2010年03月25日

オーストラリアで、パレスチナ連帯の日

オマール・ハッサン
The Electronic Intifada
2010年03月23日

100323-hassan.jpg
イスラエルのアパルトヘイトへのオーストラリア支援に抗議して何百人もの活動家がメルボルンの主要交差点を占拠 (オマール・ハッサン)

 連帯の重要な試みで、3月19日金曜日の、オーストラリア、メルボルンでの、最近何週間かのイスラエルの野蛮な行為とオーストラリア政府のイスラエルのアパルトヘイトへの継続的支援のどちらにも抗議する、親パレスチナ行動に、500人の個人が参加した。

 その日は、イスラエルのアパルトヘイトの現実について議論する、RMIT大学の「パレスチナ・フォーラムの学生たち」により始まった。少なくとも170人が出席した。フォーラムの感動的頂点のひとつは、スピーカーのひとりが、南アフリカの反アパルトヘイト・キャンペーンの指導者、デズモンド・ツツの、パレスチナの状況は、彼が自身の闘争で目にした何ものより、さらに悪いと断言した引用文を読んだ時だった。

(後略)

全文:The Electronic Intifada


posted by mizya at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルが西岸で外国人を逮捕する権利を主張

2010年03月24日
Chaim Levinson

 国(イスラエル)は、火曜日、イスラエル国防軍が、認定されてない(unauthorized)人は、軍指揮官の許可なしに48時間以上そこに滞在できないとする1970年の命令に基づき、エリアAで逮捕する権利を持っていると主張した。
 国は、テルアヴィヴ地方裁判所で、先月のラマッラの近くビルゼイトでの2人の国際的活動家、Ariadna Jove MartiとBridgette Chappellの逮捕決定を擁護して論争を展開した。

 スペインからのMartiとオーストラリアからのChappellは、2月7日に、完全なパレスチナ支配下のエリアAで逮捕された。彼らは捕らえられ、即座にイスラエルから追放されることになっていたが、最高裁判所への上告が彼らの解放をもたらした。

(後略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:ISM活動家の初公判、最高裁判所が逮捕は違法と裁決(03月20日)

 unauthorized personsって誰だと、誰もが思う筈、恣意的に運用できることばを選んだのか、国(イスラエル)は。
posted by mizya at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの支援が必要です、声をあげてください

 長老派教会(米国)の中東調査委員会は、教会の次の総会の考察と採択のために、イスラエルとパレスチナに関する広範な報告を発行してきました。

 報告が均衡のとれたものであり、長老派教会のウェブサイトに掲載される前にも関わらず、それは、シオンニスト組織による厳しい攻撃下にあります。

http://www.pcusa.org/middleeastpeace/

 委員会勧告は、ガザの封鎖終結の呼びかけ、エジプトへの供給通過の促進の要請、米国に封鎖支援の停止を求めています。

(中略)

 教会は既に3,000以上の負のメールを受け取りました。わたしたちがそれらを打ち消す支援をお願いします。

 以下の4人に意見を送ってください。 最初の行で、あなたが誰か告げてください:

Rev. Dr. Ronald L Shive,
Chair, Middle East Study Committee
Presbyterian Church USA
rshive@fpcburlington.org

Rev. Dr. Gradye Parsons
Stated Clerk of the General Assembly
Presbyterian Church USA
gradye.parsons@pcusa.org

Rev. Bruce Reyes-Chow
Presbyterian Church USA
breyeschow@gmail.com

Elder Linda Bryant Valentine
Presbyterian Church USA
linda.valentine@pcusa.org

以下のサンプル・レターを使用するなら、個人的にするよう加えてください:


To ----------,

The Presbyterian Church (U. S. A.) Committee on Mideast Study, in its published report, expresses the belief that "we all do have a shared responsibility to guard human rights everywhere... for every suffering victim in the world today, including the Palestinians." We know that in today's political reality in the United States that to mention, let alone advocate, for the human rights of Palestinians is a courageous stance. We urge the Presbyterian Church (U. S. A.) General Assembly to consider and accept the report and recommendations of its Middle East Study. We encourage you to remain strong and courageous in speaking truth for the sake of peace and justice in Palestine-Israel.

 アメリカの友人からメールで届いたもの、日本からも声を届けてほしいと。このアクションのサイトはないようなので、上記、長老派教会のサイトを参考にするほかありません。
posted by mizya at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。