2010年04月11日

イスラエルは世界第6の核保有国とみなされる

2010年04月09日金曜日

ロンドン (AFP) - 首相が、金曜日、翌週の米国が開催する核サミットから撤退したイスラエルは、否定もしなければ認めもしていないが、核兵器を入手した6番目の国とみなされる。

 イギリス国防専門家集団 Jane'sの分析者たちは、ユダヤ国家が、100から300の間の核弾頭を保有し、より高度な核兵器国家の中に置き、およそイギリスと同等と思っている。

 ロンドン拠点のInternational Institute of Strategic Studies (IISS/戦略研究国際学会)は、イスラエルが、「最大200」の、陸上用近距離ミサイル「エリコ1」と中距離ミサイル「エリコ2」に搭載する核弾頭を保有すると見積もる。

(後略)

全文:Yahoo! news

 中東「唯一」といわれる(認めようと認めまいと、誰もが知る)核保有国、イスラエルが、中東の他の国が「核」を持とうとすると声高に非難する、なんだかね。わたしは信じていないけれど「核抑止力」、どちらも「核」を保有することで「抑止効果」を期待できるという、いたってノーテンキ、単純な理論だけれど、つまり「抑止効果理論」は中東には適用されない訳だ、イランに「経済制裁を」なんて騒いでいるのだから。


posted by mizya at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ最初の結合双生児がサウジアラビアで死亡

2010年04月10日

 サウジアラビア保健省大臣、アブドラ・アル-ラビーアは、土曜日、分離手術のためガザ回廊からリヤドに飛んだ結合のパレスチナ人双子が死亡したと語った。

 金曜日の晩に、大臣は、少女たち、RitalとRitajは分離できず、長く生きないと語った。
 アル-ラビーアは、検査とレントゲンが、彼ら胸部に、深刻なバクテリア感染を被っていると示したと語った。

(後略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:結合のガザ双子が手術のためサウジアラビアに到着(04月07日)
posted by mizya at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。