2010年01月02日

国連専門家がガザ封鎖でイスラエルに対する制裁の脅威を繰り返し求める

2009年12月29日 - 国連パレスチナ人の権利に関する独立専門家が、再び、1年前の破壊的イスラエルの攻撃の後、150万人住民が通常の生活に戻ることを妨げる、ガザへの封鎖を解除するよう強いるため、イスラエルに対する経済制裁による脅威を求めた。

「明らかに、イスラエルは、封鎖の解除を奨励する外交上のことばに応じないので、わたしが提案するのは、イスラエルにとって不利な経済的帰結の脅威で、強化されなければならないということである」と、1967年以来占領されたパレスチナ領土の人権状況に関する特別調整官、リチャード・フォークは、国連ラジオで語った。

「それはたぶん政治的に起こりそうにないことだが、起こらない場合、合衆国、カルテット、EU(ヨーロッパ連合)が、封鎖解除のこれらの求めを、本当に深刻に取らず、イスラエルのそれら要請への継続的無視により動かないなら、実際、提案する」と、中東紛争の2国家解決策を求める、国連、EU、ロシア、米国の外交カルテットに言及して、彼は語った。

(中略)

 フォークはまた、ガザとエジプト間の国境に建設されている壁を遺憾とした。

「わたしは、それで非常に苦しんでいる、というのも、それが、エジプト政府と、明白に、ささやかな食糧と物質的救援をガザ住民にもたらす、トンネルを妨げるよう設計された、この貫通不能な地中鋼鉄壁建設で、技術者軍団を通じ援助する、合衆国双方の部分的共犯の表現であるから」と、彼は、国連ラジオで語った。

(後略)

全文:UN News Centre

アーカイヴ:国連専門家がガザでの「悲劇的」国際的失敗を酷評(2009年12月27日)


posted by mizya at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル刑務所が7,500人のパレスチナ人留置

2009年12月31日木曜日

ラマッラ、西岸 (AFP) - 2009年末で、少なくとも7,500人のパレスチナ人が、イスラエル刑務所か拘留施設に留置されていると、パレスチナ当局は、木曜日、語った。

 政治犯業務省により発表された報告によれば、拘留者は、34人の女、310人の子ども、304人の裁判がないまま行政拘留下で留置されている人びとを含む。

 拘留者はまた、17人の議員を含み、彼らの殆どは、イスラム教ハマース運動、2人の元大臣、多くの政治的指導者である。

 政治犯のかなりの大多数は、被占領西岸の6,330人である。他の750人の拘留者は、ハマースによる統治のガザ回廊出身で、およそ420人は、併合されたアラブの東エルサレムとイスラエル出身、と省は述べた。

 最も長い投獄は、ファフリとナーイルのバルグーティ兄弟と、アクラム・マンスールで、彼らは皆、32年間、獄中にある。
 彼らは、1994年の、オスロ自治合意に続く、パレスチナ自治政府設立前に投獄された317人の政治犯に属する。

 省は、1967年以来、197人の政治犯が、イスラエル拘置で死んでいったと語った。
(後略)

全文:Yahoo! news

アーカイヴ:ジャマル・ジュムアのもう12日間(2009年12月25日)
posted by mizya at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ封鎖に反対する抗議行動

2009年12月31日

20091231121814294734_5.jpg
ガザ入りを拒絶されたガザ自由行進のメンバーがカイロでデモンストレーションをした [Ali Abunimah]

 ガザと外国からの活動家たちが、パレスチナ領域へのイスラエル境界検問所の両側で、イスラエルによる封鎖継続に対する抗議のデモンストレーションを行った。

 何百人ものデモ参加者が、木曜日、ガザに住む人びとに計り知れない苦しみを引き起こした封鎖を糾弾するため、エレツ検問所のまわりに集まった。

 検問所のイスラエル側にいた、アル-ジャジーラ特派員、Nisreen el-Shamaylehは、多くは主に東エルサレムのアラブ地区からの、ほぼ600人がデモに参加したと推定した。
(後略)

全文:Al Jazeera.net

アーカイヴ:ガザ自由行進(01月01日)
posted by mizya at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。