2009年07月24日

ほとんどのアラブ人は西エルサレムのほとんどの住居を買うことができない

21/07/2009年07月21日、HAARETZ.com
Nir Hasson

 ベンヤミン・ネタニアフ首相は、今週、エルサレムが、ユダヤ人とパレスチナ人、すべての住民に、東西(エルサレム)どちらであろうと住居購入を許可する「開かれた都市」であると主張した。
「我々の政策は、エルサレム住人が、市のどこにでもアパートを購入できる。アラブ人が市の西(西エルサレム)にアパートを買うことを禁止していないし、ユダヤ人が市の東(東エルサレム)で建てたり買ったりすることも禁止していない」と、ネタニアフは、東エルサレムでのユダヤ建設プロジェクトの停止を要請する米国への返答に語った。

 Haaretzによる調査は、しかしながら、土地に関するかなり異なった状況を提示した。Israel Lands Administration (ILA/イスラエル土地行政)規則によると、東エルサレムの住人は、エルサレムの住居の殆どで所有権を得ることができない。イスラエル市民が、アパートか住居を購入する場合、家屋の登録のみ可能にして、土地の所有権は、49年間、それを購入者に賃貸するILAに残る(「タブー」)。ILA賃貸の第19条は、外国籍はILAの土地を賃貸できないと規定する。

 Zeev and Naomi Weil Lawyers and Notary Officeの弁護士、Yael Azoulayは、仮に外国人がアパートを購入するなら、ILAに、彼らが「帰還法」に則り適格にイスラエルに移住した証拠を示さなければならないと説明する。非ユダヤ外国人はアパートを購入できない。 このグループには、イスラエル市民というよりむしろイスラエル住人のIDを持つ、市の東(東エルサレム)のパレスチナ人が含まれる。

全文:HAARETZ.com


posted by mizya at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

極右イスラエルグループがアルアクサー複合施設に入る

2009年07月22日、エルサレム、Ma’an

 イスラエル警察は、45人の極右イスラエル人に、パレスチナ人が挑発とみなす、エルサレム旧市街、アルアクサーモスクを含む複合施設のツアーを許した。
 入植者グループは、現在アルアクサーモスクが建つ地中にかつて建っていた第1、第2ユダヤ寺院の破壊の記念と言われる、ユダヤ暦Av月9日、その区域を訪問した。

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:ワクフ:イスラエル諜報機関が旅行者を偽りアルアクサに侵入(07月05日)

 1998年と1999年の2回、ハラッム・アッシャリフを訪ねた。2000年代、5回ほどパレスチナを旅しているが、(イスラエル占領軍による封鎖で)ハラム・アッシャリフに入れた試しはない。『地球の歩き方 イスラエル』(をめぐって-「弱い文明」参照)にどのように掲載されているかは知らない。
posted by mizya at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカーゲームか、催涙ガスか? パレスチナ人に論議を呼んだ広告分析

2009年07月22日、Haaretz
オーデッド・ヤロン

 イスラエル携帯電話会社の、イスラエル軍兵士が「防御壁」を挟みパレスチナ人とサッカーするシーンの、論争の広告に関する口論は続いている。
 Cellcomの広告で、壁に沿ってパトロールしていたイスラエル軍兵士は、パレスチナ側から飛んできたサッカーボールがジープに当たり、ジープを止める。(蹴り返された)ボールはすぐイスラエル側(そこだって占領地じゃないの?)に戻ってきて、兵士たちは、女兵士らの応援を受け、パレスチナ人との即興ゲームをすると決める。
 広告は、西岸壁により加えられたパレスチナ人の苦しみをからかっていると広範囲に渡り批判された。
 最近YouTubeに投稿されたヴィデオは、現実のゲームの再現を試みたもの、(Cellcomのコマーシャルと違って)地上の状況からかけ離れていない結果を見いだす:パレスチナ人がフェンスの向こうにボールを蹴ると、返ってくるのは催涙弾の一斉射撃。



全文:HAARETZ.com

アーカイヴ:Cellcomのコマーシャル(07月14日)
posted by mizya at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hip-hop:連帯

2009年07月16日、YouTube
このヴィデオは、PEP (Palestine Education Project)と、パレスチナでの占領が、ニューヨークの人びとの人生にいかに関わるかについてのこの作品を創るために集まったニューヨークの多くのアーティストのコラボレーションで創られた。



posted by mizya at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナラッパーと難民キャンプの子供たち

       05-2.jpg

         Picture: Palestine Monitor


パレスチナモニター 2009年7月19日

DAM(Da Arabian MC’s)は、パレスチナではじめて結成され、現在もリーダー的存在のラップグループだ。
メンバーはTamer Nafar(27歳)、彼の弟のSuhell(23歳)、 Mahmoud Jreri(24歳)の3人で、エルサレムから20kmのLodというアラブ人とユダヤ人が混在するスラムで生まれた。
DAMの音楽は東洋と西洋が融合したテイストで、アラブのパーカッションのリズムと中東のメロディと欧米のラップが混ざりあっている。
DAMの歌詞はイスラエルとパレスチナの長引く対立やパレスチナの自由と平等を求める闘争などを強く反映している。DAMはテロリズムやドラッグ、女性の権利など論争の的になる問題を取り上げ、表現する。
彼らの初のヒットシングル"Min Irhabi" ("Who’s the terrorist?" 「テロリストは誰」)は2001年にリリースされた。アラブラップネットというウェブサイトから1ヵ月に100万件以上ダウンロードされ、あっという間に中東の賛歌となった。さらに、その歌詞は深い内容があり、世界のいくつかの大学で取り上げられ、パレスチナのデモにおいても使用されている。

しかし、DAMはただのラップグループではない。彼らはパレスチナの占領地域やイスラエルの子供たちと多くの文化活動に参加している。先月彼らはベツレヘムのディヘイシャ難民キャンプにあるIbdaa文化センターの子供たちとサマーキャンプでラップのワークショップを行った。


The lyrics of their debut hit single,
"Min Irhabi" (“Who’s the terrorist?”):

Who’s a terrorist?
I’m a terrorist?!
How am I a terrorist when you’ve taken my land?
Who’s a terrorist?
You’re the terrorist!
You’ve taken everything I own while I’m living in my homeland

You’re killing us like you’ve killed our ancestors
You want me to go to the law?
What for?
You’re the Witness, the Lawyer, and the Judge!
If you are my Judge
I’ll be sentenced to death
You want us to be the minority?
To end up the majority in the cemetery?
In your dreams!
You’re a Democracy?
Actually it’s more like the Nazis!
Your countless raping of the Arabs’ soul
Finally impregnated it
Gave birth to your child
His name: Suicide Bomber
And then you call him a terrorist?
You attack me and then you cry
And then you rush to complain about me [to the world]
When I remind you that you started the whole thing,
You jump to say
"You let small children throw stones!
Don’t they have parents to keep them at home?"
WHAT?!
You must have forgotten you buried our parents under the rubble of
our homes
And now while my agony is so immense
You call me a terrorist?
Who’s a terrorist?
I’m a terrorist?
How I am a terrorist
When you’ve taken my land?!
Who’s a terrorist?
You’re the terrorist!
You’ve taken everything I own
While I’m living in my homeland
Why terrorist?! Because my blood is not calm
It’s boiling!
Because I hold my head for my homeland
You’ve killed my loved ones
My parents driven out
But I will remain to shout out
I’m not against peace
Peace is against me
It’s going to destroy me
You don’t listen to our voices
You silence us and degrade us
And who are you?!
And when did you became ruler?
Look how many you’ve killed
And how many orphans you’ve created
Our mothers are crying
Our fathers are in anguish
Our land is disappearing
And I’ll tell you who you are!
You grew up spoiled
We grew up in poverty
Who grew up with freedom?
And who grew up in confinement
We fight for our freedom
But you’ve made that a crime
And you, the terrorist call me the terrorist!
Who’s a terrorist?
I’m a terrorist?
How I am a terrorist
When you’ve taken my land?!
Who’s a terrorist?
You’re the terrorist!
You’ve taken everything I own
While I’m living in my homeland
So when will I stop being a terrorist?!
When you hit me and I turn the other check
How do you expect me to thank vThe one who harmed me?!
I tell you what!
You tell me how you want me to be!
Down on my knees with my hands tied up
My eyes to the ground
Surrounding by bodies
Houses destroyed
Families driven out
Our children orphaned vOur freedom chained up
You oppress
You kill
We bury
We’ll remain patient
We’ll suppress our pain
Most importantly you feel secure
Just relax and leave us all the pain
You see our blood is like that of dogs
NOT EVEN
When dogs die they receive sympathy
So our blood is not as valuable as a dogs
No - My blood is valuable
And I will continue defending myself vEven if you call me a terrorist

原文=Palestine Monitor

追記(by mizya)
アーカイヴ:イスラエル・アパルトヘイト・ウィーク2009(02月25日)
posted by スーザン at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

イスラエルが死海沿岸を国家の土地と宣言:Peace Now

2009年07月21日火曜日、エルサレム(AFP)

 イスラエル政府は、死海が(水を汲み上げ過ぎて)収縮した結果現れた西岸の土地を国家資産として登録すると決定したと、火曜日、入植に反対するグループは語った。
「イスラエル当局は、占領下西岸の死海沿いに、水位低下のため現れた、およそ13万8600ドナム(3万4650エーカー)を国家の土地と宣言するつもりであると発表した」とPeace NowグループのHagit Ofranは、AFPに語った。

全文:Yahoo! news
posted by mizya at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前哨基地が破壊され、パレスチナの野原に放火

入植者らは、不法な西岸前哨基地の移動住宅破壊、建物撤退に、Yitzharに近い野原への放火で応じた。パレスチナ人はハワラでの投石による負傷を報告

Efrat Weiss
2009年07月20日

 保安部隊は、月曜日、不法な西岸前哨基地から多くの建物を撤退させ、入植者らは素早くその地域のパレスチナの野原に放火することによって応じた。
 民間政権職員と国境警備部隊は、月曜朝、アディ-アドの前哨基地に到着、移動住宅を破壊した。彼らは次に、Nofei Yarden前哨基地の小屋ふたつとMitzpe Dannyのコンテナふたつを破壊した。
 返答として入植者らは、彼らの「正札」政策を開始、Yitzhar地域のブリンとアシラ・アル-カバリヤのパレスチナ人の野原に放火した。
 消防士は、消火にその地域に急派された。
 パレスチナ人は、ナブルス地区のハワラ検問所近くの入植者らが投げつけた石により2人が負傷したと報告した。

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:バットアイン入植者がパレスチナ農地に放火(07月13日)
posted by mizya at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。