2009年10月13日

東エルサレムのベイト・ハニーナで家屋破壊:所有者に手錠して

2009年10月12日、エルサレム/PNN

 イスラエルのブルドーザーは、市の北端で工事中の家屋の基礎を破壊する一方、今日正午、東エルサレムのベイト・ハニーナで家屋を破壊した。

 地元筋は、イスラエル兵士たちがアムジャッド・アッタリーキのベイト・ハニーナの所有資産と住人を襲撃したと報告する。所有者は破壊を止めようと試みて、破壊の間、手錠をかけられた。
 イスラエルの兵士と警察からなる大きな分遣隊は、破壊に備え、今朝早くからアッタリーキの家屋に交通遮断線を設けた。70平米の家は、7カ月前に引っ越してきた5人の人びとの住まいだった。

 ベイト・ハニーナから撤退した後、ブルドーザーは、この地区とシュアファト難民キャンプの間の土地に移動し、ザガル家の工事中家屋の基礎を破壊した。

原文:Palestine News Network

関連記事:「イスラエル軍がエルサレムでパレスチナ人の家屋を破壊」Ma'an News Agency

 家屋破壊の記事は殆ど毎日届くが、毎日家屋破壊ばかり掲載できない。だから時折思い出したように...


posted by mizya at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザでドキュメンタリー週間開始:封鎖・エルサレム・国民分断についての映画

2009年10月10日、ガザ、PNN

 ガザ回廊でドキュメンタリー映画の1週間が始まった。開始(式)は昨日、ガザ市のミシャル文化センターで開催された。

Commission on the Celebration of Jerusalem as the Capital of Arab Culture 2009(2009年アラブ文化の首都としてエルサレムを祝賀する委員会)による支援のドキュメンタリー映画週間は上映と美術展を含む。
 多くの映画監督、映画制作者、団体、製作会社と共に、Democratic Front for the Liberation of Palestine (パレスチナ解放民主戦線)がこのイヴェントを開催した。
 映画週間で上映される、ほぼ44本のドキュメンタリー映画の監督・団体の作品を反映する、58分に纏められたものが上映された。

全文:Palestine News Network

 山形ドキュメンタリー映画祭と時を同じくして、ガザでもドキュメンタリー映画週間。山形映画祭でのパレスチナを扱った作品は、「アジア千波万波」部門、シリア人監督アンマールの『サーミア』、「明日へ向かって」部門で『ジェニンの心』が上映された。『サーミア』上映で、ニューヨークから来日したサーミアは『ジェニンの心』を観たくないと、「パレスチナが占領され、土地を奪われ、人権が蹂躙される現実を、『臓器提供』の『人間愛』が曖昧にする」と言った。「批判するなら観た方がいい」と言ったが、わたしも観ていないので迫力はなかった。
posted by mizya at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fayyad、米国領事がサマリア水プロジェクトを公開

2009年10月08日木曜日、ナブルス、Ma'an

「この水プロジェクトは、パレスチナ人がこの土地で揺らぎなく生き延びることを可能にするだろう… それは、占領を終わらせるためのわたしたちの未来像の明確な奮闘である」と、暫定内閣パレスチナ首相、Salam Fayyadは、ナブルスのサマリア共同体を支援する基盤計画に資金提供したUSAIDのオープニングで語った。

 パレスチナ自治政府とUS Agency for International Development (USAID/米国国際開発局)は、木曜日、ナブルスのJerzim山で新プロジェクトを開始したと、援助組織、ANERAの声明で述べた。
 プロジェクト実施前、サマリア共同体は、1980年代に設置された水道施設に主に依存してきた。古い施設は、汚染を引き起こし、漏水でかなりの水量を浪費した。 共同体の多くが、水は飲むのに安全とは思えず、むしろ取り引きされる飲料水を購入した。

 サマリア共同体全体を合計しても723人、世界一小さな宗派と考えられている。彼らはナブルスの近くとイスラエルのHolonにしか住んでいない。共同体は、彼らが、イスラエル人としての本来の伝統を継承すると主張し、ユダヤ教と異なると断言する。

 Fayyad、米国総領事のDaniel Rubinstein、USAID使節団長のHoward Sumkaは、パレスチナ高官やサマリア共同体の代表団と共に開所式に出席した。
(後略)

全文:Ma'an News Agency

 シュロモ・サンドへのインタヴューを補強する筈。パレスチナに根を下ろし、アラビア語を母国語とするサマリタン。この水がイスラエル入植地に盗まれることがないよう願う。
posted by mizya at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。