2010年03月14日

パレスチナは国家を宣言すべき

Cesar Chelala

2010年3月11日、Information Clearing House - パレスチナ領土における絶え間ない入植地建設は、パレスチナ人が彼らの未来に関して、より明確な行動を取る必要と彼ら自身の国家を持つ正当な願望を力説する。彼らは国家を宣言すべきだ。

(中略)

 この措置は、いくつかのイスラエル人の支持がある。イスラエルで最もよく知られる平和集団のひとつ、グシュ・シャロームによる最近の新聞広告に「わたしたちはパレスチナ自由国家宣言を歓迎する」と読める。

(中略)

 パレスチナ人は、国連決議181で彼らに割り当てられた領土よりかなり小さな、西岸・ガザ・東エルサレムの領域のみを包含する国家を受け入れることにより、彼らが既に重要な譲歩をしたと宣言する。

(後略)

全文:Information Clearing House

アーカイヴ:EU議案提出:来年までにパレスチナ国家承認(02月22日)


posted by mizya at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国が東エルサレムの建設でイスラエルにゴーサイン

2010年03月12日
アキバ・エルダー
Haaretz

 ベニヤミン・ネタニアフ首相と内務大臣Eli Yishaiによる謝罪は、王の尻を鋏んだ使用人についてのジョークを思い起こさせる。絞首台への途中で、使用人は謝った:彼は、それが女王の尻だったと考えた。

 ネタニアフ内閣府より発表された声明で、東エルサレムでの建設で、イスラエルと合衆国間の進行中の論争に照らして、ラマトシュロモ地区の新たな住宅計画は、この特別の週に承認されるべきでなかったと書かれていた。またそれは、首相がYishaiに、再発を防ぐ手順を作成するよう命じたと示した。 言い換えれば、Yishaiは、米国副大統領、ジョー・バイデンがいなくなる来週、東エルサレムでのより多くのユダヤ人のための建設工事計画の提出を歓迎する。

(後略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユダヤ人入植者がパレスチナの村で泉強奪の企て

2010年03月08日

images_News_2010_03_08_settlers_300_0.jpg

サルフィト、(PIC)-- 何十人もの武装ユダヤ人入植者らが、月曜日、サルフィト地区、カラワトバニハッサン村のパレスチナ市民の土地を攻撃、泉のある地域をブルドーザでならし始めたと、村自治体チーフは語った。

 アブドル・カリム・ライヤンは、武装入植者らが、イスラエル占領兵士の保護のもと作業していたと語り、それら入植者らは、同地域の市民の土地に、最近入植地前哨基地を設置したと注意を喚起した。

(後略)

全文:The Palestinian Information Center

関連記事:「入植者らがサルフィト近くのパレスチナ人の農業用泉を破壊」International Solidarity Movement
2010年03月09日

入植者らが泉にセメントを流し込む
ISMPalestine
posted by mizya at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親パレスチナがイスラエル支店開業でヨーロッパのH&Mボイコットを促す

2010年03月11日
Haaretz

 24以上のヨーロッパおよび中東の親パレスチナ組織は、木曜日、イスラエルH&M本店の開業を非難し、応答にヨーロッパ衣服チェーン店のボイコットを要請した。
 ベルギー、スウェーデン、イギリス、アイルランド、デンマーク、パレスチナ、そしてイスラエルからさえ、様々な組織が、国際連帯運動(ISM)ウェブサイトで、H&Mがイスラエルでの店舗設立を「イスラエルが国連決議に沿った国際法を尊重する」まで延期するようヨーロッパ店ボイコットの要請を発表した。

「H&Mは、ユニセフや国連といったH&Mが協力している、国連ゴールドストーン委員会や国際組織が、イスラエルの国際法や人権に対する犯罪を報告している同じ時、イスラエルに投資している」と、ウェブサイトは書く。

「公正な平和のためのヨーロッパ・ユダヤ人」代表、Dror Feilerは、ISMに「H&Mは、イスラエルの戦争犯罪から、ファッション・投資・商業に焦点を移すことに貢献している」と語った。

 ヨーロッパ店ボイコットの呼びかけは、何百人ものイスラエル人が、テルアヴィヴのアズリエル・ショッピングモールの3階、2,000平米の新店舗に乱入した頃、現れた。
 スウェーデン衣服チェーンは、全国に7店舗の開業を計画しており、その1号店がテルアヴィヴで開業、2号店がエルサレムで開業されたなら、ハイファ、ペタ・ティクヴァ、ネタニヤ、レホヴォトと続く。

原文:Haaretz.com

アーカイヴ:H&M ボイコット宣言(03月11日)
posted by mizya at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2度の屈辱 - オバマは3度目を生きながらえることができるか?

アラン・ハート

2010年3月10日 Information Clearing House - 驚くべき! イスラエル滞在中、アメリカ副大統領は明らかに、被占領アラブの東エルサレムに、まだより多くの家屋、1,600戸のアパートを建設するイスラエルの決定を非難する。 「わたしは、イスラエル政府による、東エルサレムでの新たな一軒家(建設)計画促進の決定を非難する」と、ジョー・バイデンは語った。「それは、我々が必要とする信頼を損なう類いのステップだ」。その通りだ、しかしながら...

 それらはことばに過ぎなかった。そして、それらは、イスラエル平和運動の祖父、ウリ・アヴネリによる、オバマ大統領の完全凍結の呼びかけがネタニアフ首相により拒絶された後、2009年9月23日に、Tikkunのために書いた断片のコメントを思い起こさせた。

「それを否定する意味は全くない」とアヴネリは書いた。「バラク・オバマとベンヤミン・ネタニアフの1回戦で、オバマは打ちのめされた… 古来のことわざに曰く、1,000里の道も一歩から。ネタニアフは、オバマの最初の一歩をつまずかせた。合衆国大統領はよろめいた」。そしてネタニアフが大きく勝った。「生き残っただけではなく、彼が『めでたい人』(彼がいつも使う言葉)でないと示しただけでなく、彼は支持者に - そして、社会全般に - 恐れるものは何もないと証明した:オバマは張り子の虎に過ぎないと。入植地は、妨害なしに拡張し続けることができる。始まるどのような交渉も、仮に始まるとすれば、救世主の到来まで続けることができる。「そこから出て来るものは何もない」。

 ネタニアフ自身に、バイデンを辱しめる決定の予備知識があったかどうかは、論点でない。バイデン、つまり、オバマが、大統領が2度目、辱しめられた。 それが、わたしが請う表題の質問 - 彼、オバマは、3度目の屈辱を生きながらえることができるのか?

(後略)

全文:Information Clearing House

アーカイヴ:バイデンが東エルサレムの新たな入植地を非難(03月12日)
posted by mizya at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。