2009年10月18日

Sawasya:イスラエルの戦争がガザに環境被害を引き起こした

2009年10月15日、ガザ、PIC

 サワシャ人権センターは水曜日、ガザ回廊が、最後のイスラエルの戦争と継続中の封鎖といった蛮行の結果、困難な環境状態、特に飲料水の汚染を被っていると語った。

 センターは、ガザに対するイスラエルの戦争が、膨大な数の国際的に禁止されている兵器使用と、廃水の飲料水混入を引き起こし、異なった健康被害の原因となっている井戸水や下水網への爆撃とで、ガザの生命に深刻な環境的影響を与えたと述べた。
 センターは、国連や人権組織に対し、必要かつ即時の介入と、飲料水の汚染度を検査し、ガザの公共衛生にそのリスクを報告する専門家を派遣するよう求めた。

原文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:国連:水危機でガザ封鎖を緩めるよう勧告(09月06日)

 専門家派遣はニッポンの得意分野と思えるけれど、民主党政権のイスラエルへの態度は自民党と大差ないと思う。でも社民党も政権の一翼を担っているのだから、せめてこんなことぐらいできてもよさそう。
 ナザレに近い村でみたオリーヴの古木、樹齢4000年と特定したのがニッポンの専門家だったとか。幹の破片を炭化させて年代を特定した「炭素年代測定法」、化学は専門外、でもかなり高精度と言われている。


posted by mizya at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「彼がパレスチナ人だったから彼らは殺した」

Jody McIntyre
2009年10月14日

091014-mcintyre-turkman.jpg
フアドの家族、母親と父親が死んだ息子の写真を抱える。 (Hamde Abu Rahme)

 2009年9月30日午前11時、17歳のフアド・マフムード・ナイイフ・トルクマンは、彼がイスラエル軍用ジープに轢かれた時、ヤバド村の彼の学校の外に立っていた。 ヤバドは、被占領西岸、ジェニンの近くに位置する。イスラエル軍報道官は後に、「何百人」ものパレスチナ人がその地域で「暴動を起こした」と、そしてジープが「機械的故障」を経験したと主張した。しかし、その場に居た目撃者は、学生たちはその類いの何ごともしていなかったと語る。Jody McIntyreが、The Electronic Intifadaのため、フアドの父親、マフムード・トルクマンと、彼の12歳の兄弟ファディに訊いた:
(後略:インタヴューは原文で)

全文:The Electronic Intifada

「暴動鎮圧」は、殺戮を正当化するイスラエルの常套手段。「ジープが『機械的故障』を経験した」という日本語は奇妙、英語でだって充分奇妙と思う。このような奇妙な言い回し、責任を回避する言い回しが、イスラエルの暴虐を暴くかもしれない。
 遺された家族の画像を見ると、ノエル・ジャブールがすぐ思い浮かぶ。パレスチナの写真家は女流が素晴らしい。『Vacant Seats』、『不在の席』とでも訳せばいいか。遺された家族の「空虚」を写し撮る彼女のシリーズのうちの2枚をここで観ることができる。
posted by mizya at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。