2009年07月09日

東エルサレムのパレスチナ人に、西岸に移動せよとのイスラエルの「提案」

2009年07月07日、American Chronicle
Marian Houk

西に行け、イスラエル当局は、今、東エルサレムのパレスチナ住人にまさに提案する。
それは西岸のこと。
これは、拒むには良すぎるといった提案ではない。

全文:American Chronicle


posted by mizya at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル、パレスチナ領地への医療使節妨害で批判される

2009年07月07日火曜日、guardian.co.uk
・境界ガードがイギリス医療従事者を含むチームを追い返す
・医師団は、子どもの外科手術実施を計画していた

Vikram Dodd
 イスラエルは昨日、フランス政府により組織された人道使節の医師団のガザ入りを拒絶して非難された。
 3人のイギリス医療従事者を含むチームは、日曜日と月曜日、イスラエル境界ガードにより追い返された。彼らは、使節は純粋に人道的なもので、必要とされる医療支援を目指すもの、今年はじめのガザに対するイスラエルの攻撃で、負傷したままの何人かは外科手術を必要としていると語る。
 ガザ入りを拒否された英国人のひとり、形成外科医のソニア・ロビンスは「わたしは、なぜ入る許可が拒否されるのか解らない」と語った。

全文:guardian.co.uk
posted by mizya at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル紙:イスラエル入植地に2,500戸を米国承認

2009年07月08日、Huffington Post
 テルアヴィヴ拠点のイスラエル紙、マアリヴによれば、イスラエルに西岸での入植活動を凍結するよう説得する一貫した米国の努力にもかかわらず、2003年ロードマップに応じ、米国職員は、2500戸の追加の住宅建設に同意した。
 マアリヴ報道は、ハアレツ英語版での引用で「譲歩は既に存在する契約を確認したもの--それらのいくつかは既に着手され、引き返すことができない。マアリヴは職員のことばを引用して『基本的になされたことを仕上げることについて話している』としている」と伝える。

全文:THE HUFFINGTON POST

関連記事:「米国は、入植地建設でイスラエルとの取引を否定」HAARETZ.com
2009年07月09日
 合衆国は、水曜日、イスラエルが西岸入植地に2500戸の住宅建設を完成するのを許す妥協に達した(とする報道を)否定した。
 イスラエル紙マアリヴは、その日早く、イスラエルが700戸を仕上げることができると報じていた。
 しかし米国国務省の報道官、イアン・ケリーは、報道は「不正確」で、ワシントンはすべての入植活動が終わらなければならないという立場を守ると語った。
posted by mizya at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CSQ:BDS採択の労働組合

2009年07月08日、STOP THE WALL
 カナダは昨日、大きさで第3のケベック労働組合(CSQ)が、パレスチナ市民の努力を支持する動議を通過させ、再び、労働組合のBDS活動に焦点をあてた。

全文:STOP THE WALL

アーカイヴ:ノルウェー労働組合: 和平合意失敗ならイスラエルをボイコット(05月18日)
ラベル:CSQ BDS カナダ
posted by mizya at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

労働組合とNGO:ガザへの途中で拘束のアルジャジーラカメラマン解放までデモ

2009年07月08日、ガザ、PNN
ガザ沖でイスラエル軍により拘束されたアルジャジーラのカメラマンは、解放された。

 イエメン人、マンスール・アルアビは、先週の火曜日、イスラエル軍によりハイジャックされたとき、人道支援船、“Spirit of Humanity”号に乗船して、使節がガザ封鎖を破る録画をしていた。彼は最終的に、昨日、イスラエル刑務所から解放された。
 イスラエル拠点のアルジャジーラ支局長、マジド・ハデルは、アルアビが、望んで不法にイスラエル境界に入ったとの圧力をかけられていたと報告した。 「しかし、彼らは不法にイスラエルに入ったのではない」と彼は語った。「彼らはガザに向かう作戦取材で、 Spirit of Humanity号に乗船していた。彼らは上陸を強制されたのだ」

全文:Palestine News Network

アーカイヴ:イギリス:イスラエルによるFree Gaza船拿捕の問題提起(07月05日)
posted by mizya at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンシア・マッキニー:アメリカに戻って語る

2009年07月07日
 元米国下院議員、シンシア・マッキニーは、2009年7月7日にワシントンDCに到着して語った。マッキニーは人道支援物資を届けようとしてイスラエル刑務所に捕われた…


posted by mizya at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。