2009年09月30日

パレスチナ人権センター:プレスリリース

2009年09月28日

PCHRは、イスラエルが入植者たちにアル-アクサー・モスクに入る許可を与え、パレスチナ市民に対し過剰な暴力を行使したことを非難する

 Palestinian Center for Human Rights (PCHR/パレスチナ人権センター) は、ユダヤ人入植者グループを、被占領東エルサレムのアル-アクサー・モスク構内に入ることを許したイスラエル政府の決定を強く非難する。PCHRはさらに、イスラエル占領軍(IOF)による、入植者が挑発的にモスクに入るのを妨げようと試みたパレスチナ市民に対する、過剰な暴力の行使を非難する。 PCHRは、元イスラエル首相、アリエル・シャロンが、アル-アクサー・モスク構内に入った、9年前に起こった同様の事件を思い起こす。この事件は、何千人ものパレスチナ市民が殺され負傷した、アル-アクサー・モスクでの暴動の導火線となった。PCHRは、イスラエル占領政府が、即刻、被占領エルサレムでのすべての入植活動を停止するよう、介入し圧力をかけるよう、国際社会に要請する。

プレスリリース全文:Palestinian Center for Human Rights

関連記事:「アラブ官僚がアクサー侵入を非難」AlJazeera.net
     「旧市街の衝突で何十人もの負傷、5人が逮捕」Ma'an News Agency

関連記事の別ヴァージョン:「神殿の丘暴動で35人が軽傷」Ynet news.com

「神殿の丘」とユダヤ人は呼びたがる。ハラム・アッシャリフだよ、と、つい、言いたくなる。「別ヴァージョン」にしたのは、入植者グループをツーリストとしているから。近年、観光客はハラム・アッシャリフに入れない。イスラエル占領軍が封鎖しているから。世界中からエルサレムにやってきて、「岩のドーム」を訪ねたい観光客をシャットアウトしておいて、アル-アクサー・モスクの破壊を計画する過激派入植者ばかりを、ハラム・アッシャリフに導き入れるイスラエル政府の目論みは明らか。インタナショナルズは入れないのだから、ここはイスラエル人活動家に踏ん張ってもらいたいところ、う〜ん、右翼じゃないと入域を許可しない可能性はなくもない。


posted by mizya at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入植者が22ユダヤ家族向けに東エルサレムの家を売り出す

2009年09月27日、Haaretz
Nir Hasson

 ユダヤ人住民を東エルサレムに植民する組織は、城壁で囲まれた市(旧市街)のアラブ地区に、ユダヤ人人口を1,000人に到達させる22ユダヤ家族に売る、6つの所有財産を旧市街に持っていると語った。

 Ateret Cohanim協会が、建物を売り出すためと見える取り組みで配る新たな小冊子に、「エルサレムの中心が我々を呼んでいる」と読める。 「ユダヤ人社会の繁栄に22家族を加える可能性を開く、登録された6資産が現在販売中」。

 小冊子にはまた、これら22家族が、旧市街(ユダヤ・コーター住民を含まずに)に住むユダヤ人数を1,000人にすると記す。続けて:「国連と世界中の国々が、ユダヤ人の手からエルサレムと聖地を強制的に取り上げようと企む時、旧市街の中での、安定的で強力なユダヤ人存在は、この精神的中心を維持し支配する民族として、我々の力量に重要となる」。
(後略:これ以上翻訳を続けると不整脈を発症しそう。続きは原文で)

全文:HAARETZ.com

 国連と世界中の国々は、イスラエルがパレスチナ人から取り上げるのを阻もうとしているのであって(真剣の度合いはともかく)、ユダヤ人の手から取り上げようとしている訳ではない。そもそも彼らのものではないのだから。
posted by mizya at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レナード・コーエン:5万人の前で歌う

2009年09月25日、Haaretz
City Mouse

 ベテラン歌手、レナード・コーエンは、彼のショーのチケットが、1,000から1,200シェケル(ほぼ250から300ドル)したにも関わらず、12時間もしないうちにすべて売り切れるというイスラエルの記録を破り、木曜夜、Ramat Gan競技場のステージを務めた。
(中略)

 コンサートの前、競技場のVIP区画で、遺族となったイスラエル・パレスチナ家族を支援する、和解・寛容・和平のレナード・コーエン基金のためのイヴェントが開催された。このイヴェントで、交付金が、イスラエル-パレスチナ紛争から、個人的苦痛を被ったものの、平和を信じ、その達成に務める人びとに与えられた。
(後略)

全文:HAARETZ.com

アーカイヴ:レナード・コーエンはテルアヴィヴを歌わない!(09月13日)
posted by mizya at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。