2009年07月10日

フランス: 4人のユダヤ人にパレスチナ店舗攻撃の容疑

2009年07月09日、Ynet news.com
パリ: 'Jewish Defense League'(JDL/ユダヤ防衛連盟) に関わる4人の若者が、親パレスチナのカップル所有の書店を破壊した容疑で逮捕された。「パレスチナ問題が存在するとき、フランスは自身の民主主義をどう考えるか?」と店主は語る。
Miri Chason

 およそ300人が、水曜日の夜、支持を示すために、先週フランスで破壊された親パレスチナ書店の前に集まった。デモンストレーターは、そのメンバーが店舗攻撃に関わったとされる、ユダヤ防衛連盟解体を求めて叫んだ。4人の若いユダヤ人は、水曜日、攻撃を行った容疑で逮捕された。
 先週末の出来事で、5人の武装覆面の一団は店舗に押し入り、コンピュータを打ち砕き、書籍に放火した。店主は、攻撃遂行のユダヤ防衛連盟を非難した。
 パリ警察は、水曜日、16歳から26歳までの、すべてJDLメンバーの4人の若者を攻撃遂行のかどで逮捕した。5番目の容疑者はまだ逮捕されていない。

全文:Ynet news.com

関連記事:「フランス:ユダヤ防衛連盟がアラブ所有の店舗攻撃」International Middle East Media Center

400_0___10000000_0_0_0_0_0_jdl_shelley_firing.jpgユダヤ防衛連盟メンバーの射撃訓練(画像:JDLウェブサイトから)

 イスラエル軍も入植者も、占領地で、同じことを日々やっている。西岸でやってきたことを、ついパリでもやっちゃった、ということか。


posted by mizya at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Viva Palestina活動家:ガザ境界で立ち往生

2009年07月07日火曜日、PRESS TV
 人道支援を運ぶFree Gaza船が、ガザ到着を目前にしてイスラエルにより強奪されて1週間も経たないうちに、米国市民グループはエジプトで、より多くの支援物資とガザ入り許可を待っている。
 ガザの苦痛のパレスチナ人のために100万ドル相当の医薬品を持ってきているといわれる、少なくても100人の米国活動家は、日曜日から、ラファゲートのエジプト側で立ち往生させられていて、シオニスト政権が、封鎖地域に入る許可を出すのを待っている。

全文:PRESS TV

アーカイヴ:米国活動家:エジプト経由で人道支援をガザに(07月06日)
posted by mizya at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴァヌヌへの制約:6カ月以内に見直し

2009年07月06日、Ynet news
断罪されたアトムスパイは、最高裁に、18年の刑に服した後も、再び公的に国家安全の問題について話さないと誓わせる彼にしかれてきた制限を解除するよう求めた。
Aviad Glickman

 最高裁判所は、月曜日、断罪のアトムスパイ、モルデカイ・ヴァヌヌに対する、イスラエル出国と外国メディアに話すことの禁止の根拠は、6カ月以内に見直され、おそらく解除されると裁決した。
(中略)
 彼は、イスラエルから出ること、パレスチナ当局領域に入ること、外国プレスと話すこと、あるいは、本質的にイスラエル管轄が及ばない外国大使館に近づくことを禁じられてきた。彼はまた、行動のすべてを保護監察官に報告することを命じられていた。

 ヴァヌヌは法廷で、制約が解除されるなら、決して再び国家安全に関わる問題を公的に話さないと誓っていいと話した。彼は、シン・ベトやモサドの支配から逃れたい、永久にイスラエルから放れたいと付け加えた。

「25年は短くない」と、彼は法廷の外で記者に語った。

全文:Ynet news.com

関連記事:「ヴァヌヌ VS イスラエル」The Palestine Telegraph

アーカイヴ:ヴァヌヌを行かせよ!(04月23日)
posted by mizya at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G8:ガザ検問所の即刻開放を求める

2009年07月09日(Ramattan)、ガザ
G8勢力は、イスラエルがガザ検問所を、人道支援、商品、ガザへ/ガザからの人びと(の往来)に、開放するよう求めた。

「わたしたちは、イスラエルの安全を尊重する方法で、人道支援、商品、ガザへ/ガザからの人びと(の往来)に、即刻検問所が開放されることを要求する」と、G8はイタリアでのサミットに続いて、水曜日、リリースされた声明で述べた。
 声明によれば、G8はまた、2国家解決に従ったパレスチナ・イスラエル間の和平交渉の再開も呼びかける。
 最近、G8勢力は、イスラエルに西岸全域での入植地建設凍結を要請、関わる党派に和平交渉の迅速な再開を促した。

原文:Ramattan News Agency

 G8には反対、ただこの記事はこの国では報道されないと思って。タロー・アソーは解っているのかな?

アーカイヴ:G8:イスラエルに入植地凍結を要請(06月28日)
posted by mizya at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。