2010年01月18日

レバノン人がエジプトのガザ障壁に抗議行動

2010年01月17日

ベイルート (AP) - レバノンのデモ参加者は、日曜日、ガザ国境沿いの地下鋼鉄壁建設に関し、エジプト大統領のイスラエルの代理店のような行動を非難。

 エジプトの障壁は、何百もの密輸トンネルを塞ぐことにより、ハマース統治のガザの唯一の生命線を奪うかもしれない。

 およそ200人が、エジプト大使館近くでの抗議に加わった。群衆は、米国やイスラエルの旗に火をつけた。 いくつかのイスラエル旗は、エジプト大統領、ホスニ・ムバラクの写真がつけてあった。

(後略)

全文:fox12idaho.com

関連記事:「インドネシアのイスラーム教徒がエジプトのガザ壁に抗議」Yahoo! news
2010年01月17日日曜日
ジャカルタ (AFP) - 200人以上のインドネシア人イスラーム教徒が、日曜日、ジャカルタで、ガザ回廊とのエジプト国境を越えるトンネル網を塞ぐために建造されている地下壁に反対して抗議行動した。

アーカイヴ:スフィンクスが手伝ってくれた(01月10日)


posted by mizya at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IFJは「報道の自由へのこの堪え難い暴力」を非難する

2010年01月15日金曜日

ベツレヘム - Ma'an - 国際ジャーナリスト連盟(IFJ)は、金曜日、イスラエル当局に、Ma'an News Agencyの英語編集主幹への追放命令を取り消すよう要請した。

 火曜日、イスラエル入国を拒否されたアメリカ人ジャーナリスト、ジャレッド・マルスンは、以来ずっと、テルアヴィヴのベングリオン国際空港に捕われたままだ。

「わたしたちは、報道の自由へのこの堪え難い暴力を非難する」と、アイダン・ホワイトIFJ総書記は語った。「入国禁止はこの場合、ジャーナリストの独立した報道への報復措置であるように見え、容認できない」。

 IFJは、125ヵ国、60万人以上のジャーナリストを代理する、世界中のメディア専門家の最大の組合で、マルスンやMa'anのすべての他のジャーナリストも、被占領地域でIFJを代理するパレスチナ・ジャーナリスト組合を通じて、そのメンバーである。

(後略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ma'an記者トップの拘留に非難

2010年01月15日金曜日

ベツレヘム - Ma'an - イスラエル当局が、今週末、Ma'an News Agencyの英語編集主幹を追放する準備をしたとして、メディアの権利集団は、出版の自由に対する攻撃と、彼の進行中の拘留を非難した。

 ジャレッド・マルスンは、元々、木曜日の朝、聴聞会なしで強制送還される予定だった。テルアヴィヴの米国当局による抗議が、一時的反転をもたらし、Ma'anによる差し止め命令の提出で、少なくても日曜日まで追放を遅らせた。

 国境なき記者団は、「過去2年間にわたり、独立系パレスチナ通信社、Ma'anの編集者として仕事をしてきた、米国人ジャーナリスト、ジャレッド・マルスンの拘留と差し迫る追放を非難する」、集団は、水曜日、記者団と他が、Ma'anの英語編集主任のトップ・ジャーナリストのために発行するだろう多くの内の最初の声明で述べた。

 世界中で出版の自由を監視する、ニューヨークを拠点とするジャーナリスト保護委員会は、イスラエルに、仕事の特定の内容でリポーターに対し処罰行為を取るのを控えるよう促した。「イスラエルは、ただ、当局が好まない編集方針を維持したジャーナリストを外すために、安全の口実の陰に隠れることはできない」と、委員会は語った。

(後略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:イスラエル:ガザ戦争以後のメディア規制で報道の自由の低い格付け(2009年10月23日)
posted by mizya at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。