2009年10月23日

イスラエルの人権侵害に反対する世界中の48時間抗議行動

2009年10月22日

2009年10月16日と17日、BDS(ボイコット・ダイヴェストメント・サンクション)48時間マラソンは、世界中の都市で開催された。マラソンは、ムハマド・オスマンの事例に注意と国際的連帯を喚起するためと、イスラエルによる人権保護活動家に対する厳罰に反対するために組織された。

Flickrで48時間マラソンの画像をみるにはここをクリック

 珍しく日本の抗議行動の画像も含まれている。東京ではなく大阪、と思う。抗議行動の参加リストに、大阪とあるのをみつけたが東京はなかったから。まあ、いつもながら、東京のこんなていたらく。

全文:Stop the Wall

アーカイヴ:パレスチナBDS活動家の裁判なき拘留に反対するニューヨーク抗議行動(10月21日)


posted by mizya at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水への公正なアクセスが断たれるパレスチナ人:新たなアムネスティ・インタナショナルの報告が来週発表

2009年10月21日

 10月27日火曜日、アムネスティ・インタナショナルは、被占領パレスチナ領域のパレスチナ住民の、適切・安全・清潔な水へのアクセスの欠如に関する掘り下げた報告を送り出すだろう。

 被占領パレスチナ領域のイスラエル入植者が、パレスチナ人が手にするより何倍もの水を手にしていることは知られている。

 今度の112頁のアムネスティ・インタナショナル報告は、パレスチナ住民の水、食糧、健康、職業、適切な住宅への権利を含む、まずまずの生活水準への権利違反において、イスラエルの水政策がいかなる結果をもたらしたか考察する。

原文:Palestine News Network
posted by mizya at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル:ガザ戦争以後のメディア規制で報道の自由の低い格付け

2009年10月20日、Haaretz
Gili Eizkovitch

 イスラエルは、国境なき記者団(RSF)により火曜日に発表された、2009年報道の自由の国際指標で、175ヵ国中93番目となった。

 2009年のランキングは、イスラエルが、この地域での報道の自由でトップだった位置を失なったことを意味し、クウェートの60番目、レバノンの61番目、アラブ首長国連邦の86番目にも遅れを取った。
(後略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「報道の自由指標2009」Reporters without Bordaers

 ニッポンのランクを知りたい方は『報道の自由指標』にアクセスを。まあ、ニッポンの場合、編集主幹が不都合と思える記事(誰にとって?)を削除、つまり「自己規制」という「裏技」を特技としているから、なんだかなあ、ホントにホント?、という感じ。ニッポンの報道を信用できないから、膨大な時間を費やしてこのブログを続けている訳だし。現在まで100MBのディスク使用量のうち11MB、100MBまでは続けるつもり。
posted by mizya at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル-米国の入植地談合は「近い」

2009年10月21日水曜日

20093351256191580_5.jpg
国際法に反する占領下西岸と東エルサレムのイスラエル入植地[AFP]

 イスラエルは、イスラエルが占領するパレスチナ領域の入植地で、いわゆる「自然増加」を収容する合衆国との談合が到達に近いと、ワシントンのイスラエル大使はアルジャジーラに語った。

 マイケル・オレンは、火曜日、パレスチナ西岸と東エルサレムにおける入植地建設行為の完全な凍結というよりむしろ、一時的に停止するとするイスラエルと、米国が合意したと語った。
(後略)

全文:AlJazeera.net
posted by mizya at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルは米国の拒否権を当てにする

JASON KOUTSOUKIS
2009年10月19日、エルサレム

 イスラエルは、国連安全保障理事会の常任理事国、米国、イギリス、フランスが、ガザでの戦争犯罪で、人権理事会の報告が告発する進行を妨げると当てにするだろう。

 南アフリカ共和国判事、リチャード・ゴールドストーンによる報告は、金曜日、国連人権理事会(UNHRC)により公式に採択され、ニューヨークのより強力な安全保障理事会に審議のため移される。
(中略)

 しかし米国が、報告の議論を妨げるため、安全保障理事会の議題に拒否権を使用すると示唆し、安全保障理事会によるどんな行動もありそうもないと考えられる。

 イスラエル指導者らは、UNHRC投票と、東エルサレム、西岸、ガザでのイスラエルによる人権弾圧への非難、またゴールドストーン判事使節団への協力を欠いたことへのイスラエルへの批判といった付随の決議に、怒りで反応した。
 ベンヤミン・ネタニアフ首相は、週末の非公開の議論で、イスラエルが批判と戦い、懸命な外交努力で、中央強国が報告に対するイスラエルの立場支持を確実にすべきと語った。
(後略)

全文:The Age

アーカイヴ:米国:安全保障理事会はゴールドストーン報告の議論をしないかも(10月20日)
posted by mizya at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。