2010年04月08日

イスラエルは2度ガザ乳製品製造所を破壊する

Rami Almeghari、被占領ガザ回廊から
2010年04月05日

100405-dairy-gaza.jpg
パレスチナ人がガザ南部の都市でダルール乳製品工場の破壊跡を視察 (Rami Almeghari)

 それは化学プラントでなく、核施設でもなく、大量破壊兵器の製造業者でもなかった。 しかし、完全に破壊された工場の殆どすべての瓦礫が、白い塊がいたる所にちりばめられ、白で覆われていた。これらは、ガザ南部の都市のダルール乳製品工場で作られた製品の何がしか - チーズ、バター、ヨーグルトの切れ端だった。

 イスラエル軍用機は、4月1-2日、先週金曜日夜まで続いた攻撃で、木曜日、真夜中をちょっとまわった頃、工場を爆撃し、建物、設備のすべて、配達用のバンを完膚なきまでに破壊した。

「午前12時30分、わたしたちは、近くに、非常に大きな爆発を聞いた」と、所有者、ムタッシム・ダルールは、金曜日朝、残骸を点検しながら語った。「わたしは、階下で、工場が完全に破壊されたとわかった。中のものすべて、機械、発電機、製品のすべて(は破壊されたと)」。

 工場に対するイスラエルの攻撃は、これが初めてではなかった。

「2009年1月のガザに対する戦争で、イスラエル軍用機はわたしの工場を攻撃し、50万ドルと見積もられた損害を負わせた。しかしながらわたしたち兄弟は、再建すると決め、だからまた、現在、新たに破壊された乳製品工場がある」と、ダルールは語った。彼は、最新の攻撃の損失が少なくとも10万ドルと見積もった。

(後略)

全文:The Electronic Intifada

アーカイヴ:イスラエルがガザをミサイルで砲撃(04月04日)


posted by mizya at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル政府がパレスチナ基金2億ドルを握り続ける

2010年04月07日水曜日
Saed Bannoura - IMEMC

最近発表された報告によると、イスラエル政府は、ここ16年間、パレスチナ民事政権に支払われるべき最大2億ドルの支払いをせず、代わりに、不法に金をイスラエル国庫に差し向けてきた。

 1993年のオスロ合意の下、イスラエル政府は、西岸とガザ回廊のパレスチナの人びとの必要に備えるパレスチナ民事政権への、一定財産徴税に合意した。しかしその金は、決して移動されることなく、イスラエル政府の最新報告によれば、国際法に反して、不法にイスラエル政府の金庫にさし向けられた。

(後略)

全文:International Middle East Media Center

「ここ16年間」ということは、オスロ合意以降、1度も支払われたことが「なかった」? イスラエルに代わりに徴税させるなら、それがパレスチナに支払われないかもしれないと、国際社会は知っていて、それを呑むようパレスチナ自治政府に圧力をかけてきたのではなかったのか。
posted by mizya at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル占領軍はアクサーインティファーダ以来3,000人の子どもたちを拘留した

2010年04月07日

images_News_2010_04_07_iof-children_300_0.jpg

ガザ、(PIC)-- イスラエル占領軍(IOF)は、2000年9月、アクサーインティファーダ勃発以来、3,000人以上のパレスチナの子どもたちを拘留してきたと、政治囚ためのフッサム協会は語った。

 火曜日遅くの報告で、それら子どもたちの多くが、長時間睡眠を奪われたり着替えを拒絶されるほか、ナイフや剃刀で攻撃されたと、述べた。

 報告は、彼らに非常に冷たい水を注ぎ次に熱湯を注ぐとか、あるいは頭に袋を被せる、そして小さなプラスチック弾を彼らに向けて発射するといった他の手段を含む、320人の子どもたちがまだイスラエル刑務所に捕われている、それら子どもたちへの拷問について述べた。

(後略)

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:緊急アピール:ジャラズン難民キャンプで子どもたちの大量逮捕(02月25日)
posted by mizya at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ自治政府が東エルサレムでの新たなイスラエルのシナゴーグ(建設)を非難

2010年04月06日火曜日

ベツレヘム - Ma'an - 「イスラエル政府が、アル・アクサーモスクから200メートルのところに新たなシナゴーグ建設を準備している」と、ラマッラの内務省は、日曜日、発表した。

 そうすることで、イスラエルは「平和の鍵と考えられている… ことさらエルサレムで、パレスチナの土地併合政策を続ける」と、パレスチナ自治政府声明は述べた。
 動きは、イスラエル当局による、被占領エルサレムで開業されるふたつめのシナゴーグを記すことになる。(後略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。