2009年07月15日

UNDP:ガザで420トンの瓦礫を取り除き始める

2009年07月13日、ガザ、Ma’an

 パレスチナ・ブルドーザーと建設車両が、月曜日、イスラエル軍用機が破壊してから6カ月以上経って、ガザの「サラヤ」治安施設の瓦礫を取り除き始めた。
 複合施設は、イスラエルによるガザ攻撃の2日目、2008年12月28日、イスラエルのミサイルにより破壊された。
 United Nations Development Program (UNDP/国連開発計画)による資金提供の事業に、パレスチナの事実上の政府の公共事業省車輌が使われた。

全文:Ma'an News Agency


ラベル:UNDP ガザ
posted by mizya at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルブルドーザー:ガザ北部の果樹園を破壊

2009年07月14日(Ramattan)、ガザ

 イスラエル軍は、火曜日、ガザ北部、ベイト・ハヌーンの東先端に侵入したと、パレスチナ治安当局筋は語った。
 情報筋は、イスラエル軍が軍用ブルドーザーで補強し、ガザ北部の境界を越え、ベイト・ハヌーンで圃場を完膚なきまでに破壊したと指摘した。
 イスラエルによる攻撃で負傷者は報告されていない。
 イスラエル軍は、頻繁にガザ地区でパレスチナ農民と漁師を標的にしている。

 封鎖で食糧の搬入を許さず、ガザの食糧生産者、農民と漁師を狙い撃ちするイスラエルの、ガザ住民を餓えさせるための何という気働き!

原文:Ramattan News Agency

アーカイヴ:漁船に50発以上の弾丸(06月24日)
posted by mizya at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラク、バグダッドでも4-0でパレスチナを打ち負かす

バグダッド(AP)
 イラク(サッカーチーム)は、月曜日、侵攻以来、バグダッドでの初の試合で、パレスチナを4-0でくだし、戦争の何年間か、ナショナルチームを見ることができなかったイラク人の中に熱狂的祝賀の引き金となった。
 ハワル・ムラ・モハメドは、試合の27分、得点し、カラル・ジャッシムとアラア・アブデルザフラアが続き、イマド・モハメドがペナルティで4点目を獲得した。
 金曜日、北部の都市イルビルで、イラク(チーム)は、2002年以来最初のホームゲームを試合い、パレスチナを3-0で打ち負かした。イラクの最後のホームゲームは、2002年7月22日、バグダッドでシリアを2-1で負かしたときだった。
 月曜日の首都で、Shaabスタジアムは、入場無料で、満席の4万5000人のファンで埋まった。何人かのサポーターは競技場の端に座り、警察はスタジアムに流れ込む群衆に入る余地さえなかった。
 ファンは、イラクとパレスチナの旗を振り「バグダッドに栄光あれ」「シーアとスンニは兄弟だ」「こころはガザと共にある」などと繰り返した。

原文:USA TODAY

アーカイヴ:イラク、パレスチナを打ちのめす(07月12日)
posted by mizya at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国からガザへのViva Palestinaコンヴォイ:エジプトに足止め;水曜日のガザ入りを願って

2009年07月14日火曜日、IMEMC News
Saed Bannoura
47車輌、何トンもの医療品、120人のキャラヴァン参加者を含む、米国からの人道支援コンヴォイは、エジプト当局により、スエズ運河で足止めされている。この支援コンヴォイは、英下院議員、ジョージ・ギャロウェイにより組織された2回目のもので、今年はじめのイギリスからの1回目は、トラック・コンヴォイで、首尾よく支援物資を届けた。

400_0___10000000_0_0_0_0_0_aid_to_gaza.jpgViva Palestinaキャラヴァンとガザに向かう支援物資の一部

 日曜日、エジプト当局は、キャラヴァンが、閉じられ封鎖されたラファ検問所を通って、ガザに入るために旅しなければならないシナイ半島と本土エジプトを切り離す、スエズ運河でキャラヴァンを足止めした。キャラヴァンのメンバーは、夜通しバスで眠ることを余儀なくされ、エジプト当局により認可された適切な文書を持っていないと告げられた;エジプト到着に先立って、キャラヴァンが、何人かのエジプト職員の要求通り、おびただしい証拠資料を送った事実にも関わらず。

全文:International Middle East Media Center

関連記事:「Viva Palestina:エジプト妨害過程を乗り切ろうとしている」VIVA PALESTINA
     「2隻のイスラエル海軍船が運河を越える」Ynet news.com(これも関連記事かと思ってしまうが、この脅しはイラン向け。サウジが上空使用を許可したとか、いやいや、ヨルダンが許可したらしいとか噂も多い。それにしても、エジプトとイスラエルの何という仲睦まじさ)

アーカイヴ:エジプト:ガザに向かう医療支援コンヴォイを止める(07月13日)

posted by mizya at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家屋破壊:人口構成変更政策

2009年07月13日、エルサレム
Maisa Abu Ghazaleh(PNN)

 イスラエル支配エルサレム自治体のブルドーザーが、ベイト・ハニーナとシルワンの家屋2戸を破壊した。
 月曜朝の破壊は、東エルサレムの人口統計を変える目論見の、より大きな政策の一部としてやってきた。
 3番目の家は今日破壊された:旧市街で市民は自身の家屋破壊を強制された。

 何十もの警察、特殊部隊、ボーダーガードらは、ベイト・ハニーナを混雑させ、破壊の前に、その地域を軍隊兵舎とした。
 アラアブデル・リザク・シュエキの家は、エルサレム北東部のベイト・ハニーナにあり、120平米だった。彼は家から家具を取り出すため5分与えられた。
 シュエキと8人の家族は、(破壊)行程の間、ライフルの銃床で打たれた。 シュエキが身体中、打ち身だらけになったとき、彼の60歳の母親は負傷した。彼の兄弟、イマドは逮捕された。

 ベイト・ハニーナはエルサレムの北はずれ、殆どラマッラに近い。親しい友人が暮らす。

全文:Palestine News Network

アーカイヴ:東エルサレムのパレスチナ人に、西岸に移動せよとのイスラエルの「提案」(07月09日)
posted by mizya at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イギリス:イスラエルへのある種の兵器移送を禁止

2009年07月13日、 ベツレヘム、Ma'an
 イギリスが、イスラエルへのある種の軍事物資禁止を決定したと、外務省は、月曜日、発表した。
 4月にデヴィッド・ミリバンド外務大臣によって発表された内部調査に続き、イギリスは、もはや海軍艦艇のためのある種の部品をイスラエルに販売できないと決定したと、月曜日、イスラエル日刊紙、Haaretzは報じた。

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。