2009年06月13日

村が占領から利益を得るカナダ企業を訴る

2009年06月11日、The Electronic Intifada
デボラ・ガターマン
 小さなパレスチナの村、ビリンは、今月、被占領パレスチナ領域の植民地化を支援し、そそのかして起訴された、カナダの2つの企業と対抗する。
 ビリンは、グリーン・パーク・インタナショナルとグリーン・マウント・インタナショナルを、不法に住宅と他の入植地基盤を村の領域に建設し、イスラエル国家の一般市民にそのような建造物を販売しているとして、告訴した。 問題の分譲住宅は、Matityahu Eastとして知られる入植地近隣に位置する。
 まだ予備段階で、訴訟は、イスラエルの拡張主義の野心と法人組織の関心のいかがわしい組み合わせを解明する。ビリンを代表して、アフマド・イッサ・アブダッラ・ヤシンが議長のビリン村議会は、国際法違反への企業の責任を負わせようとしている。
 カナダ人弁護士、マーク・アーノルドによって、2008年、提出された訴訟は、イスラエルによる、村の土地をパレスチナ支配から「切断」し、その領域の支配をイスラエルが計画する協議会に移すのを告発する。そして、領域開発権はグリーン・パーク会社に売られた。
 全文:The Electronic Intifada

 アーカイヴ:裁判所、建築業者を入植地で訴えることができるか決める(06月13日)



ラベル:ビリン
posted by mizya at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスターカード:「過激入植者」支持で告発

2009年06月11日、The MidEast News Source
ベンジャミン・ジョフィ-ウォルト
 イスラエル和平組織は、東エルサレムの集落からのパレスチナ人追放への異議をとなえ、マスターカードに対する国際キャンペーンにのり出した。
 左翼イスラエル活動家グループ、グッシュ・シャロームは、イスラエルのマスターカード会社、Isracardにより発行される月次計算書に、右翼イスラエルのグループEladのクーポンが包含されることに異議をとなえる。グッシュ・シャロームは、Eladによる運営の「ダヴィデの古代都市ツアー」の割り引きを提供するクーポンは、東エルサレムの「ユダヤ化」促進を助けると語る。
 全文:The MidEast News Source

 関連記事:「ISRACAED、グッシュ・シャロームを訴えると脅す」Gush Shalom
posted by mizya at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dexia Israelが、イスラエル入植地融資停止

2009年06月11日、usacbi
共謀する会社
ベルギー-フランス金融グループ、Dexiaは、イスラエル支店、Dexia Israelを経由する被占領パレスチナ領土のイスラエル入植地に融資しないと発表した。

Martijn Lauwens
「イスラエルが植民し、Dexiaが融資する」キャンペーン
 これは、NGO、政党、地方公共団体、労働組合、および他の組織により支持された、ベルギーの何ヵ月ものキャンペーンの結果だ。Dexia経営陣は、イスラエル入植地融資が、全く銀行倫理規定に反し、このために貸し付けは停止されるだろうと述べる。

DexiaキャンペーンlogoA:
イスラエル入植地に融資するベルギー銀行
 2001年、Dexia Groupは、イスラエル銀行、Otzar Hashilton Hamekomiを買収、Dexia Public Finance Israelと改名した。 他のDexia子会社同様、Dexia Israelは、自治体や他の地方行政への融資に特化する。
 いくつかのベルギー連帯グループが、Dexia Israelが、イスラエルの自治体に通常の融資をするばかりでなく、パレスチナ領域の不法な入植地への融資もしていると発見するまでに、2008年10月までかかった。クネセト(イスラエル議会)の記録では、Dexia Israelのディレクター、David Kapahは、銀行が実に、2003年から2007年までの間、占領下西岸の7つの入植地と3つの地域行政への借款供与を確認する。

 全文:U.S. Campaign for the Academic & Cultural Boycott of Israel

 アーカイヴ:ベルギー・キャンペーン、イスラエル入植地に資本注入する銀行がターゲット(04月04日)
posted by mizya at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裁判所、建築業者を入植地で訴えることができるか決める

2009年06月10日、ISM
ジャニス・アーノルド
 ケベック裁判所は、西岸の論争の土地にユダヤ人入植者のための住宅を不法に建設してきたと申し立てられた、カナダ拠点の2企業に対する訴訟を、ここで裁判できるか決定する。
 6月22、23日と25日、ケベック高等裁判所は、企業側弁護士の却下の申請を審問する予定だ。
 去年7月、パレスチナの村、ビリン町議会と住人のひとりにより提出された訴訟は、ケベックに登録される企業、グリーン・マウント・インタナショナルとグリーン・パーク・インタナショナルが、国際およびカナダの法律に違反していると主張する。
 仮に却下の申請が拒絶されるなら、これは、パレスチナとイスラエルの間の論争の領域に、ユダヤ人入植地建設の企業への訴訟で、外国の裁判所が裁判を受諾する最初のものとなる。
 全文:INTERNATIONAL SOLIDARITY MOVEMENT

 う〜ん、ジョージ・ギャロウェイのカナダへの入国も裁判になって却下されたしなぁ〜

 アーカイヴ:モントリオール開発業者、西岸ケースの却下を模索(06月11日)
       カナダ、ジョージ・ギャロウェイの入国を拒否(03月23日)
posted by mizya at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。