2010年05月31日

イスラエル当局が東エルサレムの村、イッサウィヤ襲撃に告訴を利用

2010年05月30日日曜日
Tania Kepler for the Alternative Information Center (AIC)

 イスラエル警察は、今日(5月30日)、東エルサレムの村、アル-イッサウィヤの入り口の封鎖を開始した。ヘブライ大学の隣に位置する入り口は、大きなコンクリート・スラブで封鎖されつつある。

 封鎖は、イスラエル軍、国境警察、諜報員が、月曜日朝(5月24日)午前4時に、アル-イッサウィヤを襲ったおよそ1週間後に、やってくる。襲撃に続き、イスラエル軍は村に外出禁止令を課した。住民は、5月24・25日両日、イスラエル税務当局により指揮された「特別税回避作戦」の一部として質問され拘留されたと、イスラエル日刊紙、Yedioth Ahronothは書いた。

 襲撃と外出禁止令の指揮で、イスラエル当局は、現在、イスラエル刑務所に収監されているハマースとイスラーム聖戦のメンバーに資金を送ったとして、他の4人と共に、月曜日に起訴されたアル-イッサウィヤの弁護士、シリーン・イッサウィの告発を利用した。イッサウィ、32歳、同じくアル-イッサウィヤの彼女の兄、マドハト、36歳が、ベイト・ハニーナのサメル・アブド、42歳、ガザのソフィアン・ザベダ、40歳、アブ・ゴシュのアブデル・ラフマン、29歳と共に、「テロリスト」行為か提携容疑で投獄された囚人への資金援助提供で、ふたつのイスラーム教徒運動を支援したとして、全員が告発された。

(後略)

「代表なくして課税あり」?

全文:The Alternative Information Center

アーカイヴ:イスラエル軍がイッサウィヤの町に非常線を張り破壊命令を手渡す(05月26日)
      パレスチナ女性:逮捕後のセクシャル・ハラスメントでイスラエルを非難(05月26日)
posted by mizya at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨーロッパ議会議員15人がガザに入る

2010年05月28日金曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

ガザ回廊の入管当局は、木曜日、ヨーロッパ議会議員15人が、ガザ回廊南部、ラファ検問所経由で沿岸地域に入ったと報告した。

 彼らは、国連パレスチナ救済事業機関(UNRWA)代表団により歓迎された。
 議員団は、イスラエルの戦争と継続する攻囲に起因する悲惨な状況を視察するためガザを旅するだろう。
 彼らは、ガザ回廊のUNRWAと国連オフィスとの彼らの訪問の調整をしてガザに来た。

(中略)

 ヨーロッパ代表団は、イスラエルがエレツ検問所経由での入域を拒絶し、エジプト経由でのガザ入りを強いられた。彼らは、行為を非難する声明を出した。

(後略)

全文:International Middle East Media Center
posted by mizya at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

BDS全国委員会が第2回会議の準備

2010年05月28日金曜日

ベツレヘム - Ma'an - 不買・脱資・制裁全国委員会は、ナブルスで月曜日から始まるその第2回全国会議を開催し、イヴェントの準備はちょっと前に終わったと、主催者は語った。

 会議は、およそ170の組合、ネットワーク、市民組織により支持された、パレスチナ全国不買・脱資運動の2005年の呼びかけを追求する。

(後略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル人とパレスチナ人が疑惑と恐怖の中で再びルート443を共有

裁判所は、新軍検問所の連なりで嫌気を催す西岸を通って切り取る高速道路使用の権利を、すべてに与えると裁可する

Harriet Sherwood、ベイト・シラ
guardian.co.uk
2010年05月27日木曜日

Bassam-Kassab-on-route-44-006.jpg
バッサム・カッサブは、世界が「このアパルトヘイト制度」に憤慨すべきと語る。Photograph: Harriet Sherwood for the Guardian

 午後の熱気が、被占領西岸を通って疾走する4車線高速道路の路面に揺らめくとき、45歳の養鶏農家、ハニ・アブラバは、斜面を下り、道路を横切って遮断を形成する大きなコンクリートブロックの列に向かって歩く。
 彼は、彼に1時間半費やさせる旅、ベイト・シラ村への帰途にある。「わたしは、村に入るために地球を一周しなければならない」と、彼は苦笑する。

 いつもそうというわけではない。彼がたった今離れた道路、ルート443は、この8年というもの、パレスチナ人の交通を禁止してきた - この闘争の2つの側の分離の象徴。 2002年以前、パレスチナ人は、西岸の近くの町や村に行くためこれを自由に使った。それ以来(2002年以後)彼らは、しばしば旅の所用時間を4倍にする、遠回りで整備不全の裏通りの使用を強いられてきた。

(後略)

全文:guardian.co.uk

関連記事:「イスラエルは高速道路443号をラマッラまでパレスチナ人に許す - しかし出口を塞ぐ」The Christian Science Monitor

画期的判決の後、イスラエル軍は、今日8年ぶりに、443号へのアクセスをパレスチナ人に許した。 しかし彼らは、まだラマッラとエルサレムに行くための道路使用を妨げている - 判決の「茶番」と、ある活動家は語った。

Joshua Mitnick、通信員
2010年05月28日

 8年ぶりに、イスラエルは今日、パレスチナ人に近隣アラブ村5つを通り過ぎる4車線高速道路を運転することを許した。
(中略)

0528-O443-map-VERT_full_238.jpg

活動家:軍政策は画期的判決を「茶番」にする
 人権活動家たちは、軍がそもそも、主としてアラブ住民の福利となると主張することにより、高速道路のためのパレスチナの土地没収を正当化したことに注意を向ける。
(後略)

     「443号制限に挑戦するパレスチナ人車列」Ma'an News Agency
2010年05月27日木曜日
posted by mizya at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

N.Y.活動家:ガザの攻囲は甘くない、マックス・ブレンナーをボイコット

2010年05月29日

活動家6人が、ユニオン・スクエアのイスラエル人所有のカフェへの横断幕を纏って;イスラエルがガザへのチョコレート輸入を禁ずると語る。

TheMarker

 活動家6人が、金曜日、ガザ回廊へのイスラエル攻囲に関し、ニューヨーカーにイスラエル人所有事業のボイコットを呼びかけて、マンハッタン、ユニオン・スクエアのマックス・ブレンナー・チョコレート店へのバナーを掲げた。

「ガザの攻囲は甘くない:マックス・ブレンナーをボイコット」とバナーに読めた。

 声明で活動家は、2007年、ハマース闘士たちがそこを支配して以来、イスラエルが、ガザへの菓子とチョコレートの輸入を禁止してきたと述べた。

(中略)

 昨年、合衆国とヨーロッパの両方でいくつかの組織が、攻囲撤廃まで、イスラエルへの経済制裁を促している。

 先週、イタリアのスーパーマーケット2つが、西岸入植地の製品と、グリーン・ライン内、イスラエル領土で製造された商品と区別できないとして、すべてのイスラエル製品の販売を中止する計画を発表した。

 イスラエル農産物輸出業トップのひとつをボイコットする運動のイタリアに本拠地を置く連合「Camel-Agrexcoを止める」のウェブサイトによると、イタリア食料品チェーン、イタリア生協とNordiconadは、今月末までに、棚からイスラエル製品すべてを撤去する。

 声明で、イタリア生協は、(原産地を)遡って突き止めることの問題に言及した。
「消費者は、問題の製品が占領地から来るかどうか確かめることができない」と、語った。

全文:Haaretz.com

 イタリア食料品チェーンのニュースは届いていたもののイタリア語だったから翻訳できなかった。この機会に。
posted by mizya at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キプロスがFree Gaza船禁止

イスラエルは、ガザ行きの活動家たちがキプロス沿岸で集まることを禁じたことを「倫理的決定」と歓迎

Aviel Magnezi
2010年05月27日

 キプロスは、木曜日、ガザへの小艦隊に参加する船は、その領海に集まることを許可しないと発表し、動きをイスラエルが「倫理的行為で理性の声」と呼んだ。

 しかしながら、禁止の唯一の効果は、船団の到着を遅らせるかもしれないことぐらいだ。エルサレムの当局者は、イスラエルが最近、ギリシア・トルコ・アイルランドや他の国々と、土曜日に回廊の海岸に到達すると予想される、"Free Gaza"の航海を妨げる努力で会談を持ったと語る。
 イスラエルは、小艦隊がテロリストに保証を申し出ると主張する。しかしながら今までのところ、キプロスは、その禁止に同意した唯一の国だ。

(後略)

全文:Ynet news.com

関連記事:「キプロスが国会議員のガザ小艦隊参加を止める」CyprusMail
George Psyllides
2010年05月29日
キプロス当局は、昨日、封鎖のガザに向かう途中の小艦隊に、公海で加わるため島を離れるヨーロッパ9カ国からの議員30人を含む、親-パレスチナ活動家たちを妨げた。

おまけ:「トルコ南部から出航に向けたガザ小艦隊」YouTube

AlJazeeraEnglish
posted by mizya at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

ガザの法的地位は何か?

パレスチナ解放機構(PLO)の元法律顧問、カナダ-パレスチナ弁護士、Diana Buttuは、イスラエルが占領を入植と「混同している」と語った

アッバス・アル-ラワティ
2010年05月26日

アンタルヤ:イスラエルは、2005年9月、ガザ回廊からその軍と入植地を撤退したが、それは、小さな回廊領域の占領が終わったと国際社会を納得させるに至っていない。イスラエルは、必要ないかなる手段を用いても小艦隊を止めると誓ったが、どんな法的口実の下でそうすることを目指すのかは不明だ。

 イスラエルの旗、戦車、入植者らは、回廊での彼らの恒久的存在を終わらせたが、イスラエルは、ガザの境界、領空、領海を支配し続けている。国際連合と国際社会は、西岸と被占領アラブ東エルサレムと共に、回廊がイスラエルにより占領されているとみなし続けている。ならばイスラエルはなぜ、ガザ占領は終わったと主張するのだろう?

 パレスチナ解放機構(PLO)の元法律顧問、カナダ-パレスチナ弁護士、Diana Buttuは、イスラエルが占領を入植と「混同している」と語った。 その軍と入植地がそこに存在する形でのガザの入植は、2005年に終わったが、占領は続いていると、彼女は語った。

「(ガザ)撤退後、イスラエル政府は、ガザがまだ占領されているかどうか、判断を仰ぐため最高裁判所に行った。裁判所は、ガザはもはや占領されていないと決定した」と、彼女は語った。

 それどころか、住民登録と身分証明書発行を含む、ガザの生活のあらゆる局面を支配することで、イスラエルのガザ占領は激化したと、彼女は語った。イスラエルはしかしながら、自由小艦隊を阻むいかなる企ての法的正当化でも、ジレンマに直面していると予想される。 ガザが真実、解放された領土であれば、その領海でのいかなるイスラエルの行動も、他の独立体水域で行われたと看做されるだろう。

 イスラエルにはしかしながら、抜け穴がある。ガザを「敵対独立体」と指定し、それから自身を護る権利を留保してきた。Buttuは、それがイスラエル「自身を罠にはめる」ところと語った。

(中略)

 Buttuはしかしながら、それら保安境界は、オスロで明確に定義されたが、イスラエルにより違反されたと主張した。 イスラエルは、定義された境界より進めてその活動を拡大してきたばかりでなく、また「ガザに属す」ガザ海岸線域で、天然ガスを取り出してきたと彼女は語った。

「オスロの下の警告は、2001年、イスラエルがオスロは死んだと宣言した... だからそれはもはや実際の論点ではない。彼らは、オスロの安全見解を維持したいが、同時に(西岸で)入植地建設を続けるつもりだと、言うことはできない」と、彼女は語った。

全文:gulfnews.com

アーカイヴ:イスラエルのガザ天然資源レイプ
その1:戦闘は実のところ何のためだったか
(2009年09月10日)
posted by mizya at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。