2010年01月20日

イスラエルのアパルトヘイトに共謀しないで:2010年テルアヴィヴ国際学生映画祭ボイコット

2010年01月18日

PACBIとPSCABIによる共同声明

 イスラエルへの学術・文化ボイコット・パレスチナ・キャンペーン(PACBI)と、イスラエルへの学術ボイコット・パレスチナ学生キャンペーン(PSCABI)は、学生・講師・映画制作者に、2010年6月にテルアヴィヴで予定されている、第13回国際学生映画祭をボイコットするよう呼びかける。PACBIとPSCABIは、イスラエル政府により支援される似通った文化的イニシアチブ同様、このフェスティバルが、イスラエルのアパルトヘイト犯罪の体裁繕いに公然と計画されたと思っている。

 映画祭主催者は、それが「世界に、多元的共存・文化・機会の平等を支持し授ける、異なったイスラエルを提示する、独特な文化的・社会的手段」と述べ、映画祭の目的を強調した。このことばは、 - 南アフリカのアパルトヘイト政権により似通った努力がなされたように - 国際世論を操作する冷笑的で系統的な試みを暴露する。 それは、イスラエルが、活気に満ちた文化的・芸術的中心と描くことにより、イスラエルの軍事占領とアパルトヘイトの本性を不明瞭にし、続く戦争犯罪から注意をそらすことを目論む。それが、映画祭がイスラエル政府により大きく資金提供され、支援を受ける理由である。

(後略)

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:Udi Aloni:Seinfeld、あなたのトロント抗議非難はあたらない(2009年09月26日)


posted by mizya at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | statement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェイフ・ジャッラでの22時間

Palestine Monitor
2010年01月18日

2010年1月14日:シェイフ・ジャッラでのコンサート、政治的告発の音楽集団、DAMとSystem Ali出演。

2010年1月15日:同じ場所で、家の追い立てに反対する週1回のデモンストレーション。

問題:公的集会の許可証は1週間にたったひとつしか発行されない。

結果:デモンストレーションで大量の逮捕者を出した。

Palestine Monitorは、この2日間の直接の報告を提供する。写真はすべて、Brady Ngによる。


01-8-bf848.jpgPhoto: Brady Ng
シェイフ・ジャッラでのコンサートのサイン

02-9-f6604.jpgPhoto: Brady Ng
DAMのパフォーマンス

 上の画像のサインに「ことばがわたしたちの武器」と読める。ヒップホップのコンサートに相応しい。
「ことばのない虚しい砲弾、砲弾のない虚しいことば」と言ったのはドブレだったろうか、この画像のサインを見て思い浮かんだことば。いえ、DAMのことばは砲弾に満ちている。翌日のイスラエルによるデモンストレータの逮捕劇こそ「ことばのない虚しい砲弾、砲弾のない虚しいことば」なのである。

全文と16枚の画像:Palestine Monitor

アーカイヴ:パレスチナラッパーと難民キャンプの子供たち(2009年07月23日)
posted by mizya at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。