2009年10月15日

国連投票に向けガザ報告への支持を集める

2009年10月14日、ベツレヘム、Ma’an

 ジュネーヴのパレスチナ解放機構使節が、国連人権理事会(HRC)での、ガザに対するイスラエルの冬の戦争に関するゴールドストーン報告支持への動きで、16ヵ国の支持を確実にしたと、交渉に詳しい代理人は火曜日、語った。

 HRCは、火曜日に発表の声明で、「被占領パレスチナ領域と東エルサレムの人権状況」について、特別総会を木曜日に開催すると認めた。 総会は金曜日まで続くと思われる。
 声明でHRCは、総会は「パレスチナの要請で開催される。要請は人権理事会の次の18の加盟国、すなわち、バーレーン、バングラデシュ、ボリビア、中国、キューバ、ジブチ、エジプト、ガボン、インドネシア、ヨルダン、モーリシャス、ニカラグア、ナイジェリア、パキスタン、フィリピン、カタール、サウジアラビア、セネガルによって共催される」と述べた。
 特別総会は、10月16日金曜日に続くと思われる。これは理事会の第12特別総会になるだろう。

 ベツレヘムの人権のためのEnsanセンター所長、シャウキー・イッサは、16ヵ国の代表が、HRCでの通過を確実にする方法について議論するため、火曜日、ジュネーヴで会議を開催したと語る。
 親ゴールドストーン陣営は、理事会47ヵ国の大多数形成に、もう8ヵ国の票を必要とする。イッサは、恐れは今、米国、イスラエル、および親イスラエル陣営が、報告に反対票を投じるよう主要国に圧力をかけることと語った。
 ジュネーヴの国際情報筋もまた、カタールが報告での新たなHRC総会開催に反対とMa’anに語った。他のアラブ諸国は、この問題に関する前の討論で、報告への支持を表明したので、この支持は続くと考えられる。
 総会で、報告に反対票を投じると想定される国は、中国、ロシア、米国、チリ、ブラジル、(先週報告を支持するとした立場を変えた)イギリス、オランダ、ドイツ、およびカナダ。
 フランスとスイスは、立場表明をためらっており、金曜日には報告に反対票を投じそう。
 ノルウェーと南アフリカが賛成票を投じるかもしれないが、強い支持でないと情報筋は語った。
(後略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。