2009年09月06日

国連:水危機でガザ封鎖を緩めるよう勧告

2009年09月03日木曜日、AFP
ベイト・ラーヒヤ、ガザ回廊

 国連高官は木曜日、ハマース管理のガザ回廊の禁輸を緩和し、上下水道修理の緊急に必要とされる材料を許すようイスラエルに勧告した。
「ガザの上下水道施設の劣化と故障は、ガザ回廊での人間としての尊厳の既に深刻で長引く否認をいっそう酷くしている」と、国連パレスチナ地域人道調整官、Maxwell Gaylardは記者団に語った。
(中略)

 Gaylardは、イスラエルに「建設材とガザ回廊に存在する上下水道危機への対応に必要な修理材搬入の即座の措置を講ずる」よう勧告した。

全文:Yahoo! news



posted by mizya at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノルウェー基金:壁の仕事でイスラエル企業を追放

2009年09月03日木曜日、ロイター
オスロ

 ノルウェーの4000億ドル以上の豊富な基金は、西岸分離壁の監視装置を供給するイスラエル企業、Elbit Systems (ESLT.TA)を除外したと、政府は木曜日、語った。
「わたしたちは、それほど直接的に国際人道法違反に寄与する企業に資金提供を望まない」と、クリスティン・ハルボルセン大蔵大臣は声明で語った。

全文:REUTERS

アーカイヴ:ノルウェー:イスラエルへの投資倫理を調査(08月01日)
posted by mizya at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

司教はイスラエル軍がラジオを止めた後ベツレヘムの自由の声沈黙について語る

2009年09月02日、PNN
エルサレム

 パレスチナ・メディアに対するイスラエルの攻撃は、最近の、ラジオ・ベツレヘム2000の放送設備の没収など最も露骨な行為の1つで、気づかずにはいかない。イスラエル軍が再開するなら砲撃すると脅した後、放送局は、放送を止めたままだ。アタラ・ハンナ司教は、報道の自由に対するこの最新の暴力の後、ラジオ・ベツレヘム2000とすべてのパレスチナ・メディアへの連帯を表明した。彼は今日、「この悪辣な攻撃は、すべての真実を送ろうとする、アラブとパレスチナの自由メディアを害する目論みの占領政策に陥る」と語った。司教は水曜日のコメントで、「わたしたちはパレスチナ・メディアの追跡とその仕事の妨害を遺憾に思う。わたしたちは、ベツレヘムの中心で、純粋な国民的音、有意義な声の沈黙を強く非難する」と付け加えた。彼は「わたしたちは、自由の声を黙らせる目論見の政策に直面し、ラジオ・ベツレヘム2000への連帯を断言し、すべての役人、市民、メディアが共に立ち向かうことを要求する時点にいる」と語った。

原文:TMC net.com
posted by mizya at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トロント宣言:占領に祝賀はない

2009年09月02日水曜日
トロント国際映画祭への公開書簡
(翻訳の時間がないので原文で:この公開書簡への署名の送り先は最終行)

An Open Letter to the Toronto International Film Festival:

September 2, 2009

As members of the Canadian and international film, culture and media arts communities, we are deeply disturbed by the Toronto International Film Festival’s decision to host a celebratory spotlight on Tel Aviv. We protest that TIFF, whether intentionally or not, has become complicit in the Israeli propaganda machine.

In 2008, the Israeli government and Canadian partners Sidney Greenberg of Astral Media, David Asper of Canwest Global Communications and Joel Reitman of MIJO Corporation launched “Brand Israel,” a million dollar media and advertising campaign aimed at changing Canadian perceptions of Israel. Brand Israel would take the focus off Israel’s treatment of Palestinians and its aggressive wars, and refocus it on achievements in medicine, science and culture. An article in Canadian Jewish News quotes Israeli consul general Amir Gissin as saying that Toronto would be the test city for a promotion that could then be deployed around the world. According to Gissin, the culmination of the campaign would be a major Israeli presence at the 2009 Toronto International Film Festival. (Andy Levy-Alzenkopf, “Brand Israel set to launch in GTA,” Canadian Jewish News, August 28, 2008.)

In 2009, TIFF announced that it would inaugurate its new City to City program with a focus on Tel Aviv. According to program notes by Festival co-director and City to City programmer Cameron Bailey, “The ten films in this year’s City to City programme will showcase the complex currents running through today’s Tel Aviv. Celebrating its 100th birthday in 2009, Tel Aviv is a young, dynamic city that, like Toronto, celebrates its diversity.”

The emphasis on 'diversity' in City to City is empty given the absence of Palestinian filmmakers in the program. Furthermore, what this description does not say is that Tel Aviv is built on destroyed Palestinian villages, and that the city of Jaffa, Palestine’s main cultural hub until 1948, was annexed to Tel Aviv after the mass exiling of the Palestinian population. This program ignores the suffering of thousands of former residents and descendants of the Tel Aviv/Jaffa area who currently live in refugee camps in the Occupied Territories or who have been dispersed to other countries, including Canada. Looking at modern, sophisticated Tel Aviv without also considering the city’s past and the realities of Israeli occupation of the West Bank and the Gaza strip, would be like rhapsodizing about the beauty and elegant lifestyles in white-only Cape Town or Johannesburg during apartheid without acknowledging the corresponding black townships of Khayelitsha and Soweto.

We do not protest the individual Israeli filmmakers included in City to City, nor do we in any way suggest that Israeli films should be unwelcome at TIFF. However, especially in the wake of this year’s brutal assault on Gaza, we object to the use of such an important international festival in staging a propaganda campaign on behalf of what South African Archbishop Desmond Tutu, former U.S. President Jimmy Carter, and UN General Assembly President Miguel d’Escoto Brockmann have all characterized as an apartheid regime.

This letter was drafted by the following ad hoc committee:

Udi Aloni, filmmaker, Israel; Elle Flanders, filmmaker, Canada; Richard Fung, video artist, Canada; John Greyson, filmmaker, Canada; Naomi Klein, writer and filmmaker, Canada; Kathy Wazana, filmmaker, Canada; Cynthia Wright, writer and academic, Canada; b h Yael, film and video artist, Canada

To add your name to this letter, please send your name, occupation and country to tiff.letter@gmail.com. We will accept signatures until September 8, 2009
 この公開書簡に名前を追加するには:
氏名・職業・国名をtiff.letter@gmail.comにメールしてください。2009年9月8日まで受け付けます。

原文所在:Toronto Declaration

関連記事:「トロント映画祭:テルアヴィヴ・スポットライトへの批判にそれる」HAARETZ.com

アーカイヴ:イスラエル映画制作者へのアピール(09月04日)
posted by mizya at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

入植者ら、西岸南部でパレスチナの土地に放火

2009年09月02日水曜日、IMEMC
Ghassan Bannoura

イスラエル入植者グループが水曜日、西岸南部、ヘブロン近くのパレスチナ人所有の土地に放火した。

 地元筋は、土地はヘブロンに近いサファ村の農夫による所有と語った。彼らはまた、火事はBeit Ein入植地に近づいたと付け加え、イスラエル軍が、入植地側の火事を止めたものの、パレスチナ側の火事は広がるにまかせたと、目撃者は報告した。
 村人は、彼らが火事を止めるため土地に到達するのを、兵士らが拒絶したが、国際平和活動家が来ると、村が火事を止めるのを許し、兵士らは立ち去ったとと語った。火災が土地の少なくとも1エイカーを損傷した付け加えた。

原文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:バットアイン入植者がパレスチナ農地に放火(07月13日)
posted by mizya at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラマダーンで「占領ナツメヤシ」を買わないよう注意

Adri Nieuwhof
2009年09月02日、The Electronic Intifada

 イスラエル最大の輸出業者、Agrexcoは、占領下西岸の不法入植地で生産されたナツメヤシで、再び非難を受けている。今年、この会社のナツメヤシは、イスラム教の聖なる月、この期間、信心深いイスラム教徒は日の出から日没まで断食し(日没後)断食はナツメヤシを食べることで破られる、ラマダーンに間に合うよう届いた。

 イスラエルと占領下西岸の不法入植地の両方で生産される、花・野菜・ナツメヤシを含む果物を販売するAgrexcoは、Carmelナツメヤシの輸出で10%(収益)増を期待する。しかしながら、ベルギー、フランス、オランダ、南アフリカ、イギリスの連帯組織からの、この会社のパレスチナの土地のイスラエル不法占領への関わり故に、イスラエル・ナツメヤシ・ボイコットの増大する呼びかけで、販売は妨げられるかもしれない。

全文:The Electronic Intifada
posted by mizya at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第7回アパルトヘイト・ウォール反対週間に結集を

パレスチナ草の根反アパルトヘイト・ウォール・キャンペーン
2009年09月01日

アパルトヘイトに反対して繋がろう

パレスチナの壁を破壊し
ガザ封鎖を破ろう

呼びかけ:
第7回アパルトヘイト・ウォール反対週間
2009年11月9-16日

パレスチナ草の根反アパルトヘイト・ウォール・キャンペーンの民衆委員会とメンバー組織は、2009年11月9日から16日まで、活動家が、西岸とガザのアパルトヘイト・ウォールに反対する世界的結集週間に着手するよう呼びかけます。

全文:Stop The Wall

posted by mizya at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。