2009年07月29日

アレンビー:業務時間を真夜中まで延長

2009年07月28日、Ma’an

 民事局トップ、フセイン・アッシェイフによれば、イスラエルは、旅行者と貨物のため、8月4日から、アレンビー橋の開業時間を真夜中まで延長することに同意した。

 イスラエルがパレスチナ人のベングリオン国際空港利用を禁止したので、パレスチナ当局が、西岸パレスチナ人のヨルダン経由の海外旅行を容易にするため、イスラエルに開業時間延長を要請したと、火曜日、アッシェイフは説明した。
 アレンビー橋は、それをアル-カラメと呼ぶ西岸のパレスチナ人が利用可能な唯一の国際的国境検問所である。エリコの東、5キロメートルに位置し、橋は古代ヨルダン川にかかる。
(中略)
パレスチナ人と外国の旅行者のみ、この橋を利用できる。パレスチナ系イスラエル市民は利用できない。現在、2つに分かれた通路がある:ひとつはパレスチナ人用、もうひとつは旅行者とその他用。外国人旅行者用は、PA職員ではなく、イスラエル国境警備によってのみ配置される。

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オランダ当局:左翼グループへの資金提供でのイスラエルの不平を否定

2009年07月27日、Haaretz
Cnaan Liphshi

 オランダからの外交官は、オランダが、論議を呼ぶイスラエル人権擁護団体のため資金援助していると、イスラエルから不平を受けたとの報道を否定した。しかし、日曜日、Haaretzにより報道されたように、イスラエル当局は不平を言ったと主張した。
 その間、オランダ最大の親シオニスト団体は、問題の組織、Breaking Silence(沈黙を破る)が、オランダ政府から「基金を受けるに値する」と語った。

全文:HAARETZ.com
posted by mizya at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルアクサーで、松の木倒れる:イスラエル発掘の責任と委員会

2009年07月28日、エルサレム、Ma’an

 パレスチナは、火曜朝、聖地の縁の非常に古い木が倒れたことの原因が、イスラエルのアルアクサーモスク複合施設の地中発掘にあると非難した。
 Cotton Marketの近くのQaytbay路地近くに根づく、殆ど古代松の倒壊は、エルサレム寄金事務所の総代表が組織する委員会により調査されるだろう。
 事務所は、イスラエルの掘削機が掘り返す、モスクとその複合施設の地中で進む、根系を破壊する発掘に続き、何本かの木が立ち枯れて倒れたと語った。

原文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PNGO:イスラエルとの正常化促進の欺くスローガンに警告

2009年07月26日、ラマッラ、PIC

 The Palestinian Non-Governmental Organization Network (PNGO/パレスチナ非政府組織ネットワーク)は、疑わしげな役目を担い、欺くようなスローガンを用いてイスラエル占領との結びつきの正常化を促進している多くのパレスチナ団体に警告した。

 日曜日に発行された声明で、これに関しネットワークは、近しい協力と「ミスリードされた」団体とイスラエル対応者間の関係に、イスラエル団体と取り引きすることにより、それら団体が、禁じられたパレスチナ限界のレッド・ラインを越えたと強調、怒りを表明した。
「ことさら、米国、EU、世界の他の国々が、イスラエルの占領に対し、西岸での入植活動の恒久的凍結の圧力をかけている時に、またパレスチナの人びとが、世界中のより多くの支持を得ている時に、イスラエルという敵との正常化は、パレスチナの土地とパレスチナの人びとに対する由々しき違反であると、わたしたちは明確にはっきり言いたい」とPNGOの声明は強調した。
 ネットワークは、イスラエル占領とパレスチナの人びとの間は問題ないのだと、世界の人びとを思い違いさせる目的で、世界中のイスラエル諸団体と共同事業を保持する疑わしきパレスチナ団体を率直に非難した。
 PNGOによると、それらのグループ間のそのような関係は、イスラエルとの正常な結びつきは何かしら正常でそう遠くないとの、アラブ世界へ誤った信号を送ることになる。
 これに関し、ネットワークは、そのような事業の外国の資金提供者と資本家に、それら事業が、イスラエルにより占領されたパレスチナ領土で行われているのを思い出し、それら国際的に禁じられる活動を停止するよう、要請した。

原文:The Palestinian Information Center

「外国の資金提供者」にこの国も含まれているに違いない。「善意」に見せかけた「資金提供者」に問題の多くはある。
関連記事:JICA(国際協力機構)のヨルダン渓谷開発提案に対する意見書 パレスチナ情報センター
ラベル:PNGO 占領
posted by mizya at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。