2010年01月12日

UNIFIL(国連レバノン暫定軍)がイスラエルの上空飛行を非難

Daily Star
2010年01月11日月曜日

ベイルート:国連レバノン暫定軍 (UNIFIL)の報道官、Andrea Tenentiは、日曜日、最近のイスラエルによる上空飛行がレバノン主権と国連安保理決議1701に反すると語った。Tenentiは、UNIFILが、過去数日間のレバノン上空へのイスラエルによる侵犯を強く非難する声明を出した。彼は、違反は、地域の不安増大を引き起こし、国連軍の使命と南レバノンでの緊張を緩和し、安全を保証する試みへの違反と考えられると語った。

「わたしたちは、過去2日間、レバノン領土上空を、かなりの数のイスラエルの飛行を確認しており、国連安全保障理事会に送られる、これらの違反の報告を作成した」と、Tenentiは語った。

(後略)

全文:The Daily Star

アーカイヴ:レバノン軍・イスラエル軍、国境沿いに配置(2009年08月03日)


posted by mizya at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主要な米国上院議員がイスラエルの借入保証を差し控える脅威を非難

2010年01月10日
Barak Ravid

 2人の主要な米国上院議員が、日曜日、中東使節、ジョージ・ミッチェルの、ワシントンがイスラエルへの圧力で借入保証を差し控えるという提案を退けた。

「わたしは、それが役立つと思わないし、同意しない」と、共和党員、ジョン・マケインは、エルサレムへの訪問で語った。一方で、無所属のジョー・リーバーマンは、そのようないかなる動きに対しても議会での戦いを誓約した。

 イスラエル当局は、日曜日、ミッチェルが提案を提出した後、パレスチナとの交渉で譲歩を引き出すエルサレムへの圧力を意味すると憤慨した。大蔵大臣、 Yuval Steinitzは、イスラエルはアメリカの借入保証なしで「りっぱにやっている」と語る。
「我々は、こうした保証を使う必要はない」と、イスラエル・メディアはSteinitzが語ったと引用した。「我々はりっぱにやっている。しかし、数カ月前、我々は、2010年と2011年分の保証で、アメリカ財務省と合意しており、条件はない」。
(後略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「バラクが米国上院議員に語る:イスラエルへの支持が続くと知っている」Haaretz.com
2010年01月10日
posted by mizya at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。