2009年07月25日

ユダヤ人入植地への米国圧力が販売に拍車

2009年07月22日、npr
Peter Kenyon

 オバマ政権とベンヤミン・ネタニアフ首相のイスラエル政府との関係は、新たなユダヤ人入植地建設停止のイスラエルの拒否で悪化し続けている。
 しかしオバマ政権が、すべての新規ユニット凍結への圧力を続ける中、不動産業者は、東エルサレムと西岸の両方で、アパート購入に突進していると報じられている。


不動産ブーム
 イスラエルの最近の入植活動は、信号に関する古い冗談を観察者に思い出させる。少年が、信号の意味を尋ねられ、彼の両親の運転に思いめぐらし、言ったのは:赤は「止まれ」、緑は「行け」、そして黄色は「突っ込んで行け」
 エルサレムの東の丘の現代的できれいな入植地、マアレ・アドゥミムで、開発業者は、アメリカの圧力を黄色信号と見て、アパートにミニ突進で応じている。
 工事の音は、西岸の赤い岩の丘に鳴り響く。(略)

高値は抑止にならない
 不動産業者、Ayalon Cohenは、イスラエルの最速で増加する町に匹敵する、毎月6から10ユニットを販売していると語る。入植地凍結話はビジネスに良いように見える。
(略)
 オバマ声明の前、マアレ・アドゥミムの3寝室のアパートは21万5000ドルで売れた。 現在、価格は24万4000ドルまで跳ね上がった。(略)

入植地に根づく家族
 反入植活動家は、入植地拡大が、イスラエル人とパレスチナ人の二国家解決を実行不可能にする系統的目論見と主張し、入植地拡大に関して「自然」はないと語る。(略)

全文:npr

アーカイヴ:イスラエル大臣:西岸入植地凍結はない(06月01日)


posted by mizya at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルゼンチン:デモ参加者がイスラエル外相「歓迎」

2009年07月24日金曜日、PRESS TV

 イスラエル外務大臣、アヴィグドール・リーバーマンは、多くがラテンアメリカの国への彼の訪問に抗議して街頭デモをした頃、アルゼンチンに到着した。
 リーバーマンのアルゼンチン訪問は、イスラエル外務省が、ラテンアメリカの国ぐにに、イランの増加する侵害に対抗するよう言うための、南米国家への10日間ツアーの最新の行程である。
 首都、ブエノスアイレスで、数百人が、彼の訪問と中東でのイスラエル政策に反対してデモをしたと、AP通信は報じた。

 外務大臣は、ラテンアメリカの国との共同で、反イラン協力戦線樹立への支持獲得に失敗した最初の訪問国、ブラジルの後、アルゼンチンに到着した。
 ブラジルで、リーバーマンは、ブラジル大統領、ルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバと彼の片割れ(ブラジル外相)、Celso Amorimとの共同記者会見に加わった。
(中略)
 イランに対するスタンスを変えるよう求めるイスラエルへの返答に、ブラジル外務大臣は「もっぱら非軍事」目的で「証明可能な」枠組みの中で、テヘランの核技術開発を擁護した。

全文:PRESS TV
posted by mizya at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラビア語でハリー・ポッターを読みたい? イスラエルでは読めない

2009年07月22日、HAARETZ.com
Yuval Azoulay
アラビア語書籍の地域最大の出版社、シリアかレバノンの書籍は、イスラエルでは違法である。国会議員、Yuli Tamir(労働党)による草案が、禁輸を変えるだろう。 しかし差し当たり、イスラエルのアラビア語読者はバリケードに遭遇しなければならない。

 2日前、イスラエル北部、Ma'alot近くのMi'ilya村住人、マリアム・カシスは、アンマン訪問から戻った。彼女が、イスラエルとヨルダンの間の国境検問所のエックス線通過にバッグを渡したとき、イスラエルの税関検査官は、彼女が父親のためヨルダンの首都で求めた"Qawlun ala Qawl"(「ことわざに言う」)のシリーズ12卷の調査に時間を費やした。
(中略)
(アラビア語を読むことも話すこともできない)税関検査官は、本を「没収資産」と宣告した。

続きは:HAARETZ.com
posted by mizya at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。