2009年11月23日

猫は違法:潜在的テロの脅威

2009年11月19日木曜日
Saed Bannoura-- IMEMCニュース

悪名高いネゲヴ強制収容所のイスラエル刑務所当局は、パレスチナ政治犯と友情を結び奉仕するとして、野良猫を追放し(banish)、処罰する(punish)と決定した。

cat_gun.jpg
File - theregister.co.uk

(後略:笑い話のような本当のお話。読んでみると猫を独房に監禁したりしているらしい。罠も仕掛けるとか。アメリカの動物愛護団体が何か言ってもよさそうなもの。まあ、イスラエルがいう「テロリスト」なんてこんなもの。ネゲヴの収容所には毒蛇も出没して寝床に忍び込んできたりするとも聞くが-何しろ建築物はなくて砂漠のキャンプだから-こちらの方はパレスチナ政治犯を殺してくれる可能性もあるので「テロリスト」指定にはなっていない)

全文:International Middle East Media Center


posted by mizya at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

aicvideo
2009年11月20日

イスラエルの交渉の理解:11月18日、エルサレム自治が、東エルサレムのパレスチナ人家屋4軒を破壊した1日後、ギロ入植地での900戸の住宅建設を承認した。

aicvideo

アーカイヴ:イスラエルはパレスチナ人を追い出し続ける(11月06日)
posted by mizya at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーマン・フィンケルシュタインへのインタヴュー

akawakurusa
2009年11月15日

 ノーマン・フィンケルシュタインは、親シオニスト、アダム・ホルムがホストをつとめる、ユダヤ人によるデンマーク公共事業TVでインタヴューを受けた。

 アダム・ホルムは、最近、イスラエルへの強力な支持を表明する新聞記事を掲載して、デンマーク・ラジオの上司により訂正された。

 この機会で、フィンケルシュタインの単純なメッセージ「他のいかなる国同様、イスラエルに関しても国際法を支持する」に反撃しようと、ホルムがますます絶望的になり、平静を失ったアダム・ホルムを、冷静なフィンケルシュタインが御する。アダム・ホルムの明確に感情的なアプローチが、1,000の言葉以上を語る。

akawakurusa

アーカイヴ:ノーマン・フィンケルシュタイン、ガザを語る(05月13日)
posted by mizya at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルにパレスチナ・スタジアムに反対する何があるのか?

Amira Hass

 今年末の、アラブサッカーチームとパレスチナチームの親善試合は、ラマッラに近い(というより、市街地で隣接してラマッラ文化圏を構成する双子都市といわれている)アル-ビレ東部に建設中の新たなスタジアムのこけらおろしとなる筈だった。「なる筈だった」というのは、国防省の片腕、民間行政が、作業の中止を命じ、破壊すると脅しているからである。

 国際サッカー連盟、FIFAが、パレスチナサッカーを促進する、より大きなプログラムの一部として、スタジアムの資金を提供する。スタジアムは、11ドゥナム(2.75エーカー)に及び、8,000席を有するだろう。あるイスラエルの請負人が、オランダの会社とパレスチナ下請業者と協力して、その現場を建設した。

 現場の準備が整った2008年10月、FIFA総裁、Joseph Blatterとパレスチナ自治政府首相、Salam Fayyadが、スタジアムの礎石を設置した。フランス・ドイツ政府は、スタンドの建設費を支払う。外壁・照明・スコアボードは、土地を所有し、その管轄内にスタジアムが位置する、アル-ビレ市が資金提供してきた。
(後略:長いので。表題を説明すると、イスラエルはごねて、和平交渉に入る条件の「入植地凍結」をチャラにする目論見らしいと、そのようなこと。いつもながらの手で目新しい手法ではないが、「ごね得」文化というのは品性下劣。いずれ入植地は撤退を余儀なくされるのだから、凍結を徹底することが大事。盗んだ土地への入植地建設より撤退は高くつくが、どうせイスラエルはその支払いをアメリカにまわし、ニッポンにもその「つけ」はまわってくる、覚えめでたき子分なのだから。まあ、「入植地凍結」を世界各国が叫ぶ中でニッポンは黙して語らずなのだから、撤退費用を支払うことになるのもやむを得ないかもしれない)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス:ガザ病院再建計画を進める

2009年11月20日

ベツレヘム - Ma'an - フランス外務大臣、ベルナール・クシュネルは、水曜日、昨冬の攻撃で破壊された、ガザのアル-クッズ病院を再建するフランスの公約に協力するようイスラエルに促した。

 そのうち2発は、焼夷誘発白リンを含む、3発のイスラエル・ミサイルが、1月15日、赤三日月社のアン-ヌール医療複合施設の3つのビルを破壊した。

「今日この協定に調印することによって、ガザの人びとへの支持と連帯、また、わたしたちが彼らを忘れていないという事実を、フランスは反復するつもりである」と、クシュネルはエルサレムでの調印式で語った。
(後略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。