2009年11月10日

ベルリンからパレスチナまで:どこであろうと、どれほど高かろうと、すべての壁は崩れ落ちる

2009年11月06日
Bil'in民衆委員会

 ベルリンの壁崩壊からの20周年は、この金曜日、西岸中での、イスラエルの壁と入植地の即時解体を求める、民衆デモで注目されるだろう。

 正確に20年前の1989年11月9日、人びとを隔てる壁が長くは続かないと世界に希望を吹き込む、ベルリンの壁は2日で砕け散った。今日、2倍高く5倍長い壁が、パレスチナ人をその土地から隔て、国際法を無遠慮に軽視して、西岸にイスラエルにより建設されている。
 イスラエルの壁を違法と断じた、そして撤去を要請した、2004年からの国際司法裁判所の勧告意見にもかかわらず、地上での顕著な変化は全くなかった。

 デモンストレーターは、壁自体に、ベルリンの壁は20年前に崩れ、ビリンの壁は今日崩れなければならない、と宣言する壁の模型を置いた。
(後略)

by haitham al katib

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:2人の住民が負傷する一方、ビリン抵抗運動家らは脱資でノルウェーに感謝(09月08日)
posted by mizya at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抗議の人びとが入植者に議論のシェイフ・ジャッラの家からの撤退を要請

裁判所命令に従った、東エルサレムのアル-クルド一家の家屋へのユダヤ人入居に反対する、パレスチナ人と左派が集結する。「入植者は将来の合意を阻む;エルサレムを2つの都市に分割することが難しくなる」と彼らのひとりは語る。入植者: 彼らは法を尊重しなければならない

Ronen Medzini
2009年11月05日

 100人以上のパレスチナ人と左翼活動家は、家族が家屋から立ち退くよう要求する、エルサレム地方裁判所の命令に抗議するため、水曜日、東エルサレム、シェイフ・ジャッラ地区のアル-クルド一家の家屋に到着した。
 抗議者たちは「占領を終わらせよ」「入植者は直ちに家屋から撤退せよ」と繰り返した。

 裁判所が国家建国前にはユダヤ人に所属したと語る、28軒の家がかかわる進行中の管理権争いで、何十人もの入植者らが、火曜日、パレスチナ家族の家屋を占拠した。
 入植者らは、法定所有権者として彼らを指定する裁判所命令を携え、その家に到着した。 警察は、命令が有効と認めた。
 入植者らは、増築部分を占領したが、パレスチナ人家族は家の中心部に留まった。
 裁判所命令は、家屋の法定所有権者に賃借料を支払わないとき、家族は立ち退かなければならないとしているが、立ち退き手続きは開始されていない。両者の代表が、違いの平和的方法での解決を試みるため警察署に呼ばれた。

 父親、ナビル・アル-クルドは「これはわたしの家だ;1956年以来わたしはここに住んできた。50-60人の入植者集団がアパートに侵入してきて、攻撃的態度で家具を取り去った。結果として家具は壊れた。彼らはすぐに、ドアの錠を変えた」とYnetに語った。
 アル-クルドによると、警察署での長い議論の末、家族がもう10日間、家に残ることが許可されると決められた。
「入植者らは家から去ったが、しかし、ガードを残していったので、わたしは家具を持ち込むことができない」と彼は語った。アル-クルドは、裁判所が、彼を含むシェイフ・ジャッラの6軒から、2月15日までに立ち退くよう要求する命令を発行したと語った。
「裁判所の決定は、入植者集団によって提示された偽造文書に基づいている。仮に彼らが、土地が彼等のものであると立証する資料を持っているなら、わたしたちもバカアとタルビヤ(エルサレム地区)に土地の半分を所有すると証明する証書を持っている。これが法であれば、それらの地区に戻らせてもらいたい」と彼は語った。
(後略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:抑制の約束を偽る忍びの入植(11月09日)

 バカア、タルビアとも現在の西エルサレム。東エルサレムの所有地が1948年以前ユダヤ人の所有として、返却しなければならないとするなら、西エルサレムのパレスチナ人所有地も返却されるのが「法律」とナビル・アル-クルドは語っている。
 1948年以前、バカアに住んでいた友人がいる。わたしたちはその家を訪ねた。その家はふたつに仕切られ2組のユダヤ人家族の家になっていた。わたしたちはその家の前で、ヴィデオカメラを廻していた。すると現在の住人が帰ってきて、扉の鍵穴に鍵を差し入れ素早く家の中に入っていった。普通なら、こう訊ねはしないだろうか「我が家に何か御用でも?」。もちろん、この現在の住人は、わたしたちのひとりが、その家と土地の本来の所有者と知っていたのだ。そしてもちろん、友人に賃貸料など支払っていない。
posted by mizya at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

抑制の約束を偽る忍びの入植

ヒラリー・クリントンは、入植者政策でイスラエルを賞賛したが、排除は続く
Donald Macintyre、エルサレム
2009年11月04日水曜日

pg-22-palestinians-_258149t.jpgAFP/GETTY
東エルサレム、シェイフ・ジャッラのパレスチナ人家屋の前、イスラエル治安部隊の傍に立つパレスチナ人少女

 マイッサ・アル-クルドは、1956年に家族が越してきたこの家で、彼女の全生涯を過ごしてきた。庭のざくろの木は、ほぼ半世紀前、彼女がまだ幼児だった頃、父により植えられた。しかし、昨日、彼女の兄弟ナビルが、2001年、家族の家にと建てた隣の増築の建物に、ユダヤ人入植者が侵入したと聞いた時、ほとんど安心できなかった。

「わたしは、ドアが無理矢理開けられるのを聞いた」と彼女は語った。「それから、彼らのひとりが『この家具は誰のだ?』と言うのを聞いた」。後で、彼女は「彼女自身の目で」入植者がテレビを壊すところを見た。外には、乱入者らに運び出されたとおぼしき冷蔵庫、クッション、一家の家具が、土砂降りの雨の中、何時間も置かれていた。中には、ストーブの上に割れたガラスを見てとれた。
(後略)

全文:The Independent

アーカイヴ:エルサレムで、クリントンが「空前」のイスラエル入植地譲歩を歓迎(11月02日)
posted by mizya at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイルズ・オブ・スマイルズ・コンヴォイ:海路El-Arishへ

2009年11月04日

ガザ、(PIC) - 封鎖に反対する組織委員会は、ガザ回廊に送られたヨーロッパ医療支援コンヴォイ「マイルズ・オブ・スマイルズ」が、陸路積み荷を輸送させることをカイロが拒絶したので、水曜日、最終的に、エジプトのポートサイド港から海路、El-Arishに向かったと発表した。

 委員会は、封鎖された回廊への連帯を示すため同伴者となった外国人たちに負の影響を与えた、ポートサイドでの22日間の立ち往生の後、コンヴォイは移動したと語った。
 委員会トップ、Hamdy Shaatは、連帯活動家たちがEl-Arishまでバスを使う一方、すべての医療支援(物資)がエジプトの貨物船で輸送され、El-Arishに水曜午後には到着すると予想されると語った。
(後略)

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:マイルズ・オブ・スマイルズ:エジプトの制限で海路ガザに向かう(11月02日)

posted by mizya at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国国務省:イスラエルは寛容の社会でない

2009年11月06日
アキバ・エルダー

 米国国務省からの最新報告によれば、イスラエルは、寛容で多元的社会の要件が、荒涼として欠けている。

 宗教の自由とすべての聖地保護を豪語するにもかかわらず、イスラエルは、少数派、民族の平等な待遇、社会内の様々な潮流に向けた風通しの良さ、聖地や他の遺跡への敬意に対し、寛容が不足している。

 国務省の民主主義・人権・労働事務局により書かれた包括的報告書は、イスラエルが、イスラーム教徒、ものみの塔、改革派ユダヤ人、クリスチャン、女、ベドゥインを含む集団を差別すると記す。
 報告書は、聖地保護に関する1967年法が、エルサレムを含む国内のすべての宗教集団に当てはまるが、「政府はユダヤ遺跡のためだけに規則を実行する。非ユダヤ聖地は、この法の下での保護に恵まれない、というのも、政府がそれらを公的聖地と認めないからである」と述べる。
(後略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

国連:ガザの戦争犯罪報告支持

2009年11月06日金曜日

 国際連合総会は、ガザに対するイスラエルの戦争で犯された戦争犯罪の国連により発起された報告を支持する決議に賛成票を投じた。
 戦争犯罪でイスラエルとハマースの両方を非難するゴールドストーン報告は、2日間の議論を経て木曜日、114対18の票差で総会により支持された。
 44の加盟国が投票を棄権した(ここにニッポンも入る)。
 南アフリカ判事、リチャード・ゴールドストーンに率いられた委員会により編纂された報告は、既に、調査委員会を発起した国連人権理事会により支持された。
(中略)

攻撃的品行

 国連総会議長、Ali Trekiは、投票を「刑罰免除に対する重要な宣言。それは正義と責任のための呼びかけである」と呼んだ。
「正義がなければ、和平に向けた進捗はない。宗教、人種、国籍にかかわらず、人は人として扱われるべきである」と、彼は語った。
 イスラエルと米国はともかく、イタリア、オランダ、ポーランド、チェコを含む多くの欧州諸国が、決議に反対票を投じた。
 オランダ代表はしかしながら、人権と国際法の違反の調査を追求しようとした本文の要素を支持すると語った。(しかし勧告は支持しないと?)
 イギリスとフランスは、棄権したEU加盟国の中に入る。ほとんどの発展途上国が、報告を支持して賛成票を投じた。
(後略)

全文:Al Jazeera English

関連記事:「ゴールドストーン報告の国連投票は、責任を明らかにする一歩」Amnesty International
     「リーバーマンはゴールドストーンの国連投票に満足」Ynet news.com
ガザで犯された戦争犯罪でイスラエルを告発する報告の国連総会での支持への返答に、外相は、18カ国が決議に反対票を投じ、44カ国が棄権したと強調した。
     「日本はゴールドストーン報告投票棄権」China National News、2009年11月06日金曜日
 日本は、ゴールドストーン報告として広く知らる(報告の)国連総会での支持の投票を棄権した。
(中略)

 イスラエルに関する件で、しばしばイスラエルと米国に同調する日本は、またしても、国連決議での投票を棄権することで、ユダヤ国家にすり寄った。にもかかわらず、決議は、118カ国の賛成、18カ国の反対、(ニッポンの)他の43カ国の棄権で、勝ち取られた。
posted by mizya at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アシュケナージ:ガザへの次の戦争は人口密集地域に対する攻撃を含むだろう

2009年11月04日

被占領エルサレム、(PIC) - イスラエル参謀長、ガビ・アシュケナージは、火曜日、イスラエルの次の戦いがまた、ガザ回廊で遂行され、人口密集地域での対決を含むと語った。

 陸軍の新たな1団の卒業式で、ガザでの戦争犯罪を犯した多くのイスラエル官吏のひとり、アシュケナージは、彼の軍が、人口密集地域、村、都市、モスク、病院、幼稚園、学校に対する攻撃を再開すると付け加え、それというのも「敵はこの戦いへの道をイスラエルに強いたがっている」と彼は主張した。

 彼は、ゴールドストーン報告で捕らえらるか、起訴される場合には、イスラエル軍が、すべてのイスラエル官吏を援護する予防手段をとるだろうと、スピーチで強調した。
(後略)

全文:The Palestinian Information Center

 彼の個人的寝言であって欲しい。
posted by mizya at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする