2009年05月27日

イタリア上院議員、ガザ封鎖への世界の沈黙を非難

2009年5月26日、ガザ、www.chinaview.cn(新華)
 イタリア国会議員は、火曜日、ハマース統治のガザにおけるイスラエルの封鎖に対し、国際社会の怠惰な姿勢を酷評した。
 ガザに対する、この封鎖に「ノー」を言わず、この弾圧に「ノー」を言わないひとは、パレスチナ人の自由に反対していると、月曜夜、ヨーロッパ支援コンヴォイとガザに到着したイタリア上院議員、フェルナンド・ロッシィは語る。
「わたしたちの誰も、ガザに入った者も外に留まった者も、ガザ人の思考と心を共有する」と、ハマース労働大臣、アフメド・アルクルドゥと臨んだ記者会見で、彼は語った。
 全文:China View

 アーカイヴ:「希望」コンヴォイが最終的にガザに(5月27日)


posted by mizya at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「希望」コンヴォイが最終的にガザに

2009年5月26日、IMEMC
 ガザへの支援物資を積んだヨーロッパ「希望」コンヴォイは、月曜夜、当初、支援コンヴォイの入域を拒絶していたエジプト当局との合意に達した後、ラファ・ゲートからガザ入りを果たした。

「希望」コンヴォイのコーディネータ、ラミ・アブドは、12台の救急車両を含む40台のトラックが、エジプトのコンヴォイとともにガザに入れる活動家の数を制限するという条件で、ラファ・ゲートからガザ入りを果たした、と述べた。
 エジプトは、ヨーロッパ国会議員を含む100人以上の活動家のうち22人ほどに、ガザ入りを許した。
 コンヴォイ・メンバーは当初、エジプト当局が彼らのガザ入りを拒み、ゲートを離れるよう命じた後、ヨーロッパに戻ると決めた。
 全文:International Middle East Media Center

 関連記事:「『希望』コンヴォイ、ガザへの限られたアクセス」Ma'an News Agency

 アーカイヴ:エジプト当局が「希望」のガザ入りを妨害(5月26日)
       ガザ「希望」コンヴォイのアクセスを制限(5月25日)
posted by mizya at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UNRWA 報告書:ガザのパレスチナ難民

国連パレスチナ難民救済機構(UNRWA)は、ガザの何十万ものパレスチナ難民の状況が、イスラエルの封鎖で悪化していると報告する。

 UNRWAは、封鎖の終止と、パレスチナ人への、国際的支援を要請する。
 UNRWA報告書には、ガザのパレスチナ難民の状況が、昨年末のガザに対するイスラエルの戦争以前、悲惨だったと、戦争が停止してから、状況はさらに悪くなったとある。UNRWA健康プログラムのディレクター、グイド・サバティネリは、封鎖の継続的負担は今、ガザの人びとの健康と福利に、より重大な結果をもたらしていると語る。
 彼は、3週間戦争開始以前、UNRWAは4,000品目の必需品を輸入できたが、今や、40品目しか許されない、と言う。
「したがって、UNRWAは破損したヘルス・センターも倉庫も修理できない。建築資材の搬入が許されていないので、学校も修理できない。紙がないので、子どもたちの教科書印刷も難しい。そして診療所では、患者の医療データ(恐らくカルテ用紙がないので)さえ不足している」とサバティネリは語った。
 UNRWAは過去60年間パレスチナ難民の世話をしてきた。 現在ではほぼ500万人、ほぼ200万人がガザと西岸に住み、他は、レバノン、シリア、ヨルダンに住む。
 原文:RAMATTAN
posted by mizya at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。