2009年07月24日

西岸に拡大するイスラエル不法前哨基地

2009年07月23日、AlJazeeraEnglish

 イスラエルは、パレスチナ領土での入植地建設を停止せよとの増加する国際的圧力を受けている。しかし、入植地は唯一の問題ではない。
 イスラエル政府のそれらの撤去の約束にも関わらず、何百人ものイスラエル人が、占領下西岸の何十もの不法な前哨基地に住んでいる。
 しかし、アルジャジーラのマイク・ハンナが報告するように、前哨基地はまだ拡大している。

AlJazeeraEnglish

アーカイヴ:終わりなき撤退(05月28日)

追記:
関連記事:「パレスチナ人を悩ます西岸入植者」euronews


posted by mizya at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

活動家は、イスラエルが重要な場所を入植者に与えたと語る

2009年07月23日木曜日、エルサレム(AFP)
リー・ボールドウィン

 イスラエルは、国民の詮索から遠ざける卑劣な乗っ取りに、併合された(したと、イスラエルが言う)東エルサレムの主要なパレスチナ地区の多くの支配を、強硬派入植者グループに手渡したと、木曜日、活動家グループは報告書で語った。

 政府機関省庁は、個人的パレスチナ人の土地と、旧市街の壁の外、シルワン地区の国立公園の両方を、入植者組織、Eladに移したと、エルサレム問題を専門とする非営利団体Ir Amimは語った。
「良き政府の規則の紛れない違反と、いくつかの場合では法を犯し、政府、あるいはクネセトによる開かれた公的決定もなく、公開の議論も審理も精査もなく、それは暗闇でなされた」と、『シルワンのいかがわしい取引』と題する報告書に書かれた。

 Eladは、イスラエルが1967年、ヨルダンから奪い、併合したが、国際社会がこの動きを認めていない東エルサレムの、アラブ地域にユダヤ人所有を広げるのに捧げられている。

全文:Yahoo! news

アーカイヴ:エルサレム:誤用される考古学(05月25日)


posted by mizya at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル化粧品会社が、占領における役割は隠蔽できないと学びつつある

2009年07月22日、AlterNet
Nancy Kricorian
Ahavaは、エキゾチックな美の製品を販売するため、占領下パレスチナの天然資源を開発するイスラエルの不当利得者である。

 翻訳が面倒で「excite.翻訳」にお任せ、いつもながら「職業」は「占領」のあやまり。


ほこりが今年ガザにおけるイスラエルの襲撃の余波で破壊された家、学校、および人生について決めたとき、人権/イスラエルにおける主流のアムネスティ・インタナショナルからPhysiciansまでの人権擁護団体は、イスラエルの攻撃を非難して、イスラエル政府とイスラエル国防軍が戦争犯罪と人道に対する罪を犯したと申し立てたレポートを発行しました。 PeaceのためのCODEPINK Womenのスタッフは東エルサレムで私たちがイスラエルの国際法の極悪のあざけりに関してできたことに関する議論とガザの進行中の封鎖、ヨルダン川西岸地区の占領、および家の破壊の野蛮を再開させました。 私たちは、イスラエルの製品に対してボイコットの考えを再考すると決めました--ここ、合衆国のヨーロッパより多くの困難利益牽引があったボイコット。 何かを利益がなくする最も良い平和な方法の1つは、しかし、職業を終わらせる最も良い方法がそれを利益がなくすることであり、不買同盟を組織することです。

パレスチナへのGlobal Boycott、Divestment、およびSanctions Movementのする研究である間、私はウェブサイトWho Profits(PeaceのためのWomenのイスラエルのCoalitionのプロジェクト)を偶然見つけました。 そのサイトでは、私は、パレスチナ人ヨルダン川西岸地区について直接かかわるイスラエル的、そして、国際的な会社のリストを見つけて、職業から利益を得ました。 私たちのキャンペーンのために、明確に違反には国際法には習慣があった会社を選択するのは戦略上、そして、道徳的に重要に思えました。 Who Profitsリストの会社の多くが、台無しに巨大な私にとってなじみがなかったか、または女性の平和グループのための明白な目標のように見えませんでした。 しかし、私は認めた1つの名前を見ました: Ahava死海研究所。 事実上、私は、窓台の上にあるAhava Eucalyptus Mineral Bath Saltsの1個のペットボトルが私の浴室のおけの横にあったのを知っていました。

Ahavaのウェブサイトを見るなら、あなたは会社の環境面で原因となる習慣に関して以下を読むことができます。 「私たちの製造プロセスは、無公害であって環境面で意識しています。」 「動物は全くテストフェーズにかかわりません、そして、私たちの製品のすべてが再生利用可能なチューブ、ボトル、および瓶でケースに入れられます。」 Ahavaのスポークスウーマンは、新鮮顔をしたSexと市の女優クリスティン・デイヴィスです。する利益のその委任はマサイWilderness Conservation Fundの顧問会議のOxfamのれんAmbassadorと彼女の地位として彼女の状態によって証明されます。 Ahavaサイトでは、デイヴィスは「私の個人的信念(敬意をもって動物と環境の両方を扱うのを含んでいる)は等しくAHAVAに重要です。」と言ったと引用されます。

あなたがウェブサイトの周りであなたにナビゲートすると、死海の初期のイメージ、美しく設計されたラベルがある魅惑的な製品、および見出しがあるスイレン葉の写真は、「この葉には、何も隠すものがありません。」と参照するでしょう。 しかし、残念ながら、Ahavaはすねに傷を持っています--残忍な職業との関係に関する醜い秘密。 ヘブライ語"Ahava"は、愛していることを意味しますが、何も会社がヨルダン川西岸地区のパレスチナの領土でしていることに関して愛すことがありません。 Ahavaは、占領下パレスチナの天然資源を開発しているイスラエルの不当利得者です。

AHAVA死海研究所(イスラエルの化粧品会社)は死海岸の近くのOccupiedパレスチナ人ヨルダン川西岸地区のイスラエルのイスラエル居留地Mitzpe Shalemにその主な製造プラントとショールームを位置させました。 1970年に占領された陸に造られたMitzpe Shalemは、違法入植地です、ヨルダン川西岸地区のすべてのイスラエル居留地のように。 Fourthジュネーブ協定に従って、Ahavaの死海からのパレスチナの天然資源の捕獲は盗まれたリソースの占領パワーでそれ自身の利益の見え透いて不法な使用です。 負傷に侮辱を加えるために、Ahavaのラベルは、製品の原産国が「死海(イスラエル)」であると主張します--このタイプのラベリングはOxfamによってけなされました、他の人権擁護団体の中で、おく面もなく同じくらい紛らわしいです。

原文:AlterNet

関連記事:Action: Ahava, on n'en veut pas(アクション:アハヴァの何も欲しくない)vimeo
ラベル:Ahava 死海 BDS
posted by mizya at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがアラビア語教科書から1948年「ナクバ」を削除

2009年07月22日水曜日、エルサレム
MATTI FRIEDMAN(AP通信)

 イスラエル政府が、アラブ学童の教科書から、パレスチナ人がイスラエル建国を「大災厄」と呼ぶ言及を削除すると、水曜日、文部大臣は語った。

 パレスチナ人が、1948年のイスラエル建国戦争における彼らの敗北と追放を呼ぶアラビア語のことば、大災厄「アン-ナクバ」の言及は、2007年、ハト派のイスラエル文部大臣により挿入された。
(中略)
 ベンヤミン・ネタニアフと強硬路線、リクードに率いられるイスラエル現政権は、忠誠宣誓を命じるかあるいはイスラエルから追放することで、イスラエルアラブを厳罰に処すことを支持するメンバーを含む。
「世界に、公式カリキュラムで建国の事実を大災厄と扱う国はない」と、リクードの文部大臣、Gideon Saarは、水曜日、イスラエル議会で述べた。イスラエルアラブ議員ハナ・スゥエイドは「ナクバ否定」で政府を非難した。

「それはアイデンティティへの記憶と執着に対する、イスラエル国家のパレスチナアラブ市民のアイデンティティへの重要な攻撃である」と、彼はAP通信に語った。

全文:Yahoo! news
posted by mizya at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほとんどのアラブ人は西エルサレムのほとんどの住居を買うことができない

21/07/2009年07月21日、HAARETZ.com
Nir Hasson

 ベンヤミン・ネタニアフ首相は、今週、エルサレムが、ユダヤ人とパレスチナ人、すべての住民に、東西(エルサレム)どちらであろうと住居購入を許可する「開かれた都市」であると主張した。
「我々の政策は、エルサレム住人が、市のどこにでもアパートを購入できる。アラブ人が市の西(西エルサレム)にアパートを買うことを禁止していないし、ユダヤ人が市の東(東エルサレム)で建てたり買ったりすることも禁止していない」と、ネタニアフは、東エルサレムでのユダヤ建設プロジェクトの停止を要請する米国への返答に語った。

 Haaretzによる調査は、しかしながら、土地に関するかなり異なった状況を提示した。Israel Lands Administration (ILA/イスラエル土地行政)規則によると、東エルサレムの住人は、エルサレムの住居の殆どで所有権を得ることができない。イスラエル市民が、アパートか住居を購入する場合、家屋の登録のみ可能にして、土地の所有権は、49年間、それを購入者に賃貸するILAに残る(「タブー」)。ILA賃貸の第19条は、外国籍はILAの土地を賃貸できないと規定する。

 Zeev and Naomi Weil Lawyers and Notary Officeの弁護士、Yael Azoulayは、仮に外国人がアパートを購入するなら、ILAに、彼らが「帰還法」に則り適格にイスラエルに移住した証拠を示さなければならないと説明する。非ユダヤ外国人はアパートを購入できない。 このグループには、イスラエル市民というよりむしろイスラエル住人のIDを持つ、市の東(東エルサレム)のパレスチナ人が含まれる。

全文:HAARETZ.com
posted by mizya at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。