2009年07月20日

イギリス監督、映画祭から撤退

2009年07月19日、シドニーJTA

 イギリス人監督が、イスラエル政府から資金提供を受けているとの理由で、国際映画祭から映画を引き上げる。
 ケン・ローチは、金曜日「パレスチナ領土の不法占領、家屋と生活の破壊、ガザでの大虐殺」に抗議して、映画『エリックを探して』をメルボルン国際映画祭から引き上げるとした脅迫を成し遂げた。
 同様の最後通牒でローチは、5月のエディンバラ国際映画祭に、イスラエル映画制作者の訪問に資金援助することになっていた交付金返還をうながした。しかし、オーストラリアの映画祭執行部トップ、リチャード・ムーアのローチへの応答は率直で、7月30日上映予定の映画は処分された。

全文:The Global News Service of the Jewish People

アーカイヴ:メルボルン国際映画祭へのPACBIから公開書簡状(07月13日)


posted by mizya at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル軍侵入:ビリンへ

2009年07月19日

by Haitham AlKatib

posted by mizya at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連職員:ガザの瓦礫撤去に8カ月以上必要

2009年07月18日、People's Daily Online

 国連上級職員は、金曜日、1月18日に終わったガザへのイスラエルの戦争による瓦礫撤去に1200万ドルの費用と8カ月以上が必要と語った。
 UN Development Program (UNDP)次長、タヘル・アル-スンニは、ガザへのイスラエルの戦争に起因する瓦礫撤去プロジェクトは、2010年4月まで続くとガザで記者団に語った。
(中略)
 ハマース政府の見積りによると、イスラエル軍は、飛び領土全体にわたる警察、防衛、政府施設の殆どと同様、およそ2万戸の家屋を破壊した。
(中略)
 彼は、プロジェクトの費用、1200万ドルは、カナダが340万ドル、スウェーデンが230万ドルを提供、日本が間もなく600万ドル寄付すると予想されると語った。

全文:People's Daily Online

アーカイヴ:UNDP:ガザで420トンの瓦礫を取り除き始める(07月15日)
posted by mizya at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入植地観光

2009年07月16日

AlJazeeraEnglish

posted by mizya at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。