2009年10月02日

「わたしたちはイスラエル係官に対する訴訟を求め続ける」

イギリスでの、国防相、エフード・バラクを逮捕させようとしたイギリス人弁護士は、ガザ戦争にかかわったイスラエル係官の告訴の努力は手加減されないと語る

Hagit Klaiman
2009年09月30日、ロンドン

 イギリス当局が、ガザ戦争で犯したとされる戦争犯罪で、国防相、エフード・バラクを逮捕するよう、法廷申請を組織したAli Tayeb弁護士は、火曜日、イギリスに到着するいかなるイスラエル係官に対しても訴訟を追求し続けると語った。

 その前、ロンドン裁判所は、バラクは外交特権を持つので起訴できないと語り、申請を却下した。
 パキスタン系イギリス人、Tayebは、Michel Massiah弁護士が裁判所に提出した動議を準備した。彼は、イスラエル係官が「彼らに対し、わたしたちは追求の手を緩めないと知るべき」と、Ynetに語った。
(後略)

全文:Ynet news.com

「外交特権」など逮捕しない言い訳に過ぎない。

アーカイヴ:パレスチナ人はバラクの逮捕を求める(10月01日)


posted by mizya at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプト・メディアグループの大規模イスラエル・ボイコット

2009年09月28日、Haaretz
Jack Khoury

 ロンドンのアラビア語日刊紙、 A Sharq al Awsatは、月曜日、強力なエジプト・メディアグループ、アル・アハラムの理事会が、イスラエルとイスラエルのすべての見解をボイコットすると決定したと報じた。

 アル・アハラムグループは、エジプトで最も強力なメディア体と考えられている。アル・アハラムは、エジプト政府の公式代弁者と考えられる新聞を発行する。

 激しい議論の末、9人の役員中6人以上の大多数により承認されたボイコットは、イスラエル人に会いインタビューすることの禁止、イスラエルが関わるイヴェント(セミナー・会議・講演)への参加の禁止を含む。
 報道によると、理事会は、イスラエル人がアル・アハラム事務所の建物に入ることもまた禁じた。禁止は、エジプト駐在のイスラエル外交官を含む。
 同じ会議で、アル・アハラムの民主主義雑誌編集長、Hala Moustafa博士の、今月初め、イスラエル大使、Shalom Cohenと会見したときの、彼女が引き起こした怒りと非難の問題にも対処すると決定された。

 会議の決定に関する声明は、エジプト大統領、ホスニ・ムバラクに個人的に送られた。

 アル・アハラム日刊紙の編集主任は、アル・アハラムグループが常に、対話と、イスラエルに対する差別を含む差別反対を支持してきたが、イスラエルが「平和に反し、また、平和に反し殺害と破壊を支持する過激派政府を選出した」という現実が、グループの見解を変えた、と語った。
 彼は、グループが「占領地からのイスラエル撤退を意味する」持続する公正な和平の達成まで、「正常化」とイスラエルとの接触を阻止するため取り組むだろうと、付け加えた。

 Moustafa博士は、月曜日、彼女がまだ会議の決定に関する通知を受け取っていないと語った。しかしながら、彼女への調査は火曜日に始まると考えられている。Moustafaは、彼女の姿勢を擁護し、イスラエルとエジプトが平和条約に署名しているので、イスラエル大使との会見はエジプトの法律に反しないと主張する、と語った。

原文:HAARETZ.com

posted by mizya at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがパレスチナ自治政府にハーグでの戦争犯罪訴訟を止めるよう要求

2009年09月27日、Haaretz
Amos Harel and Avi Issacharoff

 イスラエルとパレスチナ自治政府間の緊張が、ラマッラの、ハーグの国際法廷への、ガザ回廊でのキャスト・リード作戦でイスラエル国防軍が犯したとされる「戦争犯罪」の主張の調査要請後、高まっている。問題は、イスラエル防衛指導部と西岸のカウンターパートとの安全保障体制間の関係に於いて、既に議論となっており、そして、パレスチナ自治政府官僚の行動に関する増加するイスラエル不平リストの一部である。

 その間、イスラエルは、パレスチナ自治政府に、西岸でふたつ目となる携帯電話プロバイダの事業認可 - パレスチナ自治政府指導部にとって死活的に重要な経済問題である - は、パレスチナが国際法廷への要求を取り下げることが条件と警告した。

 ふたつ目の携帯電話会社問題は、パレスチナ自治政府、国際カルテット、イスラエルの間での議題の中心で、数カ月にわたり進められてきている。現在の、唯一のプロバイダは、Pal-Telで、パレスチナ自治政府首相、Salam Fayyadは、西岸で民間インフラを増進する別の運搬人の導入が重要なステップとみなしている。プロジェクトは、ふたつ目のプロバイダとして供給が組まれた会社、Watanyaにとって中心であり、利益は相当大きいと見積もられている。しかしながら、仮にプロジェクトが10月15日までに承認されないなら、パレスチナ自治政府は、既に認可とインフラに投資された合計、3億ドルと見積もられる罰金支払いを強いられる。
(後略)

全文:HAARETZ.com
posted by mizya at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。