2009年08月14日

ガザへのサイクリスト、検問所で拒絶

2009年08月11日火曜日、BBC NEWS

学生は、やけどの犠牲者のための治療費を工面し、イギリスからガザまで何千マイルも自転車をこいだ - ただ検問所でガザ入りの拒絶にあうためだけに。

_46190262_jex_2109_de27-1.jpg
Gearoid O'Cuinnはガザへの旅で他のライダーに加わった

 ノッティンガムの学生、Gearoid O'Cuinnは、イギリスから中東まで、集団と共に自転車をこいだが、イスラエル当局に、ガザへの境界で追い返された。
 しかしながらO'Cuinnは、ヨーロッパ横断の道のり、チームは寄付を受け取ったのだから、旅は無駄ではなかったと語った。

全文:BBC NEWS


posted by mizya at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル:人権団体の動機に疑問

2009年08月13日、AlJazeeraEnglish

Human Rights Watch(HRW)は、1月のガザ攻撃で、無法に11人のパレスチナ市民を殺したことで、イスラエル兵士を避難した。『ガザで白旗を掲げ殺された市民』は、パレスチナ人に対するイスラエルの行動を避難するHRWの5カ月で3番目の出版となる。

批判に対する反撃で、イスラエル政府はどうやら人権擁護団体を疑うキャンペーンを開始した。
アルジャジーラのダン・ノーランがエルサレムから報告する。

http://www.youtube.com/watch?v=V-h-MGF7vFo

関連:Human Rights Watch報告書(PDF)『白旗の死』はここ

アーカイヴ:イスラエル、ガザでの「イスラエル防衛軍犯罪」を暴くグループへのイギリス基金を標的にする(08月03日)
posted by mizya at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナハレルバレド再建開始

第1段階、150の再建に1年かかるだろう
Michael Bluhm
2009年08月12日水曜日、Daily Star

ベイルート: 土建業者は間もなく、2007年中頃の闘いの最中、ナハレルバレド難民キャンプで破壊されたパレスチナ人家屋再建の基礎を据えると、国連救済事業機関(UNRWA)の職員は、火曜日、Daily Starに語った。再建努力の最初の部分;およそ500家族の家屋を含む150の構造物部門;は完成に1年が見込まれ、2007年5月、衝突勃発以来ほぼ3年となる来年夏、難民家族が家に戻れることを意味すると、ナハレルバレドのUNRWA計画責任者、チャールズ・ヒギンズは語った。レバノン軍とファタハ・イスラム民兵との3カ月以上の戦いは、表向きには、3万1000人以上のパレスチナ難民の住まいだったキャンプを真っ平らにした。

全文:The Daily Star
posted by mizya at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。