 全文:HAARETZ.com


ラベル:人口構成
posted by mizya at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボイコット進行中

2009年5月13日、エルサレム
 イスラエル占領当局よる、すべてのパレスチナ乳製品が、エルサレムの店舗に届くのを妨げるという決定にも関わらず、ボイコットは進行中。
 非暴力パレスチナ抵抗の常習的ツールを使用して、ハーレド・マンスールはイスラエル製品をボイコットする草の根キャンペーンを調整している。
 マンスールは、イスラエルがパレスチナ食品産業に多大な損害をもたらしているとき、この運動は重要であると語った。「乳製品がエルサレムに入るのを妨げるイスラエルの行為は、占領国家のパレスチナ文化を狭めようとの試みを明らかにする」と、また「イスラエル製品にとって、パレスチナは第二の市場、ボイコット・キャンペーンの効果により、もたらす損害は少なくない」と続けた。
 全文:Palestine News Network

ラベル:ボイコット BDS
posted by mizya at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル・ボイコット・アクション

2009年5月12日、MONTHLY REVIEW
(英語字幕)
ラベル:パリ
posted by mizya at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チカーノ音楽グループがイスラエル領事館コンサートをボイコット

2009年5月12日、KABOBfest
 ケッツァル、東ロスアンジェルスのグループが、スポンサーがイスラエル領事館なので、5月17日のコンサートの招待を退けた。バンドは以下の声明をだした。

To Whom It May Concern:

Quetzal will not be performing at the Fiesta Shalom on May 17th. When first presented with this performance, it was presented as “an opportunity to improve Jewish and Chicano relations”, which we are certainly in accordance with. When we received the contract, we noticed it was sponsored by the Israeli Consulate. For Quetzal to perform for the Israeli Consulate would mean that we ignore the following:

• Decades of zionist occupation of Palestinian lands and the historically ironic holocaustic genocide of the Palestinian people

• The Israeli/US relationship that has permitted the creation of “permanent” war against people throughout the world.

• Decades of Chican@ solidarity with the Palestinian people and their struggle for Self-determination.

• Decades of solidarity with the non-zionist, non-imperialist peace-loving Jewish community.

• Over 500 years of genocide, enslavement, and abandonment of all people of color as well as poor whites including all the victims of the Jewish holocaust.

Quetzal is but a small part of a massive community of artists that is committed to using art as a tool to redefine and reconstruct our neighborhoods. We hope that elected officials (barrio pimps) such as Jose Huizar begin to see the light of accountability.

 公開書簡には彼らの歌「インティファーダ」が添えられていた。

INTIFADA

Intifada like my mother
Intifada like my brother
Blue Stars come crashing down
Refugees martyr bound
Zionist Marauders move in for the slaughter
Savage Holocaust of a starving Shanti-Gaza
Voices from below billow
Through clouds and desert echoes
Chorus
Palestine
We refuse to be blind
Memory will not let us
Savage Holocaust only strengthens Intifada
People ‘round the world gonna join this peace armada
Singing freedom’s song
Rise, Rise, Rise
Below and to the left
Chorus

[tarboush tip: QuiQui]
 全文:KABOBfest
posted by mizya at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。