2009年10月01日

過激派は何週間もアル-アクサー攻撃を企ててきた

2009年09月27日、エルサレム、PNN
Maisa Abu Ghazaleh

 今日のアル-アクサー・モスク構内で続いた攻撃、散発的戦闘は門外に及んだ。
 何十人もの人びとが、ガス、弾丸、殴打で負傷し、他は逮捕された。
 バーブ・ハッタ門で、正午の祈りの直後、多くの若者が、そこのイスラエル秘密ユニットにより逮捕された。50歳以下のすべてのイスラム教徒は、入域を禁止されてきた。彼らはまた、ジャーナリストが、逮捕と殴打の撮影をするのを妨げた。学生たちは、デモンストレーションお決まりのスローガン、「我が血を捧げる、我が身を捧げる、あなたに、アル-アクサー」と叫んだ。

 Endowment総裁、Sheikh Abdul Azim Salhabは、イスラエルの行為を糾弾した。 「一貫して、過激派はここ何週間か、警察が1976年以来、イスラエルが支配してきた鍵(を持つ)Magrahbi門から彼らの入域を助長する一方で、違った門からのアル-アクサーへの襲撃を企ててきた。これらの企ては、アル-アクサー・モスクの神聖を汚すこと、最も聖なる聖域で、イスラーム教徒のこころを挑発することを目論んでいる」。
 Sheikh Salhabは、モスクガードの自警と礼拝者の存在を称賛し、アル-アクサー・モスクが標的となっていることに対する、すべての、パレスチナ市民、アラブ人、イスラーム世界の認識の必要性を強調した。「わたしたちは、エルサレムが、入植地建設と発掘でユダヤ化されている中、わたしたちの周りの危険を注視しなければならない」。
(後略)

全文:Palestine News Network

関連記事:「アル-アクサー・モスクでのイスラエルの行為にレバノンに広がる怒り」The Daily Star
     「ヨルダン専門家連合:アル-アクサー・モスク事件でイスラエル大使追放を求める」新華社

アーカイヴ:パレスチナ人権センター:プレスリリース(09月30日)


posted by mizya at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ人はバラクの逮捕を求める

2009年09月29日火曜日、Al Jazeera

 パレスチナ人家族のグループが、ガザ回廊での戦争犯罪を申し立て、イスラエル国防相、エフード・バラクをイギリスで起訴し、捕まえようと試みていると、弁護士はアルジャジーラに語った。

 家族の弁護士は、イギリス当局が、このケースでの管轄権があるかどうか決定する前、火曜日に、ロンドンの地裁に提出するだろう。
 家族は、今年はじめのガザ戦争での、年老いたパレスチナ大臣の暗殺と無法な一般市民殺害を含む戦争犯罪を犯したとしてバラクを告訴する。

 彼らは、イスラエル労働党友党(?)会議に向け、イギリスを訪問中のバラクに、逮捕状が出されることを望んでいる。
 イギリスを拠点とし、このケースを担当する弁護士、Michel Massihは、英政府が「戦争犯罪に関わったと申し立てられる人びとを積極的に追跡する」義務があると信じていると語った。

全文:Al Jazeera English

関連記事:「バラクはイギリスを離れろと警告された」Ynet news.com
パレスチナ家族を代理する弁護士が、ロンドン裁判所に、戦争犯罪容疑の国防相逮捕令を求める。Ynetは、バラクが即刻イギリスを離れるよう促されたがそうしなかったことを掴んだ。
posted by mizya at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。