2009年11月06日

イスラエルはパレスチナ人を追い出し続ける

2009年11月03日、AlJazeeraEnglish

AlJazeeraEnglish

 国際連合、合衆国、ヨーロッパ連合は、イスラエルがパレスチナ人への不法な追い立てと家屋破壊を停止するよう要請してきた。
 国連事務総長、バン・キムンは、被占領西岸でのすべての入植地活動凍結を求め、東エルサレムでの「挑発的行動」を終わらせるようイスラエルに促した。
 それにもかかわらず、家から追い出される東エルサレムのパレスチナ人の光景は、すべてあまりにもなじみの場面となった。

 アルジャジーラのジャッキー・ローランドが被占領東エルサレムから報告する。

ヴィデオ:「イスラエルはパレスチナ人を追い出し続ける」YouTube


posted by mizya at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーム・チョムスキー:米国「マフィア原則」に変化なし

2009年11月03日

1257228012noam_chomksy_soas_meno.jpg
チョムスキー:「美辞麗句でなく行動に気を配るのが賢明」

Mamoon Alabbasi ロンドン

 世界中の人々が、元米国大統領ジョージ W. ブッシュが立ち去るのを見てを安堵の一息をついた頃、アメリカ識者の頂点、ノーム・チョムスキーは、バラク・オバマ大統領のワシントンの外交政策の基本への、著しい変化の思い込みや期待に対し警告した。

 ロンドンでの、School of Oriental and African Studies (SOAS)による主催のふたつの講演で、チョムスキーは、第二次世界大戦以降、米国外交政策の陰でとられた方針の多数の例を引用した。
(後略)

全文:The Palestine Chronicle

講演ヴィデオ:「[ガザ略奪] チョムスキー:オバマ時代のパレスチナと地域:現れる枠組み」Information Clearing House

 講演ヴィデオは2時間ほど、さすがに初めの30分ほどしかみていない。チョムスキーの前座のターリク・アリ(歴史家で作家)の皮肉に満ちたジョークを交えた語りがすばらしい。
posted by mizya at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSC:ミリバンドはゴールドストーン報告を支持すべき

2009年11月02日月曜日、ベツレヘム、Ma’an

 イギリスのパレスチナ連帯キャンペーン (PSC) は、月曜日、英国外務大臣デヴィッド・ミリバンドに公開書簡を送り、水曜日の国連総会での議論の時、ゴールドストーン報告を支持するよう主張した。

 パレスチナ正義のためのイギリスで最大の組織、PSCは、ミリバンドへの書簡に「イギリスがこの報告を支持仕損なうなら、戦争犯罪が罰せられることなく許される準備との明白なメッセージを他の国々に送ることになる」と書いた。
(後略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:連邦弁護士会がゴールドストーン勧告の緊急活動呼びかけ(11月05日)
posted by mizya at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。