2009年07月13日

メルボルン国際映画祭へのPACBIから公開書簡状

メルボルン映画祭とのパートナーシップを、イスラエル側が自国のプロモーションに利用していることに対しPACBI(Palestinian Campaign for the Academic and Cultural Boycott of Israel)は重大な懸念を感じ、下記内容の公開書簡状をメルボルン映画祭に対し7月5日に提出した。

イスラエルからの資金提供を受けることは、イスラエルの実施している占領主義、植民地主義、アパルトヘイトに賛同することと同じである。ガザ攻撃からまだ6ヶ月しか経っていない現在、イスラエルと協力関係を結ぶことは、国際法に違反し、パレスチナの人々の人権を侵害することだ。また、このことはパレスチナの人々の芸術や文化を冒涜し、映画の芸術性に反し、全ての映画製作者、音楽家、アーティスト、作家や詩人の想いを潰すことと同様だ。
(中略)
南アフリカのケースのように、国際的な団結が経済やスポーツや文化的な場面でボイコットを表明することによって、アパルトヘイト体制を変革させたという過去の事例を踏まえ、パレスチナの人々がパレスチナの地で自由と平等の権利を掴むまで、イスラエルとパートナーシップを組まないことを願う。

ei ACTIVISM NEWS


posted by スーザン at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ国家(建国)最終期限を求めたソラナの呼びかけをイスラエルが拒絶

EU外交政策チーフは、安保理がパレスチナ国家成立の明白な最終期限を設定し、境界範囲、難民、エルサレム支配の問題の総体的解決を推進するよう主張する;イスラエルは、提案が「平和の努力を害する」と言う

Roni Sofer、ロイター
2009年07月12日、Ynet news.com

 エルサレム(ワシントンが米政府の代名詞としても、エルサレムをイスラエル政府の代名詞にする記事に巡り会った記憶はない、ロイターか)は、日曜夜、EU外交政策チーフ、ジャヴィエール・ソラナの、仮にイスラエルとパレスチナが合意に達しなかったとしても、国連安保理が確実な最終期限を設けてパレスチナ国家を承認するとの要求を退けた。
 (イスラエル)外務省は声明を発表、「国連決議、242と338、ロードマップ(和平計画)とイスラエル・パレスチナ間合意、イスラエル-パレスチナ間闘争の解決に慎重に決定されたすべては、両者による交渉を通して到達されるのみ」と述べる。

全文:Ynet news.com
posted by mizya at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バットアイン入植者がパレスチナ農地に放火

2009年07月12日、 ヘブロン、Ma'an
 パレスチナの町、ベイト・ウマルの土地に建設された、不法な西岸入植地、バットアインのイスラエル人が、日曜日、オリーヴ、アーモンド、ブドウなどが植えられた広い地域に放火した。
 ベイト・ウマルの市長、ナスリ・アル-マスリは、ヘブロン地区のパレスチナ知事顧問、ムーサ・スレイビ、農業省ヘブロン事務所所長、リアド・ザアキクと共に、焼失地域を訪れた。
 先月、イスラエル入植者は、同じ地域で200本以上の樹木を引き抜いた。バットアイン入植者はまた、この地域のパレスチナ農民を頻繁に襲撃してきた。

原文:Ma'an News Agency

 入植者による放火のニュースは毎日のように届く。パリで放火するなら逮捕は必然、占領地では放火する入植者をイスラエル軍がガードしている。放火が無くなる可能性はない。

アーカイヴ:フランス:4人のユダヤ人にパレスチナ店舗攻撃の容疑(07月10日)
      入植者、ナブルス南部の土地に放火(07月08日)
      
ラベル:入植者 ヘブロン
posted by mizya at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

活動家がテントを立てる:シルワンとの連帯に世界中で

2009年07月11日、 エルサレム、Ma'an
 連帯活動家らは、イスラエル当局により、破壊されたか破壊命令がくだされた、東エルサレム、シルワン地域の家族に連帯して、月曜日、世界中で座り込み抗議テントを立てる。
 どうやらCommunity of Sheikh Jarrah Residents(シェイフ・ジャッラ住人社会)というグループにより組織されたデモンストレーションは、イスラエル警察により繰り返し解体されて悪評をもたらした、東エルサレム、シェイフ・ジャッラ地区に立てられたテントをほのめかす。
 テントは、最近家屋を破壊された家族の家に立てられたが、家屋破壊に反対するパレスチナ人の努力の象徴と代わった。
 同様のテントが、グラスゴウ、ロンドン、シカゴ、ニューヨーク、アイルランド、サンフランシスコ、チェコ、エジプト、スウェーデン、デンマーク、スペイン、オランダといったいくつかの国や首都で、イスラエル大使館や領事館の近くに、次の月曜日、立てられるとグループは語った。

全文:Ma'an News Agency

posted by mizya at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプト:ガザに向かう医療支援コンヴォイを止める

2009年07月12日、PRESS TV

 エジプト当局は、Viva Palestina活動家が、シナイ半島を横切って人道支援物資をガザに届けようとするのを拒絶した。
 ガザの人びとを支援する、かつて最大の米国支援コンヴォイは、土曜日、ガザへの国境検問所に向かう前に、残りのグループと支援物資が合流することになっていたアル・アリシュへの途中、スエズ運河で止められた。
 活動家らは、少なくとも200人--ニューヨーク市議、チャールズ・バロンを含む、すべてアメリカ人--のコンヴォイの一部で、7月13日までのガザ入りを計画している。
 今月初め、人道使節としてガザに向かっている時、イスラエル軍により拘束された、ジョージアの元米国下院議員、シンシア・マッキニーもまたコンヴォイに合流するだろう。
 Viva Palestina活動家は、先立つ取り決めにも関わらず、エジプト国境管理が、コンヴォイ・メンバーの氏名リストを受け取っていないと言って医療コンヴォイを通過させず、それどころか、逮捕すると脅しさえすると語る。
 グループ--150万パレスチナ人の家、ガザへの打撃を与えるイスラエル-エジプトによる封鎖を破る意図の--は、カイロに戻れとの治安担当官からの圧力にもかかわらず、バスの中で夜を過ごした。

全文:PRESS TV

関連記事:「ギャロウェーは宣言する:チャベス参加で第3のコンヴォイを組織」The Palestinian Information Center

アーカイヴ:Viva Palestina活動家:ガザ境界で立ち往生(07月10日)
posted by mizya at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Free Gaza:Sprit of Humanity号からの映像

2009年07月11日


posted by mizya at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス: 米国がイスラエルに、入植凍結6ヵ月の猶予

2009年07月11日、Haaretz/AP通信
 合衆国はイスラエルに、すべての西岸入植地建設の凍結の要求に同意するまで6ヵ月の最終期限を与えたと、フランス外相は、ベイルートへの公式訪問でレバノン対談者に語った。
 イスラエルラジオが、レバノン日刊紙、アンナハルの土曜日掲載の報道に言及した。
 報道によると、ベルナール・クシュネルは、レバノン官僚に、米国は6カ月の最終期限を延ばすことができると、仮にエルサレムが入植地建設を続けるなら、ワシントンは更新和平プロセスへの後援は提供しないだろうとも語った。

全文:HAARETZ.com
posted by mizya at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。