2010年01月21日

イギリスのデモがイスラエルへのイギリス兵器供給を糾弾

2010年01月19日

images_News_2010_01_19_london-demo_300_0.jpg

ロンドン、(PIC)-- 月曜日、ロンドン南部、ブライトンに、何百人もが、昨年のガザへのイスラエル戦争で使用された兵器部品を開発する兵器会社、EDOのありように抗議するため集まった。

 警察は、力で応じ、数人の負傷者を出した、Home Farm Road、EDO/ITT兵器工場の外で乱闘となった。ブライトン市の中心で、抗議者たちは、警察により1時間におよび紛糾させられ、医療従事者ひとりを含む数人の逮捕者をだした。

 EDO粉砕キャンペーンは、7年間、ブライトンを拠点とする兵器製造業の閉鎖を求めてきており、EDO/ITT法人が戦争犯罪に連座すると主張する。

(後略)

全文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ政府が洪水の影響を受ける家族にシェルターを提供

2010年01月19日

ガザ - Ma'an - 事実上の大臣協議会は、火曜日、最近の洪水で影響を受ける家族にシェルターと即座の支援を提供すると発表したと、協議会事務総長、マフムード・アワドは、声明で述べた。

 省が、100家族以上にシェルターを提供するだろうと、アワドは語り、事実上の政府が、被害の調査を始め、ガザ住民に損失の補償がなされるだろうと付け加えた。

(後略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルによるガザ封鎖は日常生活を窒息死させる

2010年01月18日

 イスラエルは、140万人以上のパレスチナ人を外の世界から切り離したまま放置し、絶望的な欠乏にもがく、息苦しいガザ回廊の封鎖を終わらせなければならない、と、アムネスティ・インタナショナルは、ガザでのイスラエル軍事攻撃の終了から1年目を迎え語った。

(中略)

「2007年6月以来実施される、ガザで続く封鎖のイスラエルの主張は、パレスチナ武装集団により、ガザからイスラエル南部に発射される無差別ロケット攻撃への返答である。現実は、封鎖が、武装集団を標的にしてはおらず、むしろ、食糧・医療品・教育的設備・建築資材の搬入を制限することにより、ガザの全住民を罰している。」と、アムネスティ・インタナショナル中東・北アフリカ局長、Malcolm Smartは語った。

「封鎖は、国際法の下、集団懲罰を構成しており、即刻解除されなければならない」。

 占領政権としてイスラエルは、国際法の下、健康・教育・食糧・適切な住宅の権利を含む、ガザ住民の福祉を保証する義務がある。

(後略)

全文:Amnesty International

アーカイヴ:アムネスティ:イスラエルのパレスチナ人への水制限(2009年10月28日)
posted by mizya at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

イスラエルのアパルトヘイトに共謀しないで:2010年テルアヴィヴ国際学生映画祭ボイコット

2010年01月18日

PACBIとPSCABIによる共同声明

 イスラエルへの学術・文化ボイコット・パレスチナ・キャンペーン(PACBI)と、イスラエルへの学術ボイコット・パレスチナ学生キャンペーン(PSCABI)は、学生・講師・映画制作者に、2010年6月にテルアヴィヴで予定されている、第13回国際学生映画祭をボイコットするよう呼びかける。PACBIとPSCABIは、イスラエル政府により支援される似通った文化的イニシアチブ同様、このフェスティバルが、イスラエルのアパルトヘイト犯罪の体裁繕いに公然と計画されたと思っている。

 映画祭主催者は、それが「世界に、多元的共存・文化・機会の平等を支持し授ける、異なったイスラエルを提示する、独特な文化的・社会的手段」と述べ、映画祭の目的を強調した。このことばは、 - 南アフリカのアパルトヘイト政権により似通った努力がなされたように - 国際世論を操作する冷笑的で系統的な試みを暴露する。 それは、イスラエルが、活気に満ちた文化的・芸術的中心と描くことにより、イスラエルの軍事占領とアパルトヘイトの本性を不明瞭にし、続く戦争犯罪から注意をそらすことを目論む。それが、映画祭がイスラエル政府により大きく資金提供され、支援を受ける理由である。

(後略)

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:Udi Aloni:Seinfeld、あなたのトロント抗議非難はあたらない(2009年09月26日)
posted by mizya at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | statement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェイフ・ジャッラでの22時間

Palestine Monitor
2010年01月18日

2010年1月14日:シェイフ・ジャッラでのコンサート、政治的告発の音楽集団、DAMとSystem Ali出演。

2010年1月15日:同じ場所で、家の追い立てに反対する週1回のデモンストレーション。

問題:公的集会の許可証は1週間にたったひとつしか発行されない。

結果:デモンストレーションで大量の逮捕者を出した。

Palestine Monitorは、この2日間の直接の報告を提供する。写真はすべて、Brady Ngによる。


01-8-bf848.jpgPhoto: Brady Ng
シェイフ・ジャッラでのコンサートのサイン

02-9-f6604.jpgPhoto: Brady Ng
DAMのパフォーマンス

 上の画像のサインに「ことばがわたしたちの武器」と読める。ヒップホップのコンサートに相応しい。
「ことばのない虚しい砲弾、砲弾のない虚しいことば」と言ったのはドブレだったろうか、この画像のサインを見て思い浮かんだことば。いえ、DAMのことばは砲弾に満ちている。翌日のイスラエルによるデモンストレータの逮捕劇こそ「ことばのない虚しい砲弾、砲弾のない虚しいことば」なのである。

全文と16枚の画像:Palestine Monitor

アーカイヴ:パレスチナラッパーと難民キャンプの子供たち(2009年07月23日)
posted by mizya at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

ディスキンがアッバスに:ゴールドストーンの国連投票を延期させよ、さもなくば「第2のガザ」にしてやる

2010年01月17日
アキバ・エルダー

 パレスチナ大統領、マフムード・アッバスによる、昨年の、国連人権理事会へのゴールドストーン報告の投票の延期を求める要請は、シン・ベト公安長官とのとりわけ緊張した会談に続いたと、Haaretzは知った。ラマッラでの10月の会談で、シン・ベトのチーフ、Yuval Diskinは、アッバスに、昨年の軍事作戦への批判的報告の投票の延期を求めないなら、イスラエルは、西岸を「第2のガザ」に変えてやる、と告げた。

 ベンヤミン・ネタニアフ首相直属のDiskinは、昨年早くに実施された、西岸内での移動制限緩和を無効にすると脅迫した(どこが「緩和」されたものやら、日々、届くニュースはその逆を伝えている)。彼はまた、イスラエルが、パレスチナ自治政府(領域)でのワタニーヤ携帯電話会社の運営許可を撤回すると語った。それは、自治政府に、会社への何千万ドルもの損害賠償金支払いをもたらすものだった。

(後略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:ワタニーヤ・パレスチナが西岸ネットワークを開始(2009年11月03日)
      ゴールドストーン(報告)を葬る見返りにアッバスに何が約束されたか?(2009年10月08日)

 脅迫に屈していては政治家は務まらない。まあ、この国も植民地のようなものだから、大きな顔で他国を批判することは出来ない。しかし、外交を脅迫でねじ曲げるイスラエルのような国にはなって欲しくない。このようなことは永く続かないし、そのような焦りがあるから、イスラエルはますます歪んできているのだから。
posted by mizya at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ就労ヴィザといったものはない - ステファニー・ロードス

2010年01月16日土曜日

(翻訳を怠けて原文で:パレスチナに旅する方必読、例えば、ベングリオン空港の出入国で、アラブ系のコンタクトは削除しておくなど)

No such thing as a Palestinian work visa - Stephanie Rhodes

Last week I was listening to John Oliver talk about his experience with visas in America. During one memorable visa renewal interview, he remembered, “The woman behind the booth looked at me and said, with a stone face, ‘Give me one reason why I should let you back into America to criticize our country again.’”

Turns out, Oliver later explained, it was simply an ill-timed effort at humor. With the current news of Ma’an editor Jared Malsin’s ongoing detention, though, it feels quite real.

That isn’t to say that press freedom doesn't exist in Israel. There are some great columnists who write thoughtful and often critical pieces about their own society. But I do think Jared’s situation speaks to other trends in the Israeli approach to controlling borders and territories: efforts to limit foreign influence in Palestinian areas. Just to be clear, when I say “foreign,” I don’t mean “terrorist infiltrator” foreign. I mean teachers and trainers and other professionals interested in building real capacity in Palestine.

It seems to me that Jared is being held not because he’s a journalist and not even really because he’s been critical of Israel. It’s that he’s doing so under the banner of a Palestinian news agency. Never mind that both Israeli and international media outlets routinely quote Ma’an; it’s still Palestinian.

When you’re entering or leaving Israel, the last thing you want is to be linked with anything Palestinian. I used to go through my wallet and remove East Jerusalem bus passes and random receipts, maybe edit the names in my phone – anything Arab had to go. It wasn’t because I was linked to anything shady. It was because any discernibly Arab contact marks you; at best it’s just harassment and at worst it’s being denied re-entry.

Many people do what it seems Jared may have done and rely on tourist visas to live, work or study in Palestinian areas, since Israeli-issued visas for those areas are nearly impossible to obtain unless you’re backed by a major international organization. Oddly enough, though, once I had a legitimate volunteer visa with a church in Jerusalem, I was deemed an even bigger security risk (a six rather than a five on the Ben Gurion International Airport scale) than I had been on a tourist visa.

The whole system feels like a Catch-22. You tell the truth about what you do and who you know and risk harassment or movement restrictions. You lie, and of course that’s grounds for trouble too.

What many people rely on is staying under the radar. If you publish anything, you don’t use your real name. You avoid non-violent demonstrations as though they were Sarah Palin rallies. You figure someone in some Israeli security agency knows who you are and what you’re doing; you count on being too boring for them to care. In short, you avoid having fans.

Inevitably, it begs the question: If your time among Palestinians is so unremarkable, what’s the point in being there at all? Too often, you’re forced to choose between doing nothing so you can stay or doing something before you’re put on the next flight home.

原文所在:Ma'an News Agency

アーカイヴ:IFJは「報道の自由へのこの堪え難い暴力」を非難する(01月18日)
posted by mizya at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。