2009年06月20日

イラン選挙:「盗まれた選挙」という悪ふざけ

2009年06月18日、Global Research.ca
Prof. James Petras

 翻訳省略、Global Research 原文で
 西側世界のイラン選挙報道と違って、アフマドネジャドの勝利は選挙の3週間前の世論調査で予測されていた。ムサヴィ支持者はテヘランの中産階級、企業家で、イラン全体からみるならマイノリティ。選挙後、アフマドネジャド支持のより大きなデモがあったにもかかわらず、西側メディアは学生や大学院生を取材してこれを「革新を求める若者」のイメージとしてばらまき、デモの暴走に対する鎮圧を「言論の自由に対する弾圧」として飛びついた。西側メディアのインタヴューに答え得る「英語力」もまた、中産階級・学生に独占されている。資本主義的個人主義者と搾取される労働者の対立の構図であるとの分析。西側メディアのシオニズム的立ち位置にも言及。

 確かイスラエルは、ムサヴィもアフマドネジャド同様、イスラム原理主義者に変わりないと発言した筈。

「革新を求める若者」のイメージが喧伝されたからか:ムサヴィ支持者デモの写真集に添えられたことばは「警告:歳いった聴衆しか見えない」(写真集に「警告」はない)


ラベル:イラン選挙
posted by mizya at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YouTubeの検閲

 オバマ大統領のカイロ演説前夜、マックス・ブルーメンソルとジョゼフ・ダナは、エルサレムのダウンタウンにヴィデオカメラを持って行き、通りの-主に夏をエルサレムで過ごすアメリカの-若者に、オバマをどう思うか尋ねました。返ってきた答え:主に虚辞で誇張された極端な人種差別、同性愛嫌悪、イスラム恐怖症、アラブ憎悪、および多くの無知。
 ブルーメンソルはヴィデオを「オバマのカイロ演説前夜、エルサレムで憎悪の反感」と題し、YouTubeに掲示しました。すると説明もなしに、YouTubeは、ヴィデオを取り去り、何が起こったのか見つけるすべての試みを妨害しました。

youtube_censored_lg.jpg

検閲でしょうか? そうです

 このビデオは重要です。 わたしたちは、この種類の憎悪と極端主義が、わたしたちユダヤ社会の実質的現象であると知っています。 それはわたしたちが、いかなる共同体であれ直面するそれ自身の過激派を見たいと欲する、同じ重大さで掘り起こされ見られることが必要です。
(中略)
 ですからどうぞ:このヴィデオを戻して掲示するようYouTubeに言ってください。 ヴィデオを見たい場合(警告: 非常に不快です)、マックス・ブルーメンソルがVimeoに再び投稿しました。そして
わたしたちの陳情サイトにもあります。
 そしてこれを、憎悪と偏見に立ち向かうあなた自身の共同体の教育ツールとして使ってください。

和平のためのユダヤの声

 メールで届いたので原文へのアクセス不可、原文を以下にペースト
The night before President Obama spoke in Cairo, Max Blumenthal and Joseph Dana took a video camera to downtown Jerusalem and asked kids on the street - mainly Americans in Jerusalem over the summer - how they felt about Obama. The answers they heard: mainly hardcore racism enhanced by expletives, homophobia, Islamophobia, Arab hatred, and a lot of ignorance.

Blumenthal posted a video to YouTube called "Feeling the Hate in Jerusalem on Eve of Obama's Cairo Address". Then, without explanation, YouTube took down the video and has stonewalled all attempts to find out what happened.

Censorship? Yes.

This video is important. We know this kind of hatred and extremism is a real phenomenon in our Jewish communities. It needs to be unearthed and looked at with the same seriousness we want to see in any community confronting its own extremists.

This hatred is a symptom of the false framing of the Israeli-Palestinian conflict as an unending war against Jewish people. Instead of seeing the troubles in Israel/Palestine as a conflict over land to which two peoples lay claim, as a struggle against 40+ years of occupation, and as a question of people's right to self-determination, the young Jews in this video believe and are being taught that Jews should either have absolute power or else they become absolute victims. Videos like this show how working for a just peace in the Middle East requires us to address bigotry and hate within our own communities. People who've seen the video agree that it's important. The video went viral after being released on June 5th. Hundreds of thousands of people have watched it, it's been covered by Ha'aretz, National Public Radio, and the Jewish Telegraphic Agency, and it's struck a strong resonance among viewers. Too many of us hear hatred like this among our families, friends and extended communities, where people believe that supporting Israel means hating Arabs and Muslims and - now - hating President Obama, too.

So please: tell YouTube to put this video back up. If you want to see the video (caution: it's highly offensive), Max Blumenthal has reposted it to Vimeo, and

it's also on our petition site.

And use this as a teaching tool in your own communities to confront hatred and bigotry.

Jewish Voice for Peace.
posted by mizya at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。