2009年07月31日

イスラエル刑務所に拘留されている子どもたちのために空へ飛ばされた500個の風船

      11037.jpg


2009年7月28日 ラマッラMA'an

350人近いパレスチナの未成年者がイスラエルの刑務所に拘留されていることに抗議し、500個の風船が空に飛ばされた。拘留されている子供たちの家族たちの抗議団体によって、緑、赤、白、黒の風船はラマッラのアルマナーラ広場から放たれた。それぞれの風船にはイスラエル軍によって現在拘留されている子供たちや以前拘留されていた子供たちの名前が書かれていた。

子供たちの母親や父親、兄弟や姉妹は彼らの愛するものが描かれた絵を持ってきていた。その中の母親のひとりは、イスラエル当局による刑務所での面会が許可されず、2年以上も息子に会っていないと話した。
もうひとりの母親は息子に面会は出来たが、それは酷い経験だった。「私たちは面会のあいだイスラエル兵士や看守に屈辱的な扱いを受けました。また彼らは私たち家族に、子供たちとの自由な面会を許しません。」と話した。

原文:Ma'an News Agency



posted by スーザン at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

証言:パレスチナ製

2009年07月29日、AlJazeeraEnglish
 クフィーエは、実用的なヘッドドレス以上であり、最近の何十年かは、自決権を求めるパレスチナ闘争の象徴ともなっていた。ドキュメンタリーは、グローバル化とイスラエルの占領で、最終的に中国との競争の犠牲になった西岸最後のクフィーエメーカーに焦点をあてる。

Part 1

Part 2

 イスラエルでもクフィーエをつくっているなんて驚き。土地も文化も盗んでいく。イスラエル人が身につけるわけでなく、観光客が買っていくのだとか。少し長い、でも最後までみて欲しい。


posted by mizya at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | documentary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。