2009年10月25日

イスラエルがヨルダン渓谷(住人)に追い出し命令手渡す

2009年10月22日木曜日、エリコ、Ma'an

 イスラエル当局は、木曜日、エリコとヨルダン渓谷のパレスチナ農民に、16日以内に建物から退去しなければならないとする命令を手渡した。

 エリコの農業局トップ、アフマド・アル-ファレスは「農民とヨルダン渓谷のあちこちで放牧する人たちが、彼らの資産を破壊するイスラエル部局の手続きを通知された」と語った。
 彼は「そのような行為は、これらの地域を軍用地域とする口実のもと、イスラエル当局により閉じられる殆どが、農業省と協力する多くのパレスチナ非政府組織により行われ、国際的寄付者により資金提供された、ベドゥイン社会が干ばつや自然な牧草の不足と戦う目的で展開されるキャンペーンを阻むもの」と述べた。
(後略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Free Gaza:目撃者の報告

2009年10月23日、gazafriends

Ewa Jasiewiczは、12月・1月のイスラエル作戦、カスト・リードでのイスラエルスの残忍な大虐殺の前後、ガザでの戦慄の目撃者だった。

gazafriends

posted by mizya at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル・アカデミーの「保護者」

Benjamin Pogrund

 イスラエル・アカデミー会員は見られている。 自警団は、彼らが言うか書くものをチェックし - そして、彼らが「反イスラエル」と判断するなら、大学への寄付者を扇動し、それらに対する行動を教える。学生は、教官をスパイし、語ったことを報告するよう励まされる。

 左派アカデミー会員がターゲットだ。彼らは「イスラエル・アカデミック第5段」また「内なる災厄」として中傷される。彼らは「テロリスト」と呼ばれ「国事犯の背信」また「敵におべっかを使い、受け入れられる」ことを望むと非難される。

 自警団のひとつは、5年前にアメリカ生まれのダナ・バーネットによって始動されたIsrael Academia Monitor (IAM)だ。もうひとつは、組織者が誰なのか、また、やはり合衆国からのSeth J. Frantzmanにより書かれる多くの記事も明らかでない、IsraCampusである。
 攻撃の対象となってきた、ネゲヴ・ベングリオン大学(BGU)の政治・行政学部のデヴィッド・ニューマン教授は、警告する:「権利に対するアカデミックのマッカーシズムは、イスラエルの民主主義と社会を危険にさらす。言論の自由のまさしく基礎を脅かす」。
(後略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。