2009年06月27日

Free Gazaはイスラエル・キプロス・米国からの警告にもかかわらず続ける

2009年06月26日、ベツレヘム
キプロスのラルナカ港からの航行の許可が否定された後、Free Gaza Mvementは、キプロスの「わたしたちの安全に対するすべての責任」を解除する、金曜にガザに行くすべてにより署名された権利放棄書を手渡す。

 伝えられるところによれば、キプロス当局は、Free Gazaの2隻のボートの乗組員への出港許可を、彼らの安全への配慮、海上で危害を受ける恐れがあるとして拒否した。「わたしたちは彼らの関心を理解し感謝する」と、Free Gazaの世話人、グレタ・ベルリンは声明に書いた。「わたしたちはイスラエルの脅迫や威嚇に屈するつもりはない」
 キプロスからの航行許可の拒否に加えて、Free Gazaグループは、Nicosaの米国大使館より連絡を受けた。グループによると米国代表が伝えたのは以下の通り:
「イスラエル外務省がテルアヴィヴの米国大使館職員に、イスラエルはまだガザを紛争地域と看做しており、ガザへの航行を試みるいかなるFree Gazaのボートもその目的地への到達は許可されないと、知らせてきた」
 イスラエル当局からのコメントを伝えるにあたり、米国領事館は、乗組員がイスラエルの通知を深刻に受け止めるよう助言した。

続きはこちら:Ma'an News Agency

アーカイヴ:ガザへの支援ボート:出航妨害(06月27日)


ラベル:Free Gaza キプロス
posted by mizya at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ人がラファ検問所で差別されているとグループが主張

2009年06月25日、カイロ
アブデル-ラフマン・フセイン
ガザへの移動に関するラファ国境検問所の政策は、パレスチナ人に対し差別すると、International Movement to Open the Rafah Border (IMORB/ラファ検問所をこじ開ける国際運動)は、木曜日、主張した。

 プレスに発表された声明で、殆ど2週間、個人的に境界を観察した結果、回廊入りを求めるパレスチナ人への虐待を含む差別的政策は明白であると、グループは主張する。
「境界状況を監視してきた13日間を通し、わたしたちは、何百人ものパレスチナ人が、適切なヴィザがあるにもかかわらず、ガザ入りを拒絶されるのを目撃してきた」とグループは声明で述べた。
「ラファ検問所の政策は、パレスチナ人に対し専横で差別的である。彼らはしばしば、国境管理事務所と役人により、無感覚な軽蔑であしらわれる」とも言及している。

 イスラエルからエジプトに感染した精神の病。差別、弾圧、拷問が、病みつきになるほど愉しいことにも思えないが。

全文:Dairy News EGYPT

アーカイヴ:ラファ検問所で何が起こっているか?(06月21日)
ラベル:ラファ検問所
posted by mizya at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レナード・コーエン:イスラエルと同様、西岸でも歌う

2009年06月25日、Haaretz
 伝説的国際音楽家、レナード・コーエンは、イスラエルでのパフォーマンスの2日後、西岸、ラマッラでも歌うだろうとの情報を、ハーレツは得た。
 ラマッラでのコンサートは、9月26日、Palestinian city's Cultural Palaceで開催される計画で、およそ1,000人のファンが集まると予測される。
 コーエンの決定は、親パレスチナ活動家が、歌手にイスラエルで歌うのを思いとどまるよう試みたのを受けたもの。
 活動家らは「彼の(コンサート)ツアー中、ツアーの先々で地域団体による圧力をかけるよう」サポーターに、様々な親パレスチナ・メーリングリストを使って促した。

 イスラエルでのコーエンコンサートのスポンサー、Discount Bankが、水曜日、確認したところでは、9月24日にRamat Gan Stadiumで行われる予定。
 発表は、カナダ・シンガーソングライターの訪問がキャンセルされるという、ここ数ヶ月流されたいつまでも消えない噂を終わらせた。

原文:HAARETZ.com

アーカイヴ:レナード・コーエンへの公開書簡その2(05月01日)
posted by mizya at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルキリヤ:米国領事、オバマが投資・開発を支援すると語る

2009年06月24日、ベツレヘム
 米国総領事、Jake Wallesが、木曜日、カルキリヤを訪問、パレスチナ経済の再建で地元企業家と面談したとエルサレム米国領事館は発表した。

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政治犯共済会:イスラエルが子どもに対し電気ショック拷問使用

2009年06月25日、ラマッラ、PIC
 パレスチナ政治犯共済会は、イスラエル占領当局(IOA)が、子どもたちに対する、感電させたり激しく殴打するなど、身体的拷問の新たな犯罪を犯したとして非難した。
 共済会は、石を投げた廉で5月4日に拉致されたパレスチナの子ども、ハムザ・アル-ザアウルが、イスラエル占領軍がエツィオン刑務所で彼に対し電気ショックを使ったと、また同じ日に逮捕されたもうひとりの子ども、イスマイル・アル-ザアウルが、特に骨折した足を激しく殴打されたと共済会弁護団に語ったと、述べた。

全文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザへの支援ボート:出航妨害

2009年06月24日、ガザ、Pal Telegraph

 米国ベースのFree Gaza movementは、ガザに、イスラエルが続ける封鎖を破る、2隻のボートでキプロスのラルナカ港から出発する8番目の使節団の出航準備を終えた。
 しかしイスラエルの圧力は、キプロス当局がこの旅を囲い込み-支援を得る船旅の希望を打ち砕くことを意図する。
 Free Gazaと慈愛の精神は、この旅のために世界中からキプロスにやってきた36人の人権運動家、3トンの医薬品、15トンの必要とされるコンクリートとセメントといった建築資材を積んで、ラルナカ港から、封鎖のガザに240マイル、30時間の船旅に出発すると計画された。またパレスチナの子どもたちに、おもちゃ・クレヨン・カラリングブック(ぬりえ、かな)などで満たされたスーツケースもあった。

全文:The Palestine Telegraph

関連記事:「'Free Gaza'ボートがキプロスに止められる」ISM

アーカイヴ:Free Gaza:ガザに向け出航(06月26日)
posted by mizya at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Al Jazeera:聖地略奪

2009年06月24日、Al Jazeera English

Pt 1

Pt 2

 何故、入植者たちはTVカメラに向かってこれほどまでぬけぬけと「わたしたちの土地だ」と言い張れるのだろう? 本当にそう信じているのではないかと思ってしまう。神に与えられた「土地」だと信じているのだろうか。まさか!

 アーカイヴ:エルサレム:誤用される考古学(05月25日)

posted by mizya at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | documentary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。