2009年08月23日

人権調査で報告される増加する入植者暴力

2009年08月21日、ナブルス、PNN
Amin Abu Wardeh

 最新の調査が、顕著な増加を示すように、入植者犯罪の統計は不穏である。

 イスラエル入植者は、西岸を覆う入植地に点在する。すべてが、国際法の下で不法だが、ともかくも存在する。ユダヤ人過激派は、「組織的で拡大する戦争の予兆」と、西岸住人の多くが看做さざるを得ない方法で行動している。
 イスラエル軍は、入植地建設、農地の没収と破壊、家屋とパレスチナ市民所有の他の物体の破壊、オスロ合意の分類に従うC地域でのパレスチナ一般市民に対する制限政策の行使を続けている。

 オスロとC地域への突然の関心は、西岸での入植プロジェクトを拡大する私利から来ていると、パレスチナ人権センターは語る。

原文:Palestine News Network

アーカイヴ:入植者:西岸で不法な前哨基地を急速に増加(08月20日)


posted by mizya at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東エルサレム追い立てで代表団:ことばだけでは足りない

2009年08月22日、エルサレム、Ma’an

 国際社会は「イスラエルへのすべての軍事援助と西岸の入植地への投資を中断」しなければならないと、元EU議会副大統領、Luisa Morgantiniは、金曜日、追い立てられた東エルサレムのパレスチナ人の家の外で語った。
「入植を停止するよう要請するだけでは、十分ではない。国際社会が具体的な行動を取る必要がある」と、彼女は語った。

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:パレスチナ人・イスラエル左派がシェイフ・ジャッラで抗議行動(08月20日)
posted by mizya at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。