2009年11月19日

イスラエル兵:入植者の家屋倒壊に異議

2009年11月16日、 ロイター

エルサレム、11月16日(ロイター) - イスラエル兵の集団が、月曜日、ユダヤ人入植者らが占領下西岸に政府認可なしで建てた、いくつかの構造物解体の手伝い命令に服従しなかった。

 軍報道官は、2人の兵士が30日の獄舎送りとなり、部隊あるいは戦闘ポジションから永久に放逐されると語った。他の数人がまだ調査中と報道官は語った。
 兵士反乱は、イスラエルの関心を高めた、パレスチナ人との今後の和平協定に基づくいかなる入植者撤退にも、宗教的・政治的根拠で反対した、兵卒たちの謀反という同様の事件に続いた。
(後略)

全文:Reuters AlertNet

 このように教育するラビを軍所属にしているのだから自業自得といえなくもない。軍役を拒否して投獄される若者にはエールを送るけれど、あまりにも少数派、「派」といえるほどいない。この記事にあるような兵士が戦闘ポジションから放逐されるなら、望ましいけれど、放逐しきれないほどの大多数に違いない。


posted by mizya at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

右翼団体がイスラエルの大学で恐れの風潮を引き起こす

ジョナサン・クック、The Electronic Intifada
2009年11月16日

 イスラエルの右翼団体は、イスラエルの大学の左翼学者の中に、米国の学術監視団体、Campus Watchの「魔女狩り」戦略を真似て、恐れの風潮を引き起こしたがっていると、イスラエルの教授たちは警告する。

 監視団体、IsraCampusとIsrael Academia Monitorは、イスラエル教授の、イスラエル・ボイコット要請が、米国の新聞で最近発表されて以降、キャンペーンを促進していると思われる。

 どちらの団体も、大学外部の寄付者、ほとんどは米国のユダヤ人に、彼らが言うところの「破壊分子」教授、イスラエル政策に対し批判的教官を承認する大学管理者に影響を与える圧力をかける方法を警告してきた。
(後略)

全文:The Electronic Intifada

アーカイヴ:イスラエル・アカデミーの「保護者」(10月25日)
posted by mizya at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。