2009年12月24日

軍により撃たれた使用済み催涙ガス弾の展示がイスラエル軍事裁判所でビリン活動家に兵器告発をもたらす

2009年12月23日

民衆闘争調整委員会
速報:

 教師で、ビリン壁に反対する民衆委員会の調整者、アブダッラ・アブ・ラフマは、昨日、イスラエル軍事裁判所で起訴された。アブ・ラフマは、ビリンで、軍によりデモ参加者に向け発砲された、使用済み催涙ガス弾を集め、それらを家で展示していたため、兵器所有告発に置かれた。
(後略)

szx752-600x399.jpg
アブ・ラフマが告発されたビリン村での使用済み催涙弾の展示:Picture credit: Oren ZivActiveStills

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:Stop the Wall Campaignの調整者ジャマル・ジュムアがイスラエル刑務所に(12月22日)

 つまり、薬莢を持っていても「兵器所持」になる、イスラエル軍事裁判所の判断では。イスラエル軍としては自らの「極悪非道」を展示されている気分だろう... 展示されたくなかったら発砲しなければいい。ビリンのような小さな村に、随分景気よく発砲したものだと思うけれど、ただで土地が手に入ると思えば安いものに違いない。


posted by mizya at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィンケルシュタイン:リヴニはガザ「戦争犯罪」を「誇りに思う」

2009年12月21日

_36295_Finkelstein.jpg
ゴールドストーン報告はガザで起こったことの正確な反映

著名なユダヤ系アメリカ人教授は、ガザ・ロケットがイスラエルによる封鎖への「抵抗の象徴」と語る。

ロンドン - 著名なユダヤ系アメリカ人教授、ノーマン・フィンケルシュタインは、回廊への継続する封鎖と、年が変わる時の戦争を通し、ガザでの「戦争犯罪」遂行で、イスラエルを非難した。

 彼の非難は、水曜日、ロンドンで開催された『UNRWAとパレスチナ難民の未来』と題された国際会議に現れた。

(中略)

 ロケット攻撃の再開によりなされた、うるさいハマースへの返答に、6人のハマースのレジスタンス闘士が殺された。フィンケルシュタインは、これが「象徴的抵抗」以上の暴力でさえなかったと強調した。

 彼は、ロケット攻撃を「ささやかな自家製ロケットは、世界への抗議の叫び」と触れたパレスチナ人から引用した。

 フィンケルシュタインは、わたしたちが、これらロケット攻撃でハマースを非難し続けるなら、わたしたちは、小さな土地を枯渇させる、執拗なイスラエルの攻撃、征服、継続的封鎖により、彼らに課された圧力に、他にどのように抵抗すべきか彼らに提案しなければならない。

 わたしたちが代替手段を提供できないなら、批判もできないと、彼は論じた。
(後略)

全文:Middle East Online

アーカイヴ:ノーマン・フィンケルシュタインへのインタヴュー(11月23日)

 パレスチナ問題に関わるNGOさえ、誰に対する配慮なのか、あるいはバランスのつもりか、イスラエルを批判する時には必ずハマースをも批判することにしているらしい。そもそも、占領者と被占領者、バランスなど取れていない問題なのだから、ナンセンス。いいなあ、フィンケルシュタインは明快で、だ〜いすき。
 実にささやかな、イスラエル、あるいはユダヤ系の知識人・活動家の中には、へ〜、こんなこと言うんだ、なんて失望させられることもあるけれど、フィンケルシュタインにはそれがない。だから、オピニオンではなく現実に起きている事件を翻訳しようと考えているのに、フィンケルシュタインの記事は、つい、掲載したくなってしまう。掲載をあきらめることも多いけれど...
posted by mizya at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルの医師は拷問の恐怖を鎮めるべき

イスラエル人医師らがパレスチナ人への拷問で共謀しているとの申し立ては調査されなければならない

Antony Lerman
guardian.co.uk
2009年12月22日火曜日

 世界中の闘争状況にある多くの国々により、絶え間ない拷問の使用の不穏な特徴のひとつは、ある医師らが、拷問を許容するする際に果たす役割である。「医療倫理の可能な限り高い基準を促進し、医師たちに倫理的手引きを提供する」世界医師会(WMA)は、この実践できわめて明確だ。「医師たちは、武力紛争や内戦を含むすべての状況下で、拷問や、残忍、冷酷、下劣な手順の他の形であれ、その実践で、黙認、共謀、参加すべきでない」と、(世界医師会の)1975年 東京宣言が明確に述べる。この原則に当てはめ、10月に、イランでの囚人虐待で、医師らの共謀の可能性に関する報告への応答で、WMAは、デリーでの年次総会で、全国医師会に各国での患者と医師の権利支持を発言するよう促す動議を、満場一致で通過させた。しかし、WMAは、その非難に選択的ではないだろうか?

 中東での拘留者の拷問における医師共謀の特異な問題が、11月、トルコでの、国際患者の権利会議に提起された。 イスラエル人権医師団(PHR-I)のトップ、Ruchama Marton博士は、彼女が行った発表で、WMAが「拷問と闘っても構わないと思う人びとの申し立てを発言し、支援を提供する」ネットワークの創出で中心的役割を担うよう呼びかけた。全国医師会や人権組織は「全般的拷問に反対し、拷問手順への医師の参加に反対するキャンペーンを行うため」共に働くべきである。 この発言で、Martonは、何人かはイスラエルの非常に不十分な状況と見なすことを考えていた。
(後略:長いので)

全文:guardian.co.uk
posted by mizya at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハマース政権が爆弾投下により汚染されたガザの土地での耕作を禁止

情報源:新華社
2009年12月21日

ガザ、12月21日(新華社) - ガザ回廊のハマース政権は、月曜日、農夫が、昨冬の軍事攻撃でイスラエルのミサイルや爆弾が命中した土地で植え付けするのを差し止めると決定した。

 退けられた(意味不明)ハマース政府の農業省は、また、癌を引き起こす放射性・毒性素材を含む発射体の恐れから、人々が、それらの土地の井戸から水を汲み上げたり、放牧するのを禁じた。
(後略)

全文:ReliefWeb
posted by mizya at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dameer:イスラエルの化学兵器使用でガザで増加する奇形

2009年12月21日 | ガザ、(PIC)

 Al-Dameer人権協会は、日曜日、ガザ回廊への戦争で、イスラエルが使用した、放射性・毒性の素材を含む兵器のため、流産率と奇形と癌を抱えて生まれる赤児の数が増加していると語った。報告で、協会は、3週間戦争での、国際的に禁じられている兵器使用の結果として、ガザの衛生・環境条件は、日ごとに悪化していると断言した。

 人口密集地域での化学兵器の使用は、長期にわたり持続する悲劇を引き起こし、次世代の未来に災いを及ぼし、加えて、回廊の150万人のパレスチナ人の健康は、水、土、空気の汚染で、未だ脅かされていると警告した。
(後略)

全文:http://www.unobserver.com/layout4.php?id=6984&blz=1
警告!:原文にアクセスすると奇形の乳児の画像1枚

 同様の状況がイラクで先行して起こっている。
posted by mizya at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。