2009年11月07日

ガザの後、ロビーは議会の46票を失った

PHILIP WEISS
2009年11月05日

ここに、下院での、1月のイスラエルのガザ虐殺を支持する圧倒的投票(H Res34)と、先日のゴールドストーン報告を非難する投票(H Res867)の間で、ロビーが何かしら力を失った証拠がある。 (中略)

以下は投票に関する友人の分析。 ガザに関する信仰を失った2、3の議員が、現地を訪問したことに注意 (ホルト、エリソン、エドワーズ)。

H.RES.34(1月09日):
390 賛成/5 反対/22 保留(かしら、この present の意味不明)/16 棄権

H.RES.867(11月09日):
344 賛成/36 反対/22 (意味不明は上記の通り)/30 棄権

1月と11月の投票の類似と差異:

1月と比べ、共和党賛成票3減、民主党賛成票43減、 プレゼント(意味をご存知でしたならお教えを)については同数、14票増えた棄権は、14人が(塀のてっぺんでどちらに転んだものやら考えあぐねてる??? いえ、こんな修辞法は翻訳されるなんて全く考えていない結果に違いない:原文参照)
(後略)

全文:Mondoweiss

 344対36、未だ圧倒的な票差だから「ピョンヤンスタイル」の投票と揶揄する記事もある。


posted by mizya at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人権グループがゴールドストーン報告破棄への骨折りを非難

Eli Clifton
2009年11月03日、The Electronic Intifada,

ワシントン(IPS) - 国際人権組織は、ホワイトハウスに、リチャード・ゴールドストーン判事の「ガザ戦闘の国連真実調査使節報告」の今後のいかなる是認や検討にも反対するよう要請する、米国下院で提案の拘束力ない決議に関する注意を喚起した。

全文:The Electronic Intifada

関連記事:「国連:ゴールドストーン報告を支持せよ」Human Rights Watch
総会がガザ戦闘権利違反の結論再審理
2009年11月03日、HRW

(ワシントン、DC) - 国際連合(国連)総会は、2009年11月4日の中東和平問題が討議される時、ガザ戦闘に関する国連真実調査使節団の報告を支持すべきであると、中東の人権問題に関わる1ダース以上の集団が、今日語った。

 集団は、総会が、イスラエルとハマースに、それぞれの軍により犯された、戦争犯罪を含む深刻な戦時国際法違反を調査する過程を監視する方法を確立する決議を可決するよう要請した。

アーカイヴ:連邦弁護士会がゴールドストーン勧告の緊急活動呼びかけ(11月05日)
posted by mizya at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル・米国がゴールドストーン拒否権の「沈黙の了解」

エルサレム(エルサレムをイスラエル政府の代名詞に使うからには筆者はシオニスト?)は、安全保障理事会公聴会を導くだろうガザ戦争報告での国連会議のため調整している。Ayalon副外務大臣は、ワシントン(ワシントンは確かに米政府の代名詞としても、各国大使館が置かれているからには物議をかもさないと思うけど)が、決定拒絶に権利を行使すると合意したと語る

Roni Sofer
2009年11月04日、Ynet
(本文省略:イスラエル政府の代名詞としての「エルサレム」が頻繁に出てくるので気分が悪くなる、少しはわたしの不整脈のことも考えないと)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:イスラエルは米国の拒否権を当てにする(10月23日)
posted by mizya at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。