2009年06月30日

Free Gaza:イスラエル海軍に包囲-2

2009年06月30日、日本時間:10:28
 イスラエル海軍は威嚇を続けていて、レーダー、GPS、ナヴィゲーション・システムの電波を妨害しており、これは国際海事法に違反する。この妨害は大変危険で乗組員の安全を脅かす。
 妨害故、紙にコンパスで位置を確認している。ボートは公海、ハデラの沖、110kmにあると思われる。屈するつもりはなくガザに向かっている。
 どうぞ、助力を。

Dear Friends,

We just spoke again with our people aboard the Spirit of Humanity. The Israeli Navy is continuing to try and intimidate the ship, and is actively jamming its radar, GPS, and navigation systems in direct violation of international maritime law. This jamming is extremely dangerous and directly threatens the welfare and safety of everyone aboard our civilian ship.

Because their instrumentation is being jammed, they are using compass & paper to attempt to navigate. They are in international waters & they believe their location is approximately 110km off of the town of Hadera. Everyone is tired but determined. They are not being deterred by the Israeli aggression & are continuing toward Gaza. Please help them.

Please CALL or FAX Major Liebovitz from the Israeli Navy at:
Tel + 972 5 781 86248 or +972 3737 7777 or +972 3737 6242
Fax +972 3737 6123 or +972 3737 7175

CALL Mark Regev in the Prime Minister's office at:
Tel +972 2670 5354 or +972 5 0620 3264
mark.regev@it.pmo.gov.il

CALL Shlomo Dror in the Ministry of Defence at:
Tel +972 3697 5339 or +972 50629 8148
mediasar@mod.gov.il

-----
Free Gaza Movement
357 99 081 767
www.freegaza.org
www.flickr.com/photos/29205195@N02/


posted by mizya at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Free Gaza:イスラエル海軍に包囲

2009年06月30日、Free Gaza Movement
Free Gazaからのメール

日本時間:30日7:52
At 1:40 am, the Israeli Navy surrounded the SPIRIT while it is on its way to the Gaza Strip. We got a call from the boat saying that they were being threatened, told to turn back or they would be fired on.

Huwaida Arraf, one of the delegation leaders, was on the phone with the Israeli gunboats, and we could hear her saying, "You Cannot Open Fire on Unarmed Civilians" several times. At this writing, they are surrounded by several ships shining bright lights into the SPIRIT.

CALL or FAX Major Liebovitz from the Israeli Navy at:
Tel + 972 5 781 86248 or +972 3737 7777 or +972 3737 6242
Fax +972 3737 6123 or +972 3737 7175

CALL Mark Regev in the Prime Minister's office at:
Tel +972 2670 5354 or +972 5 0620 3264
mark.regev@it.pmo.gov.il

CALL Shlomo Dror in the Ministry of Defence at:
Tel +972 3697 5339 or +972 50629 8148
mediasar@mod.gov.il

日本時間:30日8:50
We just heard from the people on board the boat. The Israeli navy is jamming the radio and preventing navigation systems from working. This action is in direct violation of International and Maritime law.

If anything happens to the boat or its passengers, it will be the direct result of Israel's aggressive response to a civilian boat taking unarmed passengers to Gaza. The Free Gaza Movement holds the government of Israel responsible for the safety and security of the passengers on board the SPIRIT.

We would like to emphasize that the boat is in international waters, and, as such, falls under the protection of international law.

Call, fax and email:

CALL or FAX Major Liebovitz from the Israeli Navy at:
Tel + 972 5 781 86248 or +972 3737 7777 or +972 3737 6242
Fax +972 3737 6123 or +972 3737 7175

CALL Mark Regev in the Prime Minister's office at:
Tel +972 2670 5354 or +972 5 0620 3264
mark.regev@it.pmo.gov.il

CALL Shlomo Dror in the Ministry of Defence at:
Tel +972 3697 5339 or +972 50629 8148
mediasar@mod.gov.il

日本時間:30日9:14
We just spoke to the passengers. Everyone is OK, but the situation is still very tense. They continue to be surrounded by Israeli warships which are threatening to open fire. The Israeli Navy is actively jamming all navigation systems in violation of international maritime law, endangering the people on board.

Former U.S. Congresswoman, Cynthia McKinney, speaking from on board the SPIRIT, stated, "I am extremely angry. We demand that the Israeli government call off their attack dogs. We are unarmed civilians aboard an unarmed boat delivering medical and reconstruction aid to other human beings in Gaza. Why in God's name would Israel want to attack us and threaten our safety and welfare. I call on President Obama and the international community to intervene now to prevent this situation from escalating with potentially drastic results to the civilians on board."

Since the boat's navigation equipment is being jammed, it has turned westward in order to stay in international waters.The Captain and crew are working from the most ancient of navigation equipment...the compass to stay clear of Israeli waters.

CALL or FAX Major Liebovitz from the Israeli Navy at:
Tel + 972 5 781 86248 or +972 3737 7777 or +972 3737 6242
Fax +972 3737 6123 or +972 3737 7175

CALL Mark Regev in the Prime Minister's office at:
Tel +972 2670 5354 or +972 5 0620 3264
mark.regev@it.pmo.gov.il

CALL Shlomo Dror in the Ministry of Defence at:
Tel +972 3697 5339 or +972 50629 8148
mediasar@mod.gov.il


Free Gaza Movement
357 99 081 767
www.freegaza.org
www.flickr.com/photos/29205195@N02/
posted by mizya at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父親との再会をイスラエル当局に阻まれるガザの少年

400_0___10000000_0_0_0_0_0_3286227092_156d70166c_b.jpg

Palestinian boy from Gaza - Photo by Andreas Lunde

母親を亡くしたばかりのガザに住む7歳の少年とヘブロンに住む父親との再会をイスラエル当局が許可しないとイスラエルのメディアが報じた。ガザ地区からヨルダン川西岸へのに移住の申請を取り扱うオフィスによると、少年は世話してくれる親族がガザにいる場合、ガザに留まらなければならないという。
イスラエルのマタン・ヴィルナイ副国防相は、「このようなケースを安易に反人道的と見なすべきではなく、家族の絆が、ユダヤ人やサマリア人の地域に居住を許されている人々(パレスチナ人)にとって移住の充分な理由にならない。」と発言している。
イスラエルの人権擁護団体は、この考えはパレスチナ人をヨルダン川西岸から永遠に遠ざけ、ガザに封じようとする方針の兆候であると指摘している。たとえ、家や家族がヨルダン川西岸にあったとしてもガザからヨルダン川西岸に移って家族が一つになることは許されないということである。
この新たな方針はガザ地区とヨルダン川西岸がひとつの地域であるというオスロ合意に違反するものだ。暫定的な合意によっても、パレスチナ人が自治権のある地域において、住む地域を選ぶ権利があるとしている。
ギシャ協会やDefense of the Individualセンターは、イスラエルの国防省規定はパレスチナ人がガザからヨルダン川西岸へ移住するより、外国人がパレスチナ自治区へ入植するほうが容易であることに着目した。イスラエルの市民はヨルダン川西岸に入植するにあたり、イスラエル政府から政府助成金、税金の優遇措置など多大な援助を受ける。多くのイスラエル人は経済的動機からヨルダン川西岸へ入植する。
今年初めのイスラエルのガザ攻撃で、殺された人々の83パーセントは一般人だった。313人の犠牲者は18才未満の子供たちだった。
イスラエル軍によるガザの継続的な包囲は、ガザの再建のための最低限の物資もないまま、子供たちを置き去りにしている。


Tuesday June 23, 2009 12:26 by Katherine Orwell - 1 of International Middle East Media Center Editorial Group

原文 The International Middle East Media Center
posted by スーザン at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

国連:ガザの「戦争犯罪」証言を聴く

2009年06月28日、ガザ
 国連真実調査団は、日曜日、ガザで、沿岸地域に対する12月・1月のイスラエルの戦争の被害者から証言を集める最初の公聴会を開始した。
 公聴会は、2日間続くとされ、集められた証言は来週ジュネーヴに送られる。
 委員会は、4人の専門家から成り、南アフリカ判事リチャード・ゴールドストーンによって率いられる。 彼らは、そこの国連本部で、戦争被害者・目撃者、またガザ住人専門家と会うだろう。

(中略-アーカイヴ参照)

 委員会が聞いた最初の証言は、ガザの世界保健機関の指導官からで、回廊の病院が、膨大な数の負傷者に、同様に他の患者にも、医療器機や医薬品などの深刻な不足を被り、適切な治療を提供することが不可能だったと説明した。
 彼は、ガザへの検問所の封鎖継続が、医薬品や医療器機の通過を妨げていると強調した。彼はまた、イスラエル軍が繰り返し医療スタッフを狙撃するので、負傷者への医療支援を困難にしていると、委員会に語った。また、16人の医療従事者が攻撃で殺されたと言及した。

原文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:国連使節:ガザの戦争証言生放送(06月28日)
posted by mizya at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル登記所:「放棄された」として13万9000ドナムを登録

2009年06月27日、エルサレム
 不法なイスラエル入植地、マアアレ・アドミムに隣接するパレスチナの土地が、申し立てによると、イスラエル土地登記所により登録され、放棄されたと宣言されたと、日刊紙、アルクッヅが土曜日報じた。
 報道は、全部で13万9000ドナムの土地は、ジェリコ近くのアンナビ・ムーサ、ベツレヘムに近いベイト・タミル、ラシャイダ、アルベイダ地区にあると伝える。それらはイスラエルの「放棄された地域法」の下、放棄されたと分類された。
 アル・クッズにおける告知は、土地登記に不服あるいかなる個人も、45日以内に、Beil El 地方調整局に不服申立書を送らなければならないとしている。

原文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル:死海-紅海運河建設にゴーサイン

2009年06月27日ベツレヘム
世界銀行は、死海と紅海を繋ぐ数10億ドルプロジェクトに向け援助するだろうと、土曜日、イスラエルメディアが伝えた。

 エルサレムポストは、副首相、シルバン・シャロームの、ワシントンで金曜日、世界銀行総裁ロバート・ゾーリックにより、国際団体がその計画を支援するだろうと「保証された」とのことばを引用した。
 激烈な環境変化が警告される、2005-2007年の1550万ドル要した計画可能性調査が、180キロメートルの運河建設には少なくても50億ドル、完成までに20年を要すると見積もった。

 人口国家の人工物依存症。全文を読むと、環境保護派が反対運動している。

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

イスラエル:教会・修道院を自身による破壊で脅迫

2009年06月27日、ベツレヘム
教会により旧市街のキリスト教家族に賃貸された少なくても500の家屋が、イスラエルのエルサレム市自治体により、自身による破壊の脅威にさらされていると、土曜日、教会関係者は語った。

 エルサレム教会間センターの声明によると、現在、教会の土地か建物を賃貸するキリスト教徒家族が、改築したとして破壊を言い渡されている、進行中の4つの訴訟がある。
 ギリシア正教会から、司教修道院の中に50平米のアパートを借りるバッサム・アッヤーシュは、この50平米のアパートが増築にあたると主張する破壊命令を受け取った。教会によると「バッサムは、この件を来て調査することに同意しない当局のしつこさに当惑している」「わたしの唯一の家がこの50平米のアパートだ」と。

全文:Ma'an News Agency

追記:関連記事:「イスラエル当局:エルサレムの500の教会建築物に破壊の脅し」International Middle East Media Center

posted by mizya at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。