2010年03月31日

スーパーマーケットが占領から利益を得るのを止めてください

mail.jpg

 本通りスーパーマーケットは、イスラエル入植地からの生産品を販売することにより、イスラエルのパレスチナ占領から利益を得ています。 国際法下、西岸と東エルサレムのイスラエル入植地は違法です。入植地生産品を販売することにより、スーパーマーケットは、彼らの非合法活動に共謀してパレスチナ人の苦しみから利益を得ます。

 わたしたちは、それらを止める必要があります。

 今、行動して、彼らの店で入植地生産品販売を停止するよう、セインズブリー、テスコ、モリソンズ、ウエイトローズ、アスダの最高経営責任者に告げてください。

署名を以下で(国名をプルダウンで選択するようになっているので、日本からの署名も問題ない)
www.waronwant.org/stopsupermarketsprofitingfromtheoccupation


posted by mizya at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ南東へのイスラエル侵攻で、4人が殺害され、8人が負傷、家が破壊され、農地が荒らされる

2010年03月27日

img_0842.jpg

 3月26日、イスラエル占領軍のジープ、戦車、ブルドーザが、F-16、アパッチヘリ、無人機の上空からの援護で侵入してきた時、パレスチナ・レジスタンスと侵攻してきたイスラエル兵らの間で、戦いは勃発した。

 2人のイスラエル兵が殺された、もう2人が負傷したと報告された。赤三日月社の医療従事者は、パレスチナ・レジスタンス戦士、3人が、彼の土地で撃たれた民間人、ハイタム・アラファト、22歳と共に殺されたと報告した。

 ガザの緊急部門ディレクター、ムアウィヤ・ハサニーンによると、もう8人のパレスチナ人が負傷した。 負傷者には、境界から2km離れた家で頭を撃たれた6歳の子ども、Osama Abu Daggaが含まれる。彼は重態だ。

 侵攻遂行中、地元住民は、数機のF-16イスラエル軍用機、複数のアパッチヘリコプター、無人機、およそ20基の戦車、6台のブルドーザを報告した。

 イスラエル侵攻の間、パレスチナ救急車は、国際法が、イスラエルがこの許可をあたえることを義務付けるが、負傷者に到達できず、遅れ、負傷者を救済するためのイスラエル当局との調整を成し遂げることができなかった。

 レジスタンスと侵攻したイスラエル兵士らの間の戦いのずっと後、イスラエルのブルドーザ3台が、Hashem Abu Daggmaの家と周囲の農地を、境界から500m以上離れた井戸もろとも破壊した。

(後略)

全文と画像12点:In Gaza
posted by mizya at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。