2010年04月22日

イスラエル入植者が250株のオリーヴ苗木を引き抜く

2010年04月20日火曜日

090701180200-15734-0.jpg

ナブルス、2010年4月20日 (Pal Telegraph) - イスラエル入植者らは、今日、ナブルス南部、Qarout村で、250株のオリーヴ苗木を引き抜いた。

 西岸の入植地担当職員、ガッサーン・ドゥーグラスは、イスラエル入植者たちが、パレスチナ市民がパレスチナ土地の日に植樹した250株のオリーヴ苗木を、今日、引き抜いたと語った。

 Qarout村議会議長、アブデル-ナセル・アル-カルーティは、イスラエル入植者らが、オリーヴ苗木を根こそぎにしたと確認し、人権集団に、パレスチナの村々に対するイスラエル入植者の攻撃を止めるため介入するよう要請した。

原文:The Palestine Telegraph

アーカイヴ:オリーヴのための闘い(03月05日)


posted by mizya at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保健省が燃料不足のためガザの危機を警告

2010年04月18日日曜日

ガザ、2010年4月18日 (Pal Telegraph) - ガザのパレスチナ保健省が、ガザ回廊の病院の燃料不足のため、ガザでの人道と衛生の危機を警告した。

 保健省は、電力切断により、薬品冷蔵庫、検査室、血液銀行を除いてさえ、多くの緊急業務の発電機作動に必要なディーゼル、300リットルの不足を被っていると、声明で付け加えた。

(後略)

全文:The Palestine Telegraph

アーカイヴ:オベイド:ガザ電力が木曜日で完全停止(01月27日)
posted by mizya at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェイフ・ジャッラで国際活動家が偽の罪状による逮捕

2010年04月19日

International Solidarity Movement
2010年4月19日


 4月18日午後11時30分頃、イギリス人ISM活動家、ロビン・ブラウンは、催涙ガスで彼らを攻撃したとイスラエル入植者らに偽って告発され、シェイフ・ジャッラで逮捕された。彼の逮捕に至る数時間、居合わせたものは、これが真実であり得ないと主張する。ブラウンは、 入植者らの告発の証拠が全くなかったと警察が認め、19日の午前3時に警察拘置所から釈放された 。

(後略)

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:アブダル・カデル:偽造に基づくシェイフ・ジャッラの追い立て(04月09日)
posted by mizya at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

62歳のイスラエル:人口758万7000人

独立(どこから独立したというのかしら)記念日を前に、中央統計局は、過去1年間で、13万7000人の伸びを報告した。イスラエル居住者の75%以上はユダヤ人、昨年生まれた新生児、15万9000人

Ynet
2010年04月18日

イスラエルは62回目の誕生日を祝う:独立記念日の2日前、イスラエルの人口は、758万7000人と、中央統計局のデータは、日曜日、明らかにした。

 CBS(中央統計局)によると、イスラエルのユダヤ人人口は、およそ5,726,000人(全人口の75.7%)。アラブ人人口はおよそ1,548,000人(人口の20.4%)。

(後略)

全文:Ynet news.com
posted by mizya at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報告:イスラエルがシリアを石器時代に戻すと脅迫

サンデー・タイムズの報道によると、イスラエルの大臣は、ヒズボッラが弾道ミサイルでの攻撃に挑むなら、責任はシリアの肩に降りかかるだろうと、イスラエルは無慈悲に戦略目標を攻撃するだろうと、語った。イギリス紙によれば、「アサドの火遊び」と、大臣は語った

Ynet
2010年04月18日

(本文翻訳省略)

全文:Ynet news.com
posted by mizya at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

アラブ-イスラエルの水の確執はより悪くなる

2010年04月17日
iWireNews

西岸、ラマッラ

 西岸の減少する水資源に関する、パレスチナ人とのイスラエルの確執は、2025年までに2億9000万人が不足に直面する、地中海領域での水の統御戦略を確実にする、今週のEUの努力を窮地に追い込んだ。

 先月、イスラエル軍は、閃光飛び散る都市、ナブルスに近い井戸に関するユダヤ人入植者らとの衝突で、16歳のパレスチナ人を殺し、別のティーンエイジャーを負傷させた。
 それは、確かに極端な事件だ。しかしそれは、イスラエルが安全障壁で切り刻み、パレスチナ人が将来の国家に望む土地を大量に併合する、西岸で増大する緊張を反映している。

 パレスチナ人が、イスラエルが水を盗むと主張する一方、40万人ユダヤ人入植者は、彼らが和平協定の一部として西岸に捨て去られるとの恐れから、戦闘準備をする。

 ナブルスでの3月20日の流血は、多くの恐れ、何年もの干ばつによる悪化、増大するイスラエルの要求、そしてアラブ側における不十分な保護と計画といった、水不足が危機の範囲を超えた時に向けた戦いの先触れである。

 世界銀行によると、イスラエル人はパレスチナ人1人あたりの4倍の水を消費する。

 10月、アムネスティ・インタナショナルは、パレスチナ基盤開発の無視と、20万人のパレスチナ人を水道水のないまま置き去りにしていることで、イスラエルを非難した。
 ユダヤ人入植者が、230万人のパレスチナ人と同じ量の水を使用すると、アムネスティは断言した。イスラエルはこの主張を否定した。

 ほとんどの見積りで、イスラエルが消費する水の半分は、その地域、パレスチナ領域と、1967年にシリアから奪い取り1980年に併合されたゴラン高原から取水されている。
 これらの水源は干上がっており、イスラエルは、新しい水源を見つける必要がある。長い間切望しているひとつが、国境から2マイル(ほぼ3km)の地点を流れるレバノン南部のリタニ川だ。

(後略)

全文:Official Wire

 全部翻訳しようと思ったけれど、飽きてしまった。他に翻訳すべきニュースもあるし。
 読み進めると、イスラエルは、リタニ川のあるレバノン同様、ヨルダン川の源流のあるシリアへの戦争ばかりか、ナイル川まで狙っているらしい。
posted by mizya at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月16日シェイフ・ジャッラ

yisraelpnm

 エルサレムはもう夏らしい。

アーカイヴ:ホームレスにされた家族にその追い出し費用支払い命令(03月27日)
posted by mizya at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。