2009年09月14日

彼はアラブ人、だから怖い!

2009年09月12日土曜日、IMEMC
Saed Bannoura

残念ながら、この一編のタイトルは、フィクションでなく、武装イスラエル入植者が、被占領東エルサレムを含む占領地でパレスチナ人数人を撃ち、負傷させ、殺した現実の物語と事件に基づいている。

 わたしがこの断片を書く動機は、2009年9月11日金曜日に起こった事件にある。この事件は、東エルサレム地域で、パレスチナ人ふたりを撃ち、負傷させた、というのも、単に彼が「怖い」と感じて、彼らが武装していたからでなく、そして彼らは武装していなかったが、単に彼らの存在に脅かされていると感じた、ひとりのイスラエル人入植者が関わる。

 この入植者は、イスラエル警察により逮捕され、東エルサレムの駐車場でアラブ人を見て怖いと感じた、と語った。

「怖いアラブ人」は、ひとりの男と13歳の子どもだった。彼らは、入植者が彼らを射撃し始めた金曜日の晩、エルサレム旧市街の駐車場にいた。

 入植者は当初、彼が6人に攻撃されたので、彼専用のライフル銃を使い射撃したと主張した。

 後になって、彼は、ただふたりがアラブ人であり、彼らが近くにいるという単純な事実に、怖いと、脅かされていると感じたとイスラエル警察に明かした。彼は、たまたま駐車場にいたアラブの男と子どもを、怖いと脅かされていると感じただけだった。

全文:International Middle East Media Center

 自らの凶暴性の影に怯えるイスラエル人入植者、自らの凶暴性をパレスチナ人に投影する。
 ひと波が途絶える夜の旧市街は、わたしも怖い。旧市街に住む友人のパレスチナ人でさえ、仕事で遅くなった時など家にたどり着くまで怖いと言って、遠回りでもゲートから視野を遮らない路地を使うという。旧市街だけで200の監視カメラが設置されているという。


posted by mizya at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビリン活動家の夜襲捕獲がテープに

2009年09月13日、ベツレヘム、Ma’an

 ビリン住民は、イスラエルの住居侵入と、どちらも村の反壁集会のレギュラー参加者で、21歳のモハメド・アフマド・ヤシンとヤシン・モハメド・ヤシンの逮捕をテープに捕らえた。
 イスラエル軍が、午前2時をまわってすぐ、ビリンに侵入したと、民衆委員会は語り、国際活動家が侵入を撮影するのを妨げようと企て、プレスがその領域に近づくのを妨げた。
 最初、反壁抗議で地元住人に加わった(国際)活動家たちが、反壁集会の世話人たちを標的にする一連の襲撃に続き、今では、夜通し村に留まっている。イスラエル人や、国際活動家たちが村を離れるとき、イスラエル軍は、地元住民を襲撃して拘留するだろう。

by haitham al katib


 夏だというのに、イスラエル兵、覆面しているからには、勤しむ仕事が「汚い」と知っている?

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ人ドライバー:書類にもかかわらず荷下ろしを強いられる

ドライバーは、積荷を届けるためパレスチナの町、Ras Tiraに到着する。兵士らは、必要な書類がすべて揃っているにもかかわらず、彼に積荷の荷下ろし・再積み込みを彼の経費でするよう強制した
Ali Waked
2009年09月10日、Ynet

 丸石を積んだトラックのドライバーは、先週金曜日、トラックの中身を届けるため、パレスチナの町、Ras Tiraに向かった。
 彼は、Israel's Coordination and Liaison Authority(イスラエル調整連絡当局)が署名した、商品配達のための適切な文書すべてを持っていたにもかかわらず、検問所のイスラエル軍兵士らから、トラックの床板をチェックできるように丸石を降ろせと求められ衝撃を受けた。

 分離フェンスが、Ras Tiraを、西岸のパレスチナの町の主要な固まりから分離し、カルキリヤに近いフェンスの片側に飛び地をつくる。
 Ras Tira市長、ヒシャーム・ マラアデは、ドライバーが午前6時30分頃に町の入り口に到着したが、兵士らへの状況説明で12時までそこに留め置かれたとYnetに語った。

 ドライバーは、トラックから丸石を降ろすことに問題はないと兵士らに説明した。
しかしながら、サイズが大きくて、最終目的地にそれらを輸送するため車輌の上に再び積み込む方法はなかった。
 これら(のことば)が、兵士らを思いとどまらせるとは思えなかった。彼らは、彼に、岩石を降ろせと言い張り、ドライバーは、結局、折れた。 彼はそして、重量ある品物をトラックに再び積んで戻すため、クレーン付きトラクターを注文し、費用を彼の財布から支払わなければならなかった。午後3時、ドライバーと積荷が町に入るためだけに。

「これらの場面はほぼ毎日ある。わたしたちが良くない係官に出くわすとき、主に住民と、ことさら積荷を運ぶドライバーの村の生活は、 悪夢と化す」と、マラアデは語った。

全文:Ynet news.com
posted by mizya at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。