2009年12月07日

Gush ShalomがBarkanボイコットを終わらせない理由 - アダム・ケラー

2009年12月04日金曜日

 イスラエル平和団体、グシュ・シャロームが、Barkan ワイナリーの、グシュの入植地製品リストから会社名を削除する要請を拒絶したと、運動組織は声明で述べた。

 グシュ・シャローム代表は、占領地であるゴラン高原に、ブドウ園を維持し続けている限り、グシュは、ブドウ園の名前の語源となったBarkan入植地の産業地域から、植物を完全に取り除かない限り、入植地企業と見なし続けるだろうと、会社に語った。

 Barkan ワイナリーの名は、1995年以来、国内外の消費者が、これら製品をボイコットして、購入を避けるよう要請する、グシュ・シャロームが編集し配布している、入植地製品のリストに載っている。
(後略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ自由の行進まで1カ月を切る

2009年12月04日

 12月31日にガザで行われるガザ自由の行進は、そこに住む150万人の人びとを閉じ込める封鎖を破る歴史的提唱である。マハトマ・ガンジー、ネルソン・マンデラ、および世界中の不正義への非暴力抵抗の精神を表す行進は、イスラエルが国境を開くよう要請するガザの人びとと、手に手を取り、世界中から行進へと、人びとを集めるだろう。

 1,400人以上の死者を出した、2008年12月のイスラエルによる侵攻から1周年を記すこれは、世界的指導者や協会などの無策への、一般民衆からの地球規模の応答である。42の国からの1,000人以上の国際的代表が、既に申し込みをし、そしてもっと、日々、申し込みは続いている。
(後略)

全文:The Electronic Intifada

アーカイヴ:反グローバリゼーションがガザへの大規模連帯行進を組織(11月18日)
posted by mizya at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス外相:ガザ入域禁止

2009年12月04日金曜日

パリ、2009年12月04日、(Pal Telegraph) - Micheál Martin外務大臣が、イスラエル政府により、戦争で荒廃するガザへのアクセスを拒絶されたと、今夜、分かった。

 Mr Martinは、今月末、人道的状況を査定するため、苦しみの領域を訪れるつもりだったが、彼の要請は、彼が、拒絶の充分な理由は与えられなかったと主張する(イスラエル)閣僚らに拒否された。

 Oireachtasヨーロッパ状況委員会の集まりの談話で、Mr Martinは、彼が紛争の土地を訪問することを切望していると語った。
「わたしは、ガザを開き、人びとへの正当化できない封鎖を終わらせる、真実の進展を見たい」と、彼は付け加えた。
(後略)

全文:The Palestine Telegraph

アーカイヴ:人権キャンペーン:イスラエルとの継続的経済連携でEUを告訴(09月08日)
posted by mizya at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。